« やっぱり逮捕されたかの印象。清原和博容疑者が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕 | トップページ | 遺憾の意ミサイルの発射実験が望まれる »

2016年2月 5日 (金)

ひょっとして債務超過か? 東芝ピンチで管理人も真っ青

Photo


不正会計処理後に持ち直すと踏んで購入した「東芝株」。

想定外の業績下方修正の連続で、株価の下落が止まらな い。

それでもってまたかの下方修正。

ブログにネタで書いてる場合じゃないが、東芝株の行方がシャレにならない状況になってきた。

経営再建中の東芝、2016年3月期の連結税引き後利益が過去最悪となる7100億円の赤字になる見通し。

昨日の朝方は6500億って出てたのに、ナンで半日で600億円もマイナスが増える訳?

まあ、ボヤキは抜きに冷静に業績と財務状況を判断してみよう。

本業のもうけを示す営業利益は予想4300億 円。

これを財務の健全性を示す自己資本比率に加味すると、今期3月末では2.6%あたり。

この数値が高いか低いか?

分かりやすい例で示せば、同じく経営再建中のシャープが昨年12月末ベースで8.6%。

つまり、シャープよりも相当に低い水準にあるという事。

これは・・・

株主の1人として考えたくもないが・・・

ひょっとして・・・

「債務超過」「経営破たん」の2文字が浮かんでは消える。

売り方の人は必死で東芝の破産を望むところだが、 買い方の管理人にとっては正しく「紙切れ」になること。

東芝にはナントカ立ち直ってもらいたい気持ち 。


今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« やっぱり逮捕されたかの印象。清原和博容疑者が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕 | トップページ | 遺憾の意ミサイルの発射実験が望まれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/63167498

この記事へのトラックバック一覧です: ひょっとして債務超過か? 東芝ピンチで管理人も真っ青:

« やっぱり逮捕されたかの印象。清原和博容疑者が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕 | トップページ | 遺憾の意ミサイルの発射実験が望まれる »