« 大手サイトAll Aboutに掲載されました | トップページ | 名古屋富嶽会第35回富士山写真展 »

2014年12月26日 (金)

国債金利の低下を受けて住宅ローン金利も過去最低レベルへ

ニッポンの国債残高は1000兆円超えで巨額借金大国なんだけど・・・

そんなに巨額の借金して国は大丈夫なのかの不安をよそに、日本国債が大人気です。

これまでは銀行がこぞって買い支えていたけど、今はどの筋が買い支えているのかはハッキリしていない。

年金筋も株だけじゃなくて国債買いにも参加してるのか?

25日の東京債券市場で、長期金利の指標となる満期10年の国債の流通利回りが過去最低の年0・310%に下落

この流れを受けメガバンク最大手の三菱東京UFJ銀行は、新年1月から住宅ローン金利を同行史上の過去最低に引き下げ決定。

10年固定の最優遇金利を従来の年1・25%から年1・15%に変更した。

管理人も先日、住宅ローンの借換えをしたばかり。

景気や金利のリスクを取りたくなかったので、気持ち高いが残り20年を1・34%の固定金利で借換え。

ニッポンの巨額国債残高をみると「本当に返せるのか」、「破綻しないのか」と心配な思いも強い。

が、市場的にはまだまだ「ニッポン国債」は人気高です。

この先も国債金利・長期金利が下がっていくか否かは不明。

国債=国民の財産と考えれば、ハイパーインフレで国民の財産価値を減らして、政府の作った借金帳消しが都合がイイのは分かるんだけど・・・

国債金利の低下を見ているとナンダカまだまだの感も。

と、油断させて一気に「ハイパーインフレ」の雰囲気も少しずつ感じる。

預金口座のマイナンバー制度も導入予定みたいだし。

いずれにしても遠い先には必ず来そうだ。

今日の順位は何位かな。
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« 大手サイトAll Aboutに掲載されました | トップページ | 名古屋富嶽会第35回富士山写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/60867632

この記事へのトラックバック一覧です: 国債金利の低下を受けて住宅ローン金利も過去最低レベルへ:

« 大手サイトAll Aboutに掲載されました | トップページ | 名古屋富嶽会第35回富士山写真展 »