« ブログとフェースブック | トップページ | 猪瀬都知事はいったい何を守っているのか?今度は公職選挙法違反のおそれ。 »

2013年12月13日 (金)

偽者デタラメ手話通訳の男。マンデラ氏追悼式でテキトーに手話通訳。

あのオッサンの手の動きは、エビ、ロバ、そしてナゼか稲妻の意味らしい。

ヨハネスブルクで行われたマンデラ元大統領の追悼式で、オバマ米大統領の横に立って弔辞を手話通訳していたオッサンだ。

画像引用 AFPBB Newsより
Photo

世界が注目する追悼式、ソレもオバマ大統領の横で堂々とテキトーなデタラメ手話通訳とは恐れいる。

手話の専門家から「偽者」との非難の声。

管理人、手話についてはナニひとつ分からないが、そんな人間から見てもあの手の動きはヘン。

手話だというのに首、おでこ、前で交差の3パターンぐらいしか動きがない。

ナニより手の動きが早すぎるし短すぎる。

隣で弔辞を述べるオバマ大統領の声より、圧倒的に動きが早く不思議なまでに短い手話通訳になっている。

南アフリカの手話専門家によれば、「(男性は)ただ腕を振り回していただけで、手話と呼べるものは一つもなく、全くの偽者」だとの指摘も。

まあ、素人目にも専門家的にもデタラメな手話通訳であったのは確かだ。

気になったのは、あの場にでたらめな手話通訳者であるオッサンが選ばれた経緯。

各国要人が集まる式典だし、人選には相当なチェックがある筈なんだが・・・

ニセモノでも堂々と振る舞えば「本物」だと勘違いされる、そんな典型的なニュースだ。

今日は何位かな?最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« ブログとフェースブック | トップページ | 猪瀬都知事はいったい何を守っているのか?今度は公職選挙法違反のおそれ。 »

コメント

> 管理人様

なんだか、天啓が降りてきた、的なお花畑的発言をしているこの御仁ですけど、まさに・・・

> 気になったのは、あの場にでたらめな手話通訳者であるオッサンが選ばれた経緯。

ここが大いに気になります(笑)

なんでしょう?同国の手話協会(有るかどうか知りませんが)的なところに所属していたのでしょうかね?そもそも全く出来ないのでしょうかね?その辺の真相を知りたいところです。

投稿: tenjin95 | 2013年12月13日 (金) 17時22分

tenjinさん、おはようございます。

おかしなニュースだと感じますよね。世界から要人が集まる式典、オバマ大統領の横ですし南アフリカの政府関係だけでなく、警備上、米国の政府機関も彼を調べていると思うのですが・・・

お花畑的なコメントといい、テキトーな身振りといい不思議です。

投稿: バッキー | 2013年12月14日 (土) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/58747562

この記事へのトラックバック一覧です: 偽者デタラメ手話通訳の男。マンデラ氏追悼式でテキトーに手話通訳。:

« ブログとフェースブック | トップページ | 猪瀬都知事はいったい何を守っているのか?今度は公職選挙法違反のおそれ。 »