« 盗撮が見つかり、その場で倒れて緊急搬送って・・・ | トップページ | ジャーナリスト大谷昭宏事務所の応対は紳士的だった »

2013年6月17日 (月)

死んで花実は咲かない

普段どおりに駅を通過しようと思ったら人影が・・・

死者に鞭打つ訳ではないが、こんな死に方したら誰もが不幸になる。

突然遭遇した運転手さんは悪夢。

PTSDで今後まともに乗車できなくなる恐れも少なくない。

神戸にある阪神電鉄大石駅のホームから男性が特急電車に飛びこみ。運転席のフロントガラスを突き破って体ごと車内に突入。

男性は死亡、飛び散ったガラス片で運転士さんも軽いケガ。

この電車、駅を時速100キロほどで通過するところだった。

亡くなったのは神戸市内の男性。

どれほど苦しい理由があったかは知らないが、こんな形で最期をとげるとは不幸だし人騒がせだと思う。

「死んで花実は咲かない」合掌。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの↓↓↓応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« 盗撮が見つかり、その場で倒れて緊急搬送って・・・ | トップページ | ジャーナリスト大谷昭宏事務所の応対は紳士的だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/57609036

この記事へのトラックバック一覧です: 死んで花実は咲かない:

« 盗撮が見つかり、その場で倒れて緊急搬送って・・・ | トップページ | ジャーナリスト大谷昭宏事務所の応対は紳士的だった »