« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

御嶽山の山頂を旋回するマスコミヘリの数が多すぎ

有毒ガスが発生する中、今朝も早くから必死の救出作業が続く御嶽山の噴火現場。

毎回、台風や土砂崩れの自然災害で献身的な活動を続けてくれている自衛隊・消防隊・警察官の方々。

再噴火の危険があるにも関わらず、汗水たらしての活動に感謝の気持ちと頭の下がる思い。

現場から神妙な面持ちで大げさに状況を伝えるだけのレポーター達とは大違いだ。

恰好だけは隊員たちの真似をして似たようにヘルメットを被ってはいるが、捜索に加わるとか訳でもなく「見たまま映像」を単に伝えるだけ。

あれじゃあ作業のジャマになっているぐらいのもの。

ナニより御嶽山の山頂上空を旋回するヘリの数が多すぎ。

中継映像に他局のヘリが複数映っている。

作業に向かう自衛隊の大型ヘリも、あんなのがウロウロ飛んでいたらジャマな筈。

ヘリの操縦は目視が基本飛行。

山頂付近はガスが出て視界不良、最悪、取材ヘリ同士による追突事故の可能性だって捨てきれない。

マスコミもレポーターも伝えるのがお仕事。それは尊重する。

だから、救出作業のジャマだけにはなるな。

あと、作業に当たる隊員さんたちへの感謝も伝えてほしいと願う。

今回の噴火で亡くなられた登山者さんたちのご冥福をお祈りいたします。合掌



今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

全ての客が神様ではありません。十二屋旅館のクチコミに対する毅然たる会社対応

画像引用 じゃらんnetより引用

Snapcrab_noname_2014926_7844_no00_3

管理人も旅行先の宿探しでよく利用する「じゃらんnet」。

利用者からのクチコミは少なからず宿決めの参考にしている。

じゃらんnet」はサイト経由で予約した客が宿泊施設評価を投稿でき、宿側からも返信できるのがサイトの特徴。

この中に興味深い投稿があって話題になっている。

草津温泉の十二屋旅館のクチコミだ。

書き込みだけでどっちが事実なのかは一概には判断できないが、十二屋旅館が宿の看板背負ってウソを書いているとも思えない。

該当の投稿を「じゃらん」から引用しておきます。

どっちが厄介者かの判断は各人でお願いいたします。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

街頭の防犯カメラ設置に反対する人たちは、今回の事件をどう感じたか

6歳での死はあまりにも短すぎる。

最悪の形で発見されることになった神戸市長田区での女児行方不明事件。

被害者、加害者の自宅付近の雑木林でポリ袋に入れられた形での結末。

気持ち悪すぎ悲惨すぎな事件に対して記事に書く気も失せる。

この事件で捕まった君野康弘容疑者が、美玲ちゃんの後ろをフラフラと歩く姿がコンビニの防犯カメラに映っていたとの事。

そこから不審人物として捜査線上に浮上。

16日には兵庫県警の捜査員が君野容疑者宅を訪れ、任意で室内を確認している。

今回の捜査でも、マチナカに設置された防犯カメラが容疑者確保へ大きな役割を果たした。

防犯カメラで事件を防げる訳ではない。

それでも捜査に有効なツールである事は今回も証明された。

安全神話も薄れた今のニッポン。

そろそろ街中に防犯カメラを設置して、ネットワークで治安を守るという選択もあって良いと思う。

プライバシー侵害の問題は確かにあっても、普通に暮らしている市民なら過度に気にするモノでもない。

「プライバシーが心配だ」「勝手に撮るな」の声も強いですが、それよりもまずは治安の良さを優先して欲しいと思います。

被害者のご冥福をお祈りいたします。合掌

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2014年9月22日 (月)

All About(オールアバウト)に掲載されました

Snapcrab_noname_2014920_901_no00

柳様

All About News Dig編集部です。

本日、柳 様の記事を掲載させていただきましたので、
お知らせします。

■『It's a sony.(イッツ・ア・ソニー)』のCMがあふれる時代は再びやってくるのか
http://allabout.co.jp/newsdig/c/71812

*********************

そういう事らしい。

編集部さんありがとう。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

カマキリカマキリ

Img_10621_2

何年ぶりだろう。

いや何十年ぶりかもしれない。

自宅の壁にカマキリ発見。

キレイな緑色をした8センチぐらいのヤツ。

身近で見つけた自然に妙に感動した。




今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

復活してこそのソニー神話。It's a sony(イッツ・ア・ソニー)、もう一度、あのCMがあふれる時代が来てほしい

*****追記*****
大手サイトAll Aboutさんに本記事が掲載されました。URLは下記に。

■『It's a sony.(イッツ・ア・ソニー)』のCMがあふれる時代は再びやってくるのか
http://allabout.co.jp/newsdig/c/71812


**************


It's  a  sony(イッツ・ア・ソニー)
、あのCMを久しく聞いていない。

熱心なSONY信者であった管理人も今や過去。

我が家を見まわしてもソニー製品といえばリビングの液晶テレビだけ。

以前はテレビは当然のことウォークマンにラジカセ、ステレオにCDデッキ。

他にもビデオカメラにビデオデッキ。

お出かけ用の小さなラジオまでもSONYブランドを使っていた。

そんな管理人でさえも今はテレビだけ。

ソニーの絶不調ぶりが容易に推測される状況だ。

そんな愛すべきソニーが17日、2015年3月期の連結純損益予想を下方修正し2300億円の赤字になる見通しを発表。

1958年の上場以来、初めて年間配当が無配となるらしい。

原因はスマートフォンの販売が計画を大きく下回ったため。

ナンでもいいが、当初予想500億円の赤字額が2300億円の赤字って・・・

1800億円も赤字が増える経営計画自体が大甘だったと言われても、仕方がない。

今回の業績悪化で国内外で働くスマホ事業関係の従業員の約15%、約千人が15年3月期中に削減される見通し。

きっと削減された千人のうち何人かは、中国や韓国の電機メーカーにヘッドハンティングされて行く筈だ。

このまま優秀な技術者の人材流出が続けば、2度とソニー神話の復活はない。

It's  a  sony(イッツ・ア・ソニー)、あのCMがあふれる時代が妙に懐かしい。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

ジャーナリスト宣言が笑わせる。朝日新聞が吉田調書と慰安婦報道で反省と謝罪

人は間違いを起こす。

でも、朝日新聞の場合は「間違い」ではなく反日思想に基づく「故意」「捏造」。

過去にCMで流していた「ジャーナリスト宣言」は不安の裏返し。

画像引用 Google画像検索「朝日 反日」より

3_2


1


2_2


信ぴょう性に疑問の高かった、朝日新聞のスクープ記事による福島原発での事故経緯を吉田昌郎元所長が政府事故調査・検証委員会に語った、いわゆる「吉田調書」の報道。

この記事を巡って朝日新聞社は東京本社で記者会見を開き、記事の誤報を認め取り消すと発表した。

木村伊量社長の口から「間違った記事。読者と東電の皆様におわびする」と謝罪。

さらに、従軍慰安婦問題報道でも初めて謝罪した。

誤報の疑いが高く、長らく批判の対象となっていたにも関わらずだ。

まさに遅きに失した訂正と謝罪。

第四の権力たるマスコミ。

その中でも、世論形成において極めて大きな影響力をもつ朝日新聞社。

公器たる全国紙が間違った情報をニッポン国内はもちろん、海外にまで広く報道。

それが事実であると、多くの人々に間違った認識を植え付けた罪は極めて大きい。

人は間違いを起こす。

今、朝日新聞社のなすべき事、それは国内・海外に向けての正しい謝罪記事を大々的に伝える努力なのでは。

英語、中国語、スペイン語など世界中の多くの言語で伝えてほしい。

反省と謝罪の気持ちが本当なら、すぐに行動に移すべき。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2014年9月 9日 (火)

単なる偶然なのか?それとも・・・デング熱でちょっと気になったこと

降って湧いたように突然に発生し、広がり続けるデング熱の感染報告。

8日時点で厚生労働省の集計によれば、15都道府県で81人の数になるという。

東京都渋谷区の代々木公園周辺で感染したとみられる人がほとんど。

素朴な疑問、代々木公園に暮らしているホームレスの人たちは大丈夫なのか?

