« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

事故もしくは事件の可能性。クマによる被害も捨てきれない。

事故なのか事件なのか?

どちらにせよ元気に発見されることが最優先。

北海道で小学2年の男児が行方不明になっているらしい。

北海道七飯ななえ町東大沼の駒ヶ岳の麓、ニュースで見た限り緑の濃い深い森って感じ。

行方不明になった28日から警察や消防が探しているものの、いまだ男児の発見には繋がっていない。

なんでも、家族で遊びに行った帰り道に、父親が「しつけのため」と男児を車から降ろして山に残したという。

そのまま車を走らせ、500メートルほど離れた場所に車を止めて5分後に戻ったところ、子供の姿が見えなくなっていたらしい。

まあ、父親の証言だけなので本当か嘘かを判断する事はムリ。

ただ、当初に父親が話していた「山菜採りの最中にはぐれた」はデタラメだったみたい。

深い森の山の中、クマによる被害もゼロではないし・・・

今ある状況証拠だけを頼りにすれば、考えられるのは3点ぐらいか。

1つ、父親の言うとおり森の中で迷子。

2つ、父親の証言に疑いアリで事件の可能性。

3つ、クマに関連しての事故。

番外として捜索場所とは全く別の場所にいる。

ゲスな推理よりも一刻も早く男児が無事に見つかる事を願いたい。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

20年経ったら名古屋が250万人都市になりそうだ

画像引用 朝日新聞社より引用

Photo


市会議員の大幅報酬増や腹心の副市長との確執。

市政でのゴタゴタが続く河村市長も久しぶりに嬉しそうだ。

管理人の地元名古屋市の人口が230万人を突破

政令市での順位は変わらず横浜市、大阪市に続く第3位。

増加の要因は大きく2つ。

都心部と市東部の人口増と、仕事を求めて周辺地域からの流入が増加したため。

5月1日時点での人口は230万1082人。

前回、220万人を突破したときから数えて11年11カ月で230万人越え。

以前として出生数より死亡数の方が多い「自然減」の状態にも関わらず、周辺地域からの流入者が流出者を上回る「社会増」が影響しての人口増加。

市内16区別では、緑区が24万2702人と最多。

中川区、守山区と多い順。

16区中13区での人口増えたが北区、港区、南区は減少。

減少した市内3区についても、増減数を細かく見ていくと増えた学区もあるみたい。

管理人の学区とその周辺も増加しているし。

2027年には中央リニアが開通予定。

東京と名古屋が直結したらもっともっと人が増えそう。

インフラもそこそこ整ってるし人の数も多すぎない。

個人的には今ぐらいの都市基盤で満足しているんだが。

それにしても緑区の人口24万人って、多過ぎないかい?

地下鉄桜通線の延伸で急激に人が増えまくってる感じ。

とても名古屋だとは思えなかった野並駅周辺も、けっこうマチナカ風に変わってたし。

この勢いだと20年待たずに名古屋が250万人都市になりそうだ。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

写真を見て欲しくなった

写真を見て欲しくなった」と容疑を認めているらしい。

出来心(できごころ)なんてコトバもあるし・・・

それでも、刑事という自分の職業と盗ったら犯罪ぐらいの認識は確実にあった筈。

このニュース、事件の内容そのものよりも警部補の心を惑わした女性の容姿の方に興味が行ってしまうところ。

兵庫県警に所属する組織犯罪対策課の警部補が、男性容疑者宅から写真を盗んだ容疑で逮捕されたらしい。

なんでも、男性容疑者宅に私物の忘れ物を探しに再訪した際、見つけてしまった1枚の写真。

その写真が妙にお気に入りだったようで、コッソリ女性の映った写真1枚を盗みだしたらしい。

調べに対し警部補も「写真を見て欲しくなった」と容疑を認めている様子。

兵庫県警の職員が窃盗容疑で逮捕されるのはこの1カ月で3人目。

日本全国でおかしな事件が続いていますが、1つの県警職員が1か月で3人も捕まるのは異常。

兵庫県警だけが異常なのか?

