« ついにヤクザの抗争が始まったのかと思った | トップページ | 極めて自己中な記事を1本。古舘伊知郎が「報道ステーション」のキャスターを降板 »

2015年12月24日 (木)

究極のプロ魂に違いない

極度の怖がり痛がりを理由に献血すらも逃げている管理人とは、医師としてのプロ意識うんぬん以上に人間としての格が違う。

余命わずかな20代医師のご家族が息子の意思を尊重。

臓器提供こそが「患者を救うことが最期の望み」だと決断。

法律に基づく脳死と判定され、臓器摘出が行われた。

亡くなられた医師は臓器提供の意思表示カードを携帯していて、自ら死後の臓器提供に対して同意をしていた。

日本臓器移植ネットワークの発表によれば、男性医師は頭部外傷で入院していて家族も提供に同意。

医師とご家族の大きな大きな決断によって心臓や肺、肝臓腎臓が移植される予定。

まだまだ脳死を「人の死」として認める事すらも、今ひとつ十分に理解できてない管理人にとって未知の領域。

きっと元気であった生前も、真面目でしっかりとしたお医者さんだったに違いない。

男性医師の残した思いと臓器。

どうか上手く移植患者に受け継がれて欲しい。

2015年、年の瀬に究極のプロ魂をみた感じだ。

合掌

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« ついにヤクザの抗争が始まったのかと思った | トップページ | 極めて自己中な記事を1本。古舘伊知郎が「報道ステーション」のキャスターを降板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/62928388

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のプロ魂に違いない:

« ついにヤクザの抗争が始まったのかと思った | トップページ | 極めて自己中な記事を1本。古舘伊知郎が「報道ステーション」のキャスターを降板 »