« ジャーナリスト大谷昭宏事務所の応対は紳士的だった | トップページ | 地下鉄で見かける季節に。大相撲名古屋場所に向け、力士が名古屋入り »

2013年6月21日 (金)

名古屋で最大規模となるデパ地下が誕生。松坂屋名古屋店

男性の中にも実は隠れファンの多い、デパ地下の食料品売り場めぐり。

管理人もその1人。個人的には栄の三越デパ地下が一番好き。

広すぎないアノぐらいが丁度いい。

地元名古屋の百貨店業界は昔から4Mと呼ばれる大手に、名駅の高島屋、ついでに星が丘三越ぐらい。

ちなみに4Mとは、松坂屋、三越、丸栄、名鉄の頭文字から。

丸栄と名鉄はここ何年も行ってないが、他は今でも時々、デパ地下めぐりに行っている。

そんな中、栄の松坂屋本館地下1、2階にある食品売り場が、全面改装終了のニュース。

これは早速、行きたくなってきた。

なんでも、名古屋で最大規模となる153店舗もの「デパ地下」らしい。

13年ぶりの大改装、床の段差が解消され見通しが良くなったとの報道だ。

上下2階で153店舗は相当な数。

梅雨時だし、お出かけは雨に濡れないインドアがラクでいい。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« ジャーナリスト大谷昭宏事務所の応対は紳士的だった | トップページ | 地下鉄で見かける季節に。大相撲名古屋場所に向け、力士が名古屋入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/57634471

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋で最大規模となるデパ地下が誕生。松坂屋名古屋店:

« ジャーナリスト大谷昭宏事務所の応対は紳士的だった | トップページ | 地下鉄で見かける季節に。大相撲名古屋場所に向け、力士が名古屋入り »