« 今は静かに手を合わせよう | トップページ | 大手サイトAll Aboutに掲載されました14 »

2015年2月 5日 (木)

豚肉はしっかり火をとおさないとダメ・名古屋三越、生豚肉の恵方巻きを販売

子供の頃から「豚肉はしっかり火をとおさないとダメ」だと、親から何度も何度も聞かされてきた。

管理人もよく行く三越のデパ地下でビックリなニュース。

まあ、そもそも我が家では恵方巻きを食べる習慣なんて無いんで、他人事の話なんだけど。

とんかつ巻きのはずがウッカリ揚げるのを忘れて生のまま。

いくら恵方巻きといっても、生の豚肉を生ハム巻と勘違いして買った訳でもなかろうに・・・

なんでも、名古屋三越栄店の地下食品売り場で販売した節分用の「恵方巻き」の一部に、生のままの豚肉が具として使われていたらしい。

納入業者が具材の冷凍とんかつを油で揚げずに巻いてしまった事が原因。

三越に納入し販売された太巻きずしで34本が完売。

ちなみに値段は税込みで1本648円。

この業者、昨年までは既に揚げられた状態での冷凍とんかつを利用していたために、調理担当者が「あとは味噌を塗るだけ」だと痛恨の勘違い。

オッケーと言ったかどうかは知らないが、解凍後にみそを塗っただけで「オッケー、恵方巻きの完成」だと思っていた様子。

このニュース、流れを文字に起こしてみて改めて感じる。

揚げたか揚てないかぐらい、そんなのひと目みれば気がつきそうな気もするが・・・

調理担当者の行動がどうしてもナゾだ。

素人的には揚げられる前のとんかつなら色も白っぽいし、コロモの感じで分かるんじゃないかと。

でも、下みたいなパン粉を使っていたとしたら話は違ってくる。

画像引用 ミートピアサヌキさんより引用

Photo

揚げ物のパン粉は白いんだの先入観しかなかったが、業界的にはオレンジパン粉とかいう色つきの粉もある様子。

興味を持ったので軽く調べてみた。

一番の関心事は色つきパン粉の存在理由。

パン粉製造メーカーのサイトによれば、オレンジパン粉の使用目的は大きく2つ。

・短時間で揚がり色を付けることができる

・フライ後の退色を防ぐことができる

どうやらそんな理由があるらしい。

原因はともかく、生ハム巻きではなく生の豚肉巻きを食べてしまったお客さんは気の毒。

「恵方かぶり」とかいう食べ方、無言で一気に食べるのが正しい食し方とされている。

ましてや海苔で巻かれて中身が見えない状態での一気ぐい。

仮にコレ、なんかヘンじゃないと思っても吉が逃げるので口を開けないもどかしさ。

この生豚肉を食べたお客さんが恵方巻きに戻ることはなさそうだ。

幸いにも健康被害を訴える事案は出ていないらしい。まずは良かった。

豚肉はしっかり火をとおさないとダメ。

今回のニュースで改めて親のコトバを思い出した。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« 今は静かに手を合わせよう | トップページ | 大手サイトAll Aboutに掲載されました14 »

コメント

> 管理人様

これ、全国ニュースにまでなったそうですね。

正直、そこまでのネタ?とか思ってしまいました。ネットニュースっぽいなぁ、と感じたのは事実です。

投稿: tenjin95 | 2015年2月 5日 (木) 21時20分

tenjinさん、おはようございます。

確かにネットで十分なニュースですね。テレビ新聞では納入業者の名前も挙がっていましたが・・・
tenjinさんと同じ思いだったので、うちではその辺りはスルーで。食べた人はトラウマ確定です。

投稿: バッキー | 2015年2月 6日 (金) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/61089143

この記事へのトラックバック一覧です: 豚肉はしっかり火をとおさないとダメ・名古屋三越、生豚肉の恵方巻きを販売:

« 今は静かに手を合わせよう | トップページ | 大手サイトAll Aboutに掲載されました14 »