« おやじバンド無料ライブのチケット完成 | トップページ | 刈谷市を甘くみていた。企業城下町と市税収入 »

2013年5月 8日 (水)

アベノミクスとの関係はハッキリしないが、日米共に株式市場が活況に

アベノミクスによる実体経済の景気回復はさておき、半年先の景気を占ういわれる株価は日米共に1本直線で絶好調だ。

管理人の大きな大きな含み損にも、少し明るい兆しが見えてきた。

連休明けの昨日、東京株式市場は急速な円安も好感され全面高に。

日経平均株価(225種)は大幅反発、終値は486円高の1万4180円まで上がって約4年11カ月ぶりに1万4000円台を回復。終値の上げ幅は今年一番。

それを受けてか、米国NY株式市場のダウ工業株30種平均も87ドル高の1万5056・20ドルと終値の史上最高値を更新。

初めて終値で1万5000ドルを超える水準に。

アベノミクスによる効果は未知数だが、景気の「気」の部分については確実に強い流れになってきた感じ。

9時からの東京市場で、もう一段の株価上昇の加速が固まりそうだ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« おやじバンド無料ライブのチケット完成 | トップページ | 刈谷市を甘くみていた。企業城下町と市税収入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/57336174

この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクスとの関係はハッキリしないが、日米共に株式市場が活況に:

« おやじバンド無料ライブのチケット完成 | トップページ | 刈谷市を甘くみていた。企業城下町と市税収入 »