« 誇張宣伝のセラフィットといえば北斗晶を思い出す | トップページ | 高畑裕太容疑者から高畑さんへ »

2016年9月 9日 (金)

二重じゃだめなんですか?蓮舫さんの国籍問題

画像引用 google画像検索より引用

Photo_2

結論から書こう。

重複はダメ「2重じゃだめなんです」。

国政に携わる人が二重に国籍を持つことは問答無用にNG。

だって、仮に日本と中国との2つの国籍をもつ国会議員が居たとしよう。

もし、運悪く日中間で戦争が起きた場合、この国会議員は日本人として動くのか、それとも中国人として動くのか?

2つの相反する国益を背負った国会議員に国の行く末を預けるのは危険すぎる。

それがたとえ親日国家とされる台湾であっても例外ではない。

現在進行形にも関わらず、まったく盛り上がりに欠ける民進党の代表選。

立候補している蓮舫代表代行に降ってわいた二重国籍疑惑

蓮舫さんといえば、過去に事業仕分けでスパコンを「2位じゃだめなんでしょうか」と切り込んでいた。

が、ご自身の二重国籍疑惑については歯切れが悪い。

コメントも二転三転していまだに釈然としないまま。

どうもこの人、議員になってからはパフォーマンス先行のニオイがプンプンして好きになれない。

デビュー当時のクラリオンガールの時は好きだったんだけどなあ。

まあ、テレビに映るの好きそうだし、なんなら議員やめて芸能界に戻ればいいのに。

この手の「痩せすぎ系」が好きだっていうマニアも結構いるし。

冗談は抜きにして、