それとも・・・

昼夜を問わずマジメに治安を守ってくれているお巡りさん。

それが当たり前なだけに、信頼を揺るがす残念なニュースに思う。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

電通・DENTSU・デンツー

画像引用 英国ガーディアン紙HPより4

上が元データ。それがナゼかDENTSUの名前が消えたり・・・

1

広告会社D社になったり・・・

5


五輪のロゴマーク盗作騒ぎに始まって、競技場のすったもんだ。

あげくは東京誘致への裏金疑惑まで。

ナンか開催前から、ドタバタ劇が多すぎる感じの2020年の東京五輪。

東京招致に関連して日本側から国際陸上競技連盟に協賛金を振り込んだ可能性があると、フランスの捜査当局が明らかにした。

加えて英国ガーディアン紙によれば、裏金疑惑に大手広告代理店・電通が絡んでいるとの指摘も

もし、本当に裏金で東京招致が成功したと認定されたなら、五輪開催辞退の選択が迫られるぐらいの大ニュースの筈なんですが・・・

なぜか、疑惑の掛かっている「電通」の名前は新聞テレビでは一切出てこないナゾ。

国会までもD社と大人の配慮。

ネット上では散々、電通・DENTSU・デンツーって書き込まれているのとは大きな違い。

「電通」といえば、新聞テレビを筆頭に日本のマスコミ業界を仕切る大手広告代理店。

海外の広告代理店と比べても売上ベースでは、世界5位につける巨大企業のひとつ。

裏を返せば電通のスキャンダルや批判を書くことは、マスコミ業界最大のタブーともいえる。

管理人も社会人、そんな大人の事情があるのは理解できますが・・・

元データから名前を消したり、D社なんて改ざんしちゃうのは、真実を報道するマスコミの姿勢としてはどうよ。

ましてや国会質問までも電通に「大人の配慮」じゃねー。

最新の各国報道の自由度ランキングでは、ニッポンは世界180カ国中でまさかの72位。

まあ、こんな報道姿勢を続けてたら落ちるのも納得です。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

横領したような連中はきちんと牢屋に入ってもらう by 舛添要一

画像引用 google画像検索より
Photo

舛添都知事、「政治家は言葉が命」だとも常々から言ってたし。

ご自身の発言の中にも、2007年の社会保険庁の職員が横領事件を起こした際には、当時、厚生大臣のコメントとして横領したような連中はきちんと牢屋に入ってもらうことは当たり前なんて事も言っていた。

まさか、10年経ったら自分に戻ってくるとは。

これは大きな大きなブーメラン。

海外視察では豪華なスイートルーム、毎週末には湯河原の別荘。

そんな優雅な生活を続けてきた舛添都知事。

過去に発言したご自分の言葉を実践するなら、最後は牢屋行きか。

床屋も回転すし代も美術品だって政治活動のひとつ。

公私混同の極み、そんな政治活動を続ける舛添ドケチ要一都知事の過去の発言がシビレます。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月12日 (木)

舛添都知事の散髪、どこをどう散髪するのか?床屋のオヤジも悩んだに違いない

画像引用 朝日新聞社より引用
2014

あの号泣会見で世間を大笑いさせた、元兵庫県議の野々村竜太郎被告と根っこは同じ。

管理人の好きだキライだの主観を抜きにしても、やっぱり、この男はケチ。

自称・人相セラピストの管理人の鑑定では、「権力志向の強い」、「ケチな男」、「非を認めない」の人相がハッキリ と見てとれる。

回転すし代に家族旅行代、さらに子供の散髪代までも政治資金の美名のもとで公金支出。

世界の東京の都知事たる男が疑われた疑問が、あまりに小市民レベルで情けなさすぎ。

そもそも、舛添都知事の頭髪なら床屋にいく必要がない筈だ。

どこの髪をどう切ったら良いのか?

さぞかし床屋のオヤジも悩んだに違いない。

政治学者、政治家。東京都知事と華麗なキャリアアップをしてきた舛添要一さんだが、そろそろ運が尽きる頃かも。

またしても週間文春が大スクープ。

舛添要一都知事の政治団体、「グローバルネットワーク研究会」(以下「グ 研」)「新党改革比例区第四支部」「泰山会」の政治資金収支報告書(2012~2014年)を文春の特別取材班が精 査。

記載中にどうやら政治資金規正法違反の疑いがあるらしい。

文春の記事内容が確かなら、「単なる記載ミスでした」では終わりそうもない予感。

仮に虚偽記載が意図的に繰 り返されてた場合、舛添都知事による意図的な指示があったとすれば事は重大。

ザル法の政治資金規正法の虚偽記載でも、5年以下の禁固叉は100万円以下の罰金に問われる可能性あり。

最悪、公民権停止まで進む可能性もゼ ロではない。

舛添さん13日の定例会見で釈明するらしいが、どんな言い訳を見つけてくるのかが楽しみ。

権力志向の強いハゲネズミ男、失礼、間違えました。

権力志向の強い舛添さん、やっとの事で掴み取った都知事のイスを簡単に捨てるような事は無いとは思いますが・・・

政治の世界、一寸先は闇。

舛添さん辞任で都知事選挙の可能性もゼロではない。

もし、選挙になったら誰が新しい東京都知事になるんだろう?

