« 「風が強くて近づけません」だって。災害現場には報道規制が必要かと | トップページ | 備えあれば憂いなしって言うしね »

2015年9月14日 (月)

火事場泥坊は見つけ次第射殺でオッケー

お巡りさん、こういう人の弱みにつけ込んで悪さする輩は、発見次第、射殺でオッケーです。

日本人もいるだろうし外国人もいるのかと。

俗にいう「火事場泥棒」が、決壊した鬼怒川近く茨城県常総市の被災現場で頻発しているらしい。

阪神大震災の時も、311の東北大震災の時も、ドサクサに紛れて盗っ人を働く「火事場泥棒」のクズが出たのは悲しい現実。

今回の水害被害でも既に十数件の被害が警察に報告されているという。

自宅に帰れず避難所暮らしの被災者に不安をあおる空き巣被害。

捜索や救助活動を懸命に続けている自衛隊や警察、消防士さんたちの仕事をこれ以上増やしてはイケナイ。

大地震に加え台風や堤防決壊による大災害。

家庭における災害準備としての水や食料品の備蓄も必要だが、災害後の治安対策にも真剣に向き合う必要があるかと。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« 「風が強くて近づけません」だって。災害現場には報道規制が必要かと | トップページ | 備えあれば憂いなしって言うしね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/62278070

この記事へのトラックバック一覧です: 火事場泥坊は見つけ次第射殺でオッケー:

« 「風が強くて近づけません」だって。災害現場には報道規制が必要かと | トップページ | 備えあれば憂いなしって言うしね »