« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

春日井の脱法ハーブ事故 危険運転致死罪で起訴へ

まずは名古屋地検の判断にGJを送ろう。難しい公判となりそうだが司法の判断を信じたい。

ブログでも先日書いた、脱法ハーブを吸った大バカ野郎が起こした愛知県春日井市での事故

過去記事 
こんな奴はもう死刑でいいよ。春日井市でおきた脱法ハーブ吸っての死亡事故

何の前ブレもなく突然に女子高校生の命を奪った、ナンとも酷すぎる憎むべき死亡事故だ。

名古屋地検は脱法ハーブの影響で正常な運転ができなかったとして、危険運転致死と道交法違反(ひき逃げ)の罪で容疑者を起訴。

当初、所轄警察の春日井署は自動車運転過失致死の疑いで送検したが、地検は容疑者の供述から常習性を認めて、より罪の重い危険運転致死罪での起訴

最高でも懲役20年の罪。

突然に将来を絶たれた彼女の命と比べればそれでも軽い量刑だが、自動車運転過失致死の懲役7年からすれば妥当な線なのかも知れない。

厳罰化への世論をバックに司法判断が下される事を願いたい。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

友達と運転手は選びましょう。衝突事故で車外へ投げ出されるのニュース

朝起きたら自宅の敷地に知らない人間が倒れていたら。それも息もしてない人間だったら。

想像するだけでも気持ち悪い。

飛んだ災難にあったこのお宅の住人は気の毒だ。

千葉県野田市の道に事故を起こしたワゴン車が放置され、付近から男子大学生の遺体が見つかった事件。

新たな都市伝説というよりは奇妙なミステリー、そんな感じだ。

逃げていた運転手の大学生は逮捕され、同乗者からも事情を聞いている様子。

この大学生、深夜に仲間数人を同乗させてワゴン車を運転中に雑木林に突っ込み衝突。

その衝撃で後部座席に乗っていた大学生(19)が車外に投げ出され、民家の塀を飛び越して遺体となって発見されたようだ。

捕まった学生によれば、「猫に驚いて急ハンドルを切った後」との事。「気が動転して逃げた」と容疑を認めている。

素朴な疑問、友達なら何とか助けたいと思わなかったのか?

運転手ともども同乗者も一緒にトンズラしてるし。

猫を避けたの鉄板と深夜の時間帯といい、ナンともアレなニュースです。



*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

ズブの素人であっても気をつけたい

余計な心配だが、食べログとかお店のHPより上に表示されるのってどうなんだろう?

万が一、ネガティブな記事とかだったら・・・

うちのブログへの検索ワードに、丸明 名古屋 森下ってのが増えてるけど。

記事の中立性、ズブの素人であっても書き手として気をつけたい。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

画面7インチサイズのタブレットに決めてみた

今だにガラケ携帯の管理人。モバイルの達人達からすればレッドブックに指定される絶滅危惧種なのかも知れない。

最近、老眼気味の自分にはスマホ画面はちと厳しい。そもそも外でネットに繋ぐ必要性も無かったし。

それでも、やっぱりあれば便利かなと。

そんな思いの矢先、ここ連日、興味をひくタブレット端末のニュースが何本か目にした。

画面7インチサイズのタブレット端末、アップルのiPad minにアマゾンのKindle発売のニュース。キンドル安いわ。

「帯に短しタスキに長し」とはちょっと意味が違うが、スマホ画面じゃ小さすぎ、かと言ってノートPCではジャマだし。

そんな訳で選んでみたのが7インチサイズ。

これなら最近老眼気味の管理人でもギリギリOK。

すでに先行販売しているグーグルのNexus7なんてのもあるし、選択に迷うところだ。

まあ、最初の一台だしオモチャ感覚で使うつもりなんで、一番安いKindle(キンドル)で良いかなって。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

減税日本「減税」外す?の大見出し

Img345

画像引用 中日新聞社より

今朝の中日新聞朝刊1面に、減税日本「減税」外す?の大見出し。

さすがは地元名古屋、法相の辞任ニュースなんかよりも扱いが上だ。

昨日のFacebookにはチラッと書いたが、月曜の夜、とある勉強会の場に河村たかし名古屋市長がサプライズで登場。

たかたが20名弱の会合に時間を割いて市長に来て頂いた。

あれっ?、ナンだか普段の市長とは違わない。表情が厳しい感じに映る。

自称河村ウォッチャーとしての直感だ。

市長自ら「まだこれから電話しなかんでわ」と言われていたが、ひょっとしてこの新聞記事がらみの件だったのかも知れない。

解散総選挙が遠ざかる中、失速が伝えられるようになった第3極の政治集団。

「減税日本」のゆくえも気になるところだ。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

添い寝でガマンできるならね。秋葉原に添い寝専門店

ニッポン文化を情報発信する東京は秋葉原

さすがは世界の「アキバ」、こんな事まで立派なお仕事になります。

秋葉原に「添い寝専門店」がオープンしたらしい。

店名はズバリそのまま「ソイネ屋」。実にストレートなネーミングだ。

店名どおりサービスの内容は、女の子との軽いトークと客との添い寝。間違ってもエッチなアレやコレやはなし。

コースは20分3千円から最長で10時間5万円と結構な料金幅。

ナンでもオプションが豊富らしく、「お客様が女の子に腕枕」3分1000円、「お客様が女の子の頭をいい子いい子する」3分1000円、極めつけは「見つめ合う」が1分1000円だ。

お客さんがいてソコに商売がある。商売の基本、需要と供給の経済バランスにもマッチした新商売。まあ、いい。

502280500

何年か前に起きた悲惨な「耳かき嬢事件」、詳しくは過去記事をご参照下さい。

過去記事
 ひざまくら~疲れているあなたに~
http://nagoyazin.cocolog-nifty.com/kazu/2009/08/post-39bf.html

この手の勘違い事件だけは起きない事を願いたい。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

ハシモトなのかハシシタなのか?

Photo

どっちのヨミが正しいのか?前々から気になっていた疑問。

橋下大阪市長をめぐる16日発売の週刊誌「週刊朝日」、社運をかけての大バトルに発展しそうな予感だ。

自称・真のジャーナリスト宣言のテレビCMも懐かしい朝日新聞社。

その朝日新聞社が100%出資の子会社でもある朝日新聞出版が放った強烈な一撃。

なぜに今?素朴な疑問が最初に気になった。

朝日新聞グループ、刀をペン(文字)に持ち替えての刺し違いでも狙ったか、それとも単なる自爆、いや親会社の意思を巧みにくみ取った忠実な子会社という線も捨て切れない。

売上増を狙っただけの単純な流れとも思えず真の目的がナゾだ。

内容は先の市長選で文春や新潮で出ていたので、改めてスクープという訳でもない。

それにしてあの表紙はインパクト大。敵意むきだしの戦闘モードだ。

黒バックに橋下市長の正面アップ、白抜きの「ハシシタ」に「DNAをさかのぼり本性をあぶり出す」のコピーは余りに酷い。

橋下市長の政治手腕への批判とは別次元の話し。

問題なのはこれがキッカケで、この手の話題がメディアから絶対的なタブー視扱いになる事の方。

ひょっとして朝日新聞も、実はこっそりソレを狙っていたりして。

筋書きありきのプロレスだったら洒落にもならない。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年10月17日 (水)

2万2350円。ラブホ代金を支払わず逃げた高校生を逮捕

とんだ大きな代償を払う事になりそうだ。捕まった2人の高校生、学校はクビか?

ラブホテルの代金を支払わず逃げたとして、詐欺容疑で愛知県春日井市の高校2年の少年少女が逮捕された。

ともに16、青さと勢いが全開の年頃だ。

交際中の若いカップル、新聞によれば少女が「ただでホテルを利用できれば得だと思った」とある。

得ではなく犯罪、止めなかった少年も同罪だろう。

この2人、2階部屋の窓から飛び降りて逃走、利用料や飲食代など計2万2350円を支払わず逃走した疑い。 

驚いたのは2万円超えの利用料。

春日井あたりでそんな高いラブホあったか?

好奇心旺盛な高校生カップル、アレやコレや試してみたのか。

どうでもいいが、怖いもんナシの高校生カップルであった事だけは確かだ。

春日井市といえば、ほんの一週間前には女子高校生が脱法ハーブ吸っての大バカ野郎による死亡事故があったばかり。

世の無常を改めて感じさせるニュースだ。 

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

続・すごい内容の張り紙

2_2


アホーからバカになった男」、張り紙に書かれた最後の一行がなんともシュール。

全盛期の糸井重里でも思いつかないキャッチーなコピーが、管理人の好奇心を刺激した。

読者さんからの反響が強いので続きを書いてみる。詳しくは過去記事に。

過去記事 すごい内容の張り紙
http://nagoyazin.cocolog-nifty.com/kazu/2012/10/post-121a.html

衝撃の張り紙を発見、あれから一週間だ。その後が気になったので昨日、散歩の途中で現場に寄ってみた。

怒りに触れた踊る字体はそのままに内容が更にスケールアップ。

今回は日時と具体的な行為の内容が書かれている。

前回同様に「警察届済み」「要注意」の文字は定番だが、今回は「目つき悪し」を新たに追加。細かな顔の表情にまで迫っている力作。

ただ、ひとつ疑問なのはそこまで確認しているのなら現場で押さえられないのか?

そんな感じもしないでもないが・・・

まあいい。

店主の要請を受けて警察も巡回を増やしたと聞いてはいる。

過激さを増す張り紙の内容、大事にならない事を願うばかりだ。

気が向いたら続編あり。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

こんな奴はもう死刑でいいよ。春日井市でおきた脱法ハーブ吸っての死亡事故

亡くなられた女子高生のご冥福を祈らずにはいられない。久しぶりに心底許せないニュースだ。

脱法ハーブ吸って運転した大バカ野郎が起こした取り返しのつかない事故

本当、こんな奴に16歳で人生を終了させられてしまった被害者の気持ちを思えば、こいつの所業は許せない。

うちのブログ、いつもは伏字の容疑者名だが今回の一件は極悪認定。新聞報道のまま実名で書く。

愛知県春日井市内で通学中の女子高校生が車にはねられて死亡した事故で、自動車運転過失傷害の疑いで逮捕されていた会社員堀田裕也容疑者の車内から、ハーブとみられる微量の植物片が見つかったらしい。

警察の調べでも、堀田容疑者は「ハーブを吸って運転した」と供述。

事故現場は見通しのよい直線、管理人の直感でもニュースを聞いた感じ、きっとハーブでも吸って頭クラクラの危険運転じゃなかったかと想像していた。

事故後、直ちに救急車へ通報して救護でもあればひょっとしたら救われたかもしれない尊い命。

すべてはこの男の身勝手な行動につきる。

もうこんな奴は死刑で良い、感情的にはそう思う。

亡くなられた被害者のご冥福をお祈りいたします。合掌。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

昔の名前で出ています

京大の山中伸弥教授によるノーベル医学生理学賞受賞に、ニッポン中が興奮したのは一昨日。

なんでも日本人によるノーベル賞は既に19人もいるらしい。まだまだニッポンの底力はたいしたもんです。

多くの命が救われる技術、山中教授には是非とも真理を突きつめて貰いましょう。

ところで、毎年、ノーベル賞の時季が近づくと話題になるのが候補者の名前。

そう言えば管理人の母校にも、前々からお名前が出ている先生たちがいたかと。

お一人目はカーボンナノチューブの発見で有名な、飯島澄男名城大学大学院理工学研究科教授。

お二人目は青色LEDの分野で有名な、赤﨑勇名城大学終身教授。

青色LEDは既に過去の研究なので厳しいが、飯島澄男教授はまだまだ芽がありそう。

完全文系コースの管理人には縁もゆかりもないが、それでも母校からまさかのノーベル賞ともなれば嬉しさは想像を絶する。

候補者に名前が挙がってから既に10年以上、大学の浮沈も両教授にかかって来そうだ。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2012年10月 8日 (月)

すごい内容の張り紙

Sn3p00140002

散歩の途中、信号待ちで腑と目に入った一枚の張り紙。

踊る字体に目が留まった。ナニゲに読んでみると内容が凄い。

「警察届済み」、「要注意」の太文字は尋常ではない。

ブログのネタに使おうと写メで一枚と構えていたら、中から小柄な店主さん。

管理人の頭の中で「字体と性格」を照合、ヤバイかも?の判断を下す。

スパコン「京」並みの瞬間ワザだ。

身構えるこちらが挨拶する前に、店主さんから張り紙についての説明が始まった。

なんでも月に2度も被害にあって怒り心頭で警告の紙を張ったそうだ。

字体とは違って温厚そうな感じ。助かった。

少し打ち解けたところで管理人から質問を。

160センチとか64才とか、えらく具体的なんですけど・・・ひよっとしてお知り合いの方ですか?調子にのって質問してみた。

長くなるので今日はここまで。気が向いたら続編あり。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

金子哲雄さんと小沢塾と庶民目線

肺カルチノイド、カタカナだし、まさか病気の名前だとはピンとこず。

ほとんどの読者さんも初めて聞く病名に違いない。管理人も初めて聞いた。

先日亡くなられた、流通ジャーナリストの金子哲雄さんの訃報。

彼の病名こそが肺カルチノイド。なんでも悪性腫瘍の中でも珍しい種類のひとつらしい。

金子哲雄さん、そう思えば最近テレビの出番が減ってたな訃報を聞いた後に思い出す。

昨夜営まれたお通夜には、新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の姿も。

流通ジャーナリストと政治家、直感的には結びつかない間柄。

同様に金子さんとは、管理人も不思議なところで繋がっていた。

亡くなられた金子さんは小沢一郎政治塾の卒塾生。

小沢塾、そんな縁で小沢一郎代表が通夜に会葬にみえたようだ。

時としてセコイと思われるほどに徹底した庶民目線は立派だった。

41歳の若さすぎる死。謹んで金子哲雄さんのご冥福をお祈りいたします。合掌。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2012年10月 2日 (火)

丸首と立てた襟。田中真紀子文科相と蓮舫議員

内閣人事、きっと野田首相もマジメに考えたとは思うものの、やっぱりパッとしない顔ぶれ。

一応、目玉というかサプライズ人事は文部科学大臣についた田中真紀子議員らしい。

感覚的には賞味期限切れの過去の人っぽいが・・・

まぁいい。

田中真紀子と聞いて最初に思いつくのは田中大臣の服装。

襟元はいつも決まって「丸首」のお嬢様スタイル。それと対照的なのが蓮舫議員。

今どき滅多に見かけない「立てた襟」はバブル期にいた感じのキャリア女性スタイル。

田中大臣と蓮舫議員の人間関係など管理人が知る筈もないが、きっと「水と油」の仲じゃないかと勝手に推測する。

まあ、どっちにしてもキャンキャン吼える人間性だけは共通のよう。

滋賀県大津市でのイジメ自殺も今だ未解決。もはや犯罪レベルの学校における陰湿なイジメ。

再発防止が緊急に求められる今、ダミ声だけの上から目線でも良い。

田中大臣、どうぞ弱い生徒を守ってやって下さい。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »