« ジャーナリスト宣言が笑わせる。朝日新聞が吉田調書と慰安婦報道で反省と謝罪 | トップページ | カマキリカマキリ »

2014年9月18日 (木)

復活してこそのソニー神話。It's a sony(イッツ・ア・ソニー)、もう一度、あのCMがあふれる時代が来てほしい

*****追記*****
大手サイトAll Aboutさんに本記事が掲載されました。URLは下記に。

■『It's a sony.(イッツ・ア・ソニー)』のCMがあふれる時代は再びやってくるのか
http://allabout.co.jp/newsdig/c/71812


**************


It's  a  sony(イッツ・ア・ソニー)
、あのCMを久しく聞いていない。

熱心なSONY信者であった管理人も今や過去。

我が家を見まわしてもソニー製品といえばリビングの液晶テレビだけ。

以前はテレビは当然のことウォークマンにラジカセ、ステレオにCDデッキ。

他にもビデオカメラにビデオデッキ。

お出かけ用の小さなラジオまでもSONYブランドを使っていた。

そんな管理人でさえも今はテレビだけ。

ソニーの絶不調ぶりが容易に推測される状況だ。

そんな愛すべきソニーが17日、2015年3月期の連結純損益予想を下方修正し2300億円の赤字になる見通しを発表。

1958年の上場以来、初めて年間配当が無配となるらしい。

原因はスマートフォンの販売が計画を大きく下回ったため。

ナンでもいいが、当初予想500億円の赤字額が2300億円の赤字って・・・

1800億円も赤字が増える経営計画自体が大甘だったと言われても、仕方がない。

今回の業績悪化で国内外で働くスマホ事業関係の従業員の約15%、約千人が15年3月期中に削減される見通し。

きっと削減された千人のうち何人かは、中国や韓国の電機メーカーにヘッドハンティングされて行く筈だ。

このまま優秀な技術者の人材流出が続けば、2度とソニー神話の復活はない。

It's  a  sony(イッツ・ア・ソニー)、あのCMがあふれる時代が妙に懐かしい。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« ジャーナリスト宣言が笑わせる。朝日新聞が吉田調書と慰安婦報道で反省と謝罪 | トップページ | カマキリカマキリ »

コメント

> 管理人様

本当に、何をやっているのか?という感じですね。

以前から、ソニー製品を使っていない拙僧ですが、やむにやまれずスマホがソニー製品です。せめて、それを使い終わるまでは存続を希望します・・・

悲観的に過ぎますかね(笑)

投稿: tenjin95 | 2014年9月18日 (木) 17時09分

tenjinさん、おはようございます。

「やむにやまれずスマホがソニー製品です」は、長いソニー信者には堪えます(笑)

新興国向けのソニー製スマホは3万円が平均的な価格。それに対して中国製スマホは1万3千円が相場との事らしいです。いくら高性能でも2倍の価格差では、新興国では売れないですよね。

投稿: バッキー | 2014年9月19日 (金) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/60334052

この記事へのトラックバック一覧です: 復活してこそのソニー神話。It's a sony(イッツ・ア・ソニー)、もう一度、あのCMがあふれる時代が来てほしい:

« ジャーナリスト宣言が笑わせる。朝日新聞が吉田調書と慰安婦報道で反省と謝罪 | トップページ | カマキリカマキリ »