恐縮ですが、勝手に予想してみた。

前回の都知事選挙で3位だった細川護煕元首相は地元の熊本が地震でソレどころじゃない。

4位の田母神さんは現在被告の身だし、6位のドクター中松さんは病気でムリそう。

そうなると2位につけてた弁護士の宇都宮さんかな。

どうにも顔ぶれに華がないんで、賑やかしに大阪市長を引退した橋下徹前市長にも出てもらえば都知事選挙は盛りあがるかも。

舛添さんの言い訳と今後の進退が楽しみです。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

竹中平蔵先生、日本国民へ向けて貯金しろ年金に頼るなと熱い叱咤激励を飛ばす

画像引用 みんなの介護ホームページより引用

Photo


前々からこの人は嫌いだったが、この対談記事を読んで「大っ嫌い」にステップアップした。

さすが、小泉政権下で何度も経済閣僚を務めた御仁。

加えて、今も学者の傍らで派遣大手のパソナグループ取締役会長の役職ともなれば、私たちとは考え方も棲む世界も違うお人。

元経済閣僚の経歴で将来の年金破綻が分かっているなら、まずは竹中さんが現行の強制徴収を止めるよう、政府に進言すべき。

この人、今の安倍政権下でも政府の有識者メンバーになってる1人なんだし。

派遣労働の範囲を大幅に緩和して、正規と非正規社員との所得格差を決定的に拡大固定した張本人。

このままじゃ年金制度、竹中大先生が仰るとおり国民全体を巻き込んだ壮大なネズミ講になりそう。

どうせ貰えなくなるなら、無駄に使って溶かしてしまう前に現在の年金残高で分配してくれた方がマシかと。

アメリカかぶれ、自己責任論が大好きの竹中平蔵大先生から、私たち庶民への珠玉の熱いメッセージ。

チョー上から目線の言いまわしも竹中大先生だからこそ許されるワザ。

それでは皆さん、有り難く拝読させて頂きましょう。

みんなの介護ホームページ賢人論より一部抜粋。http://www.minnanokaigo.com/news/special/heizotakenaka1/


竹中
 「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険。「90歳まで生きるつもりでそこまでのお金を貯めていたけど、100歳まで生きちゃった」というリスクにかける保険です」

竹中 「そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。保険は不測の事態に備えるものなんですから」

まあ、大先生に言わせるとそんな感じらしい。

管理人 「90歳まで生きられる貯金が自分で用意できるなら、そもそも年金なんて払う必要ないんじゃない?」

素朴な疑問なんだが・・・


今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

死亡事故ゼロへ。自動車の完全自動運転の完成に期待したい

長いGWも終了。多くの会社や学校で普段の生活が戻ってきた。

この連休中、新聞テレビで目立ったのが自動車事故による悲惨なニュース。

渋滞の最後尾につ突っ込んだとか、反対車線に飛び出して正面衝突とかの車の原型をとどめない位に酷い事故。

3日に起きた山陽自動車道でトラックが突っ込んで、母子3人が亡くなった事故を最初に神戸や福島。

さらに徳島県美馬市では、市長までもトンネル内で死亡事故を起こしている。

詳細な事故原因は今後の調べとなるが、運転に不慣れなサンデードライバや渋滞での疲れなど、原因は主としてヒューマンエラーにあるような気がする。

管理人も長い高速運転でうとうと、ひゃっと!!した経験がゼロではない。

多くのドライバーが安全運転や休憩取得に気をつけているものの、事故を完全に防げるものでもない。

やっぱり素直に科学の進化を期待して、完全自動運転の開発を進めていく必要があるように思う。

そんな中、期待の膨らむニュースが出てきた。

米IT大手グーグルと欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズの両社が、ハンドル操作なしでも走行できる自動運転車の開発で提携するとの発表。

自動車の完全自動運転、技術開発は大きく2つの業界が切磋琢磨しているのがこれまで。

1つは自動車メーカー。もう一方ITソフト業界。

どちらの業界も世界標準を狙って開発競争を進めているが、業界ごとに得意分野で一長一短あり。

そんな欠点も両業界が共同開発を進めれば解決できるかもしれない。

死亡事故ゼロは難しくても、限りなくゼロに近づける夢の完全自動運転。

早く市場に出て来ないのか。期待してやまない。


今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »