« 靴に劇薬って・・・悪い奴がいたもんだ | トップページ | 便所飯、都市伝説ではなかったようだ »

2013年3月30日 (土)

女子会ブームと経済効果

「男子会」とはまったく聞かないが、最近よく聞くのが「女子会」のコトバ。

大垣共立銀行系シンクタンクの共立総合研究所(岐阜県大垣市)は21日、女性だけで集まるランチや飲み会、旅行といった「女子会」の経済波及効果が全国で3兆6941億円に上るとの試算を発表した。引用 産経新聞社より

これは相当に大きな金額。なんでも、女子会の市場規模は1兆7000億円をこえるとの試算もある。

昨年、あれほど上げる上げないと大騒ぎした消費税の増税議論。

ちなみに現行の消費税率5%で税収は国と地方を合わせて13兆円弱。

つまり、消費税率1%で2.6兆円の税金が納められている計算だが、これと比較しても「女子会」がもたらす3兆6900億円の経済効果は大きな数字だ。

近頃ハヤリのアベノミクスとも連携して、沈滞ムードの景気に刺激と上向き効果が期待できる「女子会」、個人的には好意的に捉えています。

ナニよりジョシカイっていう言葉の響きがいい。

それにしても女性は元気だ。

身近なところで77歳になる自分の母親を見ていても率直に感じる。

4月も高校時代の同窓会を、仲良し女子グループだけで集まって「婆ちゃんたちの女子会」を近くの温泉で泊まりでやるらしい。

もう2、3年すれば80歳になるというのに気持ちが若い。

記事を書いていてナニゲに閃いた。

最近の「女子会」ブーム、ひょっとして最初のはしりは小さな子供をもつ「ママ友のお茶会」からじゃないかと。

まったくの当てずっぽだがナントナクそう感じた。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« 靴に劇薬って・・・悪い奴がいたもんだ | トップページ | 便所飯、都市伝説ではなかったようだ »

コメント

> 管理人様

最近、男子会も徐々に浸透しつつあるそうです。その背景には、SNSの発達があり、そのオフ会的な状況での開催が多いそうです。そういえば、拙僧も先日、オフ会的男子会に参加してきたばかりでした・・・

いやまぁ、年代的にはおっさんでしたが(笑)

なお、こちらの記事にあるような「経済効果」は、かなり低めの予想をしております。

投稿: tenjin95 | 2013年4月 2日 (火) 06時58分

tenjinさん、おはようございます。

男子会に参加された件、了解です。ナンの集まりの男子会だったのか興味がありますね。「仏教男子会」とかでしょうか?

今ひとつよく分からないのが、最近の男子会と以前からの飲み会の違い。見知らぬ人たちとの集まりを「男子会」とか「女子会」と呼ぶのですかね。

PS日月と長女と東京に遊びに行っておりました。

投稿: バッキー | 2013年4月 2日 (火) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/57067038

この記事へのトラックバック一覧です: 女子会ブームと経済効果:

« 靴に劇薬って・・・悪い奴がいたもんだ | トップページ | 便所飯、都市伝説ではなかったようだ »