ナニゲに感じていたところ、単なる偶然なのかWEBで見かけた記事に・・・

思わず息をのんだ。

画像引用 Yahooニュースより引用

Photo_3実にいいタイミングでのメディア発表。

サノフィ日本本社がこれまた偶然にもココとは。

画像引用
 stringsさんより引用
Photo_4
上記地図の左上Aのポイントが同社所在地

メディアへの発表時期といい場所といい、これは勘違いされても仕方がない客観的な状況。

斜め目線の管理人的には、疑念を持たれるような高リスクを払って企業がやったとは思えないが。

真相は分からず。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

条例を逆手にとった恐喝や冤罪が起きないかが気になるところ

*****追記*****
大手サイトAll Aboutさんに本記事が掲載されました。URLは下記に。

■迷惑行為防止条例を逆手にとった恐喝や冤罪が起きないかが気になるところ
http://allabout.co.jp/newsdig/c/71132

**************

「着衣の全身撮影」で逮捕 不用意に女性を撮影してはいけない
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/153003/

撮影対象が女性か男性に関わらず、若いギャルであってもお婆ちゃんだろうが、相手に黙ってコッソリ撮影することはマナー違反。

条例とか法律とか小難しい話をする以前のモラルの問題だ。

そうは言っても、スカートの中を覗いて下着を撮ったとかではなく、単に隣に座った女性を撮影したから即逮捕のニュースには驚きを感じた。

なんでも、神奈川県川崎市の電車内で隣に座った女子大生を撮影したとして、男性が神奈川県の迷惑行為防止条例違反で逮捕されたらしい。

記事をサッと読んだ限り、スカートの中の下着を盗撮したとかではなく電車内で隣に座った女子大生を撮影しただけで、逮捕された様子。

捕まったのは40歳の男。

盗撮マニアなのか単なる出来ゴコロでの行動だったかはナゾだ。

USBメモリーの形をしたカメラで隣に座った女子大生を動画撮影? 

そんな形をしたカメラもあるんだ。

サイズ的にも小さそうだし使い勝手は悪い感じがする。

探偵さんとか盗撮マニアが使うのであろうか。

まあ、常識的に考えれば電車内でUSBメモリーを若い女性に向け続けたら怪しまれて当然。

案の定、撮られている事に女子大生が気づき警察に連絡。

あっさり、40歳の男は県迷惑行為防止条例違反で逮捕へ。

気になったのは撮影された映像の中身。

女性の顔から足まで全身が映るものの下着は写っていなかったらしい。

つまり、洋服姿の女性を盗撮しただけでも条例違反になるという事。

法律家の指摘では「身体」とは洋服を着た状態も指すので、カメラやスマホを向けただけで実際にシャッターを切らなくても捕まる可能性があるという。

撮らなくても?本当かな。

これが徹底されたら、「今日の名古屋の最高気温はこの夏一番でしたとか」、アナウンサーの声と共に流れるニュースでよく見かける通行人の映像もマズクないか。

絶対にカメラマンの趣味で狙ったとしか思えない、若いキレイ系の女性のアップが多いもん。

下着に限らず黙って撮ることを盗撮だと定義するならば、ニュース映像も性的趣向の無い仄々としたスナップ写真であってもリスクはゼロではない。

それ以上に条例を逆手にとった恐喝や冤罪が起きないかが気になるところ。

男女を問わず、とにかく見知らぬ人を撮影する場合には必ず一声かけて撮影することが求められる。

そんな神経質な世の中になって事だけは確かなようだ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

円形交差点ラウンドアバウトの運用開始

画像引用 急行きそ3号さんより
Img_0772

円形交差点「ラウンドアバウト」って名駅前のロータリーの事? 

省略せずに正確に書くと名古屋駅前桜通り口前のロータリー交差点の事。

これなら名古屋には何十年も前からあったけど・・・ 

ロータリーの途中に信号があるので、今回のラウンドアバウトはチョッと違うのかな?

なんでも9月1日から全国の全国7都府県で、信号のない環状路を時計回りに通行する円形交差点「ラウンドアバウト」の運用が始まったらしい。

選ばれたのは全国で15カ所。

円形交差点はもともと全国に約140カ所あるらしく、その中の一部がラウンドアバウトに指定され運用開始。

メリットとしては対向車がないため重大事故が起きにくい点、停電しても影響を受けず災害時の交通整理も不要になる点など。

イギリスやドイツで広がって米国でも一部の州で導入。

事故が8割減ったとのデータもあるという。

まあ、ナンでもいいですけど悲惨な事故が減るならどんどん入れてくれれば良いかと。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »