« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

全日本プロレス終了。資金繰りが原因だったか?

大昔、確か全日のプロレス中継は土曜の夜8時からだった筈。もう35年も前の話だけど。

プロレス界の大手団体・全日本プロレスリングが昨年11月1日付で、企業再生支援会社の株式会社スピードパートナーズに株式100%を売却していたらしい。

最近のプロレス離れ、興業的にきつかったみたいだ。

全盛期の全日本プロレスといえば、ジャイアント馬場にジャンボ鶴田の2枚看板が一般的な見方。

が、管理人的には「黒い呪術師」こと悪役のブッチャーと、ツルツル坊主のレフリー、ジョー樋口が一番記憶に深い。

反則攻撃の極み、あのフォークでテリーファンクの腕を何度も突き刺した血みどろのテレビ中継。あれは凄かった。

35年過ぎても今だ鮮明な記憶が残る。

スポーツ観戦の多様化した現在、大掛かりな舞台設置が伴うプロレス興行は相当に大変なようだ。

さよなら全日本プロレス。そして感動をありがとう。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

相手は国会議員だし、ましてや弁護士。書いたら拙かったか

相手は現職の国会議員だし、ましてや弁護士。ブログでネタにするのは少し神経質になる。

久しぶりに削除依頼が来そうな気もするが・・・

まあいい。

正面から見て右の前髪が妙に気になる。年齢を重ねても変わぬ髪型とちょこんと載せてる感じが・・・

東スポなら、「福島瑞穂社民党党首にヅラ疑惑!?」、きっとこんな感じに違いない。

それでは読者の皆さんと一緒に検証してみよう。google画像検索より引用。

まずはこの画像から 
6

こっちの画像も 
1

やっぱり正面右側が不自然な感じ 
4

コレも怪しい 
21

先入観を捨てもう一度見てもやっぱりヘンだ
3_2

護憲の女戦士、チーム憲法9条マニア代表こと福島瑞穂社民党党首。

通称みずぽたん。

今や絶滅危惧種に指定されるまで議員数を減らした社民党。

それでも公党の党首さんだけにマジギレしたら怖そうだ。

ちょっと心配になってきた。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

復讐ができない社会なら、せめて使える法律を。京都府亀岡市での暴走事故におもう。

京都府亀岡市で平成24年4月、軽乗用車が暴走して集団登校中の小学生ら10人を死傷させた事故で判決がでた。

法の壁、厳格な法解釈の適用はわかる。それでも、求刑よりも2年も短い判決とは・・・

彼らの起こした余りにも大きな結果と、奪われた4人の命の重さに量刑の均衡は微塵も感じられない。

昨年末、人を介してご遺族の方から直接話しを聴く機会をえた。

一瞬にして娘さんと、抱くことが出来た筈のお孫さんを亡くされた親御さんだ。

静かな話しぶりの中にも、ストレートな思いがリアルに伝わってきた。

ブログで書くには抵抗もあるので内容は書かない。

国民の多くが感じる結果と判決との乖離。

政治家先生も充分に認識しているはずだ。

だったら、速やかにこの欠陥不備を正してほしい。

復讐ができない社会なら、せめて使える法律を。合掌。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

ウォールストリート・ジャーナルにまで記事になっている

これは話題になると思っていたがやっぱり。米国紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)にまで記事になっている。

1

2
黒のソフト帽にロングコート、水色のマフラーは腕のいいスナイパーのようだ。

麻生財務大臣といえば、元射撃競技でオリンピックに出た事もある逸材。

あのファッションは伊達ではない。

ロシアでのG20財務相・中央銀行総裁会議に参加した麻生財務大臣が、国際的にも注目を浴びている。

短いながらも各国の代表と会談したみたいだし、本筋の仕事でも活躍した様子。

なによりニッポンの財務大臣として存在感を示せた事は一番の収穫だ。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

俳優の本郷功次郎さんが逝去。改めて感じる。特捜最前線は最高だった。

名曲「私だけの十字架」を久しぶりに聴いてみた。

大人になるまで、てっきりクロード・チアリーが唄っているんだと勘違いしていた。

あの物悲しいエンディング曲が子供心にも記憶に深い、刑事ドラマ「特捜最前線」。

ドラマの中で橘刑事役だった俳優の本郷功次郎(ほんごう・こうじろう)さんが、心不全のため亡くなった。

享年74歳、少し早いお別れだ。

「特捜最前線」はテレ朝系で1977年から10年間続いた刑事ドラマ。

確か木曜日だったか夜10時からの放映と、当時の管理人には遅めの時間帯であったが父親が好きだったのでいっしょ見ていた想いで。

同時代の刑事モノ、大都会とか後釜の西部警察に比べて派手なドンパチこそなかったが中身は濃かった。

エンディング曲「私だけの十字架」と同様に、ナンだか物悲しい内容の刑事ドラマだった印象が強い。

本郷功次郎さんの訃報を知って久しぶりに聴いてみた。46の歳になった今でも、やっぱりナゼか物悲しくなる思いは変わらない。

本郷さんのご冥福をお祈りいたします。合掌。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

若気の至りじゃシャレにならない。北朝鮮が3回目の核実験強行

飢え死にや更に地獄絵図の人肉食報道まで伝わってくるのに、相も変わらず将軍様の国である北朝鮮

丸々と太った体形にベリーショートで刈り上げた若き指導者が、やめときゃ良いのにまたしても地下核実験を強行した。

前回の2009年に続いて今回が3度目の核実験だ。

爆発力の増大に反して小型化できたようだと、一応、技術的な進歩は進んでいるようす。

北朝鮮お得意の瀬戸際外交も、先代、金正日前将軍様を超えるペースで危ない橋を渡っている感じ。

30歳とまだまだ若き指導者の金正恩氏。

それだけに「若気の至り」が心配だ。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2013年2月 6日 (水)

自称平和の使者たる「9条の会」のみなさんの出番です

撃ちたかったのは山々だが、中国の挑発に乗らずぐっど堪えた海自の隊員さんは偉い。

よく我慢した。でも、耐えるのは1度で良いかと。次は防衛出動で行きましょう。

まずはその前に、世界各国に向けて事実の公表と周知徹底が急務。

静かな公海上で騒ぎを起こす悪い奴らは中国軍ですから。

小野寺五典防衛相は5日夜、防衛省で緊急記者会見を開き、東シナ海の公海上で1月30日、中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に対し射撃管制用のレーダーを照射したと発表した。同月19日にも別の艦艇が海自のヘリコプターに同様の照射を行った可能性が高いことも明らかにした。引用 産経新聞社

記事を要約すれば、公海上にいる私たちニッポンの海上自衛隊の護衛艦やヘリに向けて、中国海軍の艦艇が照準を定めるためにレーダー照射を行ったという事。

つまり攻撃を前提とした行動の挑発をしたという話しだ。

分かり易い例えなら、映画の撃ち合いシーンで見かける「額の真ん中に赤のレーザー光がピタッと当たった」、そんな状態をイメージしてほしい。

実際に撃つ撃たないは二の次でも、とにかく一触即発の緊張状態であったのは間違いない。

繰り返される中国による挑発行為。キレて乗ったら負け、でも、キレずに我慢していたらいつか沖縄まで盗られそう。

過激化するチキンレースの行方と解決方法。

閃いた、お花畑集団のお手本「9条の会」みなさんによるお得意の「人間の盾」なんてどう。

自称平和の使者たる彼ら彼女達なら、きっと喜んで盾になってくれるに違いない。

任せた。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

貧乏弁護士って、このタイトルは強烈すぎる

年収70万円以下? 客の金に手を出す貧乏弁護士の懐事情。思わず強烈なタイトルに釣られて読んでみた。

ちょうど昨晩、親しい弁護士さんと勉強会&飲み会で一緒だったんで「どうよ?」って聞けばよかった。

プレジデントオンライン
http://news.goo.ne.jp/article/president/bizskills/president_8359.html

タイトルにある70万円以下の数字は、ナンでも国税庁の2009年統計らしい。

東京拠点の弁護士1万5894人のうち、年間所得70万円以下が4610人。

ざっと3割もいるとのデータだ。

但し統計はあくまでも所得ベース、収入から必要経費をマイナスして残った利益=所得。

その意味ではプレジデントの記事、タイトルが正確ではない。

まあ、どうでもいい話なんだが所得70万円以下の弁護士さんって・・・ 

管理人の職業柄、よっぽど経費を膨らませているか売上げを抜いてるのかと勘ぐってしまうレベルだ。

もし、適正申告での統計なら弁護士稼業も大変だ。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »