« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

まさか、「ひつまぶし」を食べに名古屋に来たわけでもなかろう。橋下徹、石原慎太郎両共同代表が分党に合意

確か、河村市長は東北の陸前高田市に出張中の筈だし・・・

まさか、ランチで「ひつまぶし」を食べに名古屋に来たわけでもなかろう。

石原さんと橋下さんのお2人、わざわざ名古屋に来て会談する意味は?

先週もこの2人、名古屋で会談されてたし。大きな謎だ。

日本維新の会の橋下徹、石原慎太郎両共同代表が昨日、名古屋市内で会談。結いの党との合流をめぐっての路線対立から分党に合意したらしい。

ニュース的には維新が分裂のインパクトがメイン。

それでも、地元ナゴヤ人にとっては「どうして名古屋で?」の疑問の方が大きい。

どうやら今回も、我らが河村名古屋市長はカヤの外だった線が濃い。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

誰でもよかったで斬られては堪らない。AKB48メンバー切りつけ事件

「誰でもよかった」 「人を殺そうと思った」、秋葉原の事件を思い出させるような背中がゾッとする容疑者のコメント。

岩手県での握手会で起きた、AKB48のメンバーが切りつけられた事件での容疑者が話したとされる供述。

殺人未遂容疑で逮捕されたのは青森県十和田市の24歳の男。

逮捕直後から大写しで容疑者顔写真に関係者からのコメントも多数。

今朝も容疑者の通っていた中学校の先生が学校を通じて出したコメントが流れていた。

他にも容疑者の実家近所の人や同級生なんかの話も。

凶器はノコギリ。それを服の下に隠し持って握手会場へ。

通り魔と聞くと包丁やナイフのイメージが先入観であるために「のこぎり」は意外な印象をもった。

現行犯での逮捕、容疑自体にはナンの疑いもない。

ただ、こんな大胆な犯行を「誰でもよかった」と軽く言ってのける、24歳容疑者がマトモな思考を持っているとも考えづらい。

もし、捜査次第で「ちょっと頭ヘン」の認識が示されたら・・・

今度は一転して新聞テレビともに「貝」になるのか? 

大阪西成での事件で高跳びしている、「中国人の元大学院生の女」と「元同級生の日系ブラジル人の女」との報道の違いが妙に気になったニュースだ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年5月23日 (金)

【All About News Dig】掲載のお知らせ

【All About News Dig】掲載のお知らせ
メールをチェックしてたら、そんな件名のメールを発見。

一昨日に届いていたのに見てなかった。

書いてるブログの記事が引用されたらしい。

当たり前だがギャラはない。こんなのを使って貰えただけで感謝感謝。

記事名 誰に気を使っているんだか。ここは何処の国でしょう?
http://allabout.co.jp/newsdig/c/65223
時間つぶしにでもどうぞ。


最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

どう見ても嬉しそうだ。パソコン遠隔操作事件で片山祐輔被告の保釈を取り消し

Photo
画像引用 産経新聞社より

本人による自作自演の三文芝居を、えん罪だ冤罪だと大騒ぎしちゃった弁護団も痛い。

これじゃあ立場がないわ。

パソコン遠隔操作事件で、東京地裁は片山祐輔被告の保釈を取り消した。

本人が自ら「真犯人」ですと認めていることだし。

風采のあがらない容貌に似合わず、まったく無実の人間を誤認逮捕に巻き込んだ悪党。

「死のうと思ったが踏み切れなかった」と話したらしいが、出頭する際のこの笑顔をみたら「大ウソつき」は明らか。

サイコパス? それともサイコパスを装っているのか。

公判では責任能力の有無で争うつもりかも知れない。

こんな男を全面擁護していた弁護団、その中でも佐藤弁護士は再審無罪が確定した「足利事件」や「横浜事件」の弁護もやった大物。

まあ、あっち系の弁護士にとっては痛い事案になったことは間違いない。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年5月19日 (月)

塀の中で歌うのは「ひとり咲き」か?ASKAが覚醒剤取締法違反(所持)の容疑。

やっぱりと言うべきか、ついにと言うべきか即断に迷うところ。

人気男性デュオ「チャゲアス」のASKAが覚醒剤取締法違反(所持)の容疑で捕まった。

昨年、週刊文春でASKA容疑者にまつわる覚せい剤疑惑が大きく書かれていたので、記事については読んで知っていた。

結果的に今回も週刊文春のスクープ。

週末金曜日の夜、バブル世代の仲間と二次会でカラオケ。

ちょうどチャゲアスの中から「ひとり咲き」を歌ったところだった。

翌日、昼のニュースでASKA逮捕を知り驚いたところ。

40代後半のバブル世代にとってチャゲアスの名前と曲は、幾多の想い出とつながって特に印象深いはず。

いい楽曲も多かったのに・・・残念だ。

まあ、薬物中毒で廃人になるよりも捕まって、正常な心とカラダを取り戻す事の方が遥かに有意義。

これから続く長く孤独な塀の中での生活。

規則正しい生活リズムと静かな環境下で創作活動に復帰するのが、彼にとっては一番良さそうだ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2014年5月16日 (金)

煮ても焼いても食えない女と集団的自衛権行使の限定容認

タイトルが刺激的なのはご愛嬌。

集団的自衛権行使の限定容認に向けて憲法解釈の見直しを示した、昨晩の安倍首相の記者会見。

それを受け、昨夜から今朝にかけてはテレビも新聞もこの報道で大忙し。

個人的には憲法改正の王道が筋とは思うが、時間もかかり過ぎるので已むなしという消極的賛成。

国内での大事な国会議論はこれからに任せるとして、早くもアノ国とアッチの国からピーチクパーチクとコメントが出された様子。

韓国外交省報道官からは「日本は防衛や安全保障と関連した問題を扱う際は、過去の歴史に起因する周辺国の疑念と憂慮を払拭させていかねばならない」。と

中国外務省の華春瑩副報道局長からは、日本の真の意図と今後の方向性を高度に警戒する十分な理由がある」と。

Photo
画像引用 政経速報より

華春瑩副報道局長と名前を聞いてもピンと来ないが、外交ニュースでよく見かける仕事がいかにも出来そうな「あのツンとした女性」と書けば思い出せるはず。

外交報道の責任者たる立場、仏頂面も仕事のうちだとは好意的に理解できても、アノ素っ気なさとツンツン加減は女性の魅力としては残念。

超薄化粧なのかスッピンなのか?化粧っ気もほとんどない。

中国外務省の副報道局長たるポストだし、すごいキャリアの持ち主なだけに外見イメージだけで判断されるのはモッタイナイ。

中国でもブランドイメージの高い資生堂さん、メイク班を送ってみたらどう。

きっと彼女も喜ぶと思います。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

イ○ンのT○PVALUは・・・って

Photo
コレは笑える。「イ○ンのT○PVALUは・・・」って。

ネットで見つけた画像がとってもシュール。

イオン、経営者側のジャスコ岡田のイメージが悪いので使わないなあ。

こういう比較広告は分かりやすくてキライじゃない。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014年5月12日 (月)

やっぱり、あるある詐欺か?基礎年金の受給開始年齢を75歳から

75歳からになったら貰う前に死んじゃう人間も結構いるんじゃないか?

やっぱり年金システムは国を挙げての「あるある詐欺」の様相を呈してきた。

基礎年金の受給開始年齢を75程度までの繰り下げるのも1つの提案だと、田村憲久厚生労働相が昨日のNHK番組の中でポツリと。

近所のオッサンが話す床屋談義ならいざ知らず、現役の厚労大臣の発言ともなればインパクトはデカい。

基礎年金たる国民年金に限れば、元々、真面目に40年払い続けたところで生活保護の支給額の半分にも満たない少ない支給額。

それに加えて75歳支給開始ともなれば払い続けることに疑問を感じ拒否する人間が出てきてもおかしくない。

ましてや支える人間が足りなくなる事なんて、厚生労働省の役人や厚労族の政治家は40年も前から分かってた筈。

何年か前に「消えた年金問題」ってのが大騒ぎになったが、たとえ選択でも受給開始年齢75歳に伸ばしたら一気に年金不信、支払拒否の流れが出てきそうな予感がする。

既に始まっている人口減少のスパイラル。

年金受給者を支える受け皿たる人口が減っていく中、国家ぐるみの「ねずみ講」にもいよいよ厳しい選択が迫られそうだ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

あんな銃で本当に弾が撃てるのか?3Dプリンター銃の製造で初摘発

容疑者の考えでもある「自衛手段」としての拳銃所持。

確かにソノ考えも全面否定はできないと思いつつも、やっぱりダメなモノは駄目。

自衛を理由に米国みたいな銃社会になっても困るし。

3Dプリンターを使って銃を自作したとして神奈川県の男が捕まった。

自称・銃マニア、テレビで見た顔の感じからもマニアっぽい雰囲気が放たれていた。

彼いわく、「(女性など)体力的に弱い者の自衛手段として拳銃は必要だ」との持論を展開。

販売されていない拳銃を持つには自分で作るのが一番だと、3Dプリンターを使って銃を製造したらしい。

見た感じチャチな感じの3Dプリンター。

なんでも、インターネット経由で買ったそうだが、海外製の3Dプリンターを約6万円でご購入。

6万ちょっとで拳銃が作れるとなれば「オレも1つ買おうか」と考えるマニアがいても不思議ではない。

警察に押収された銃は5丁。

県警科学捜査研究所の鑑定結果では、そのうち2丁で弾丸発射が可能で厚さ2・5ミリのベニヤ板を10枚以上貫通したという。

よって殺傷能力ありの判断で今回の逮捕に繋がったようだ。

家庭でも職場でも普通に見かけるプリンターの延長線上にある最新の3Dプリンター技術。

誰もが簡単にモノを作れる夢の技術だけに、悪用しようと思えばどうにでも悪用できる「もろ刃の剣」にも。

警察の鑑定では殺傷能力があるらしいが、本当にあんなオモチャみたいな銃で実弾が撃てるのか?

このニュースで一番気になったところである。



最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2014年5月 7日 (水)

誰に気を使っているんだか。ここは何処の国でしょう?

Photo
画像引用 地球の反対側で愛をつぶやくさんより

ここは何処の国なんだ?と一瞬、勘違いしてしまいそう。

引用した画像は関東地方の私鉄の案内表示なんだが・・・

GWの連休中に見つけた記事に違和感あり。

地元の中日新聞にあった記事なんだが、2度読みしてみたらナンダカ妙な感じがする。

記事を要約すれば、名鉄や近鉄、名古屋市営地下鉄など中部圏の主要鉄道会社の中で東海道新幹線を運行するJR東海だけが、駅での案内表示が日本語と英語表示のみ。

要するに「おもてなし」を標榜する国の割には「おもてなしの心」が足りないとの事だ。

記者の指摘にも一理あるが、だったら何か国のコトバで表せばいいのかと逆に突っ込みを入れたくもなってくる。

利用者にとっては一目見て直感的に分かり易いと言うのが、一番肝心だと思うけど。

本当に多言語での表記が必要なのかは疑問だ。

個人的には鉄道や改札口の案内表記、日本語と国際的共通語たる英語、まあ、あえて加えるなら言語人口の多い中国語ぐらいの表示で良いと思う。

いろんな言葉で並べて文字が小さくなるのは困るし、パッと見で判断できなくなる。

高齢化社会の進むニッポン、生活の足代わりに使っているおじいちゃん、 おばあちゃんが見慣れない字体で勘違いして乗換で迷子になる恐れもある。

案内表示のインターナショナル化とバリヤフリーとの微妙な関係。

6年後に迫った2020年東京五輪、400キロ離れた名古屋にも少なからず影響が出てきたようだ。



最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

「効けへんわ」のひと言にキレたのか。大阪の府立高校で生徒へ体罰で男性教諭が懲戒処分へ

「殴ってみいや」「効けへんわ」なんて生徒から挑発されたら、「ナメとるのか」1発いこうかと、釣られてしまうのも人の性。

*補足 「ナメとるのか」1発いこうかは管理人の勝手な思い。言ったか否かは不明。

挑発にのって手を出した先生もOUTですが、注意されても更に先生を挑発した生徒はもっと悪です。

大阪の府立高校で生徒へ体罰を行ったとして、男性教諭が戒告の懲戒処分を受けたらしい。

事の起こりは結構前の話で昨年7月におきた事案。

半年以上もたった今頃になって公になり、処分というのも妙な感じもする。

なんでも、冷房のある職員室に涼みにきた男子生徒に対し「用事がないなら出ていけ。出ていかなければ殴るぞ」と先生が注意。

帰ればいいところを生徒が「殴ってみいや」と挑発したのが発端のようす。

一応、先生も手加減したのか生徒からは意表をついた「効けへんわ」のひと言。

}これにキレたのか右脇腹に強めのパンチを1発。

報道によればこんな感じの流れだ。

まあ、煽られて手を出した先生を擁護するのは難しい。

が、自称・被害者たる原因を作った生徒の行動はもっと非難されてもおかしくない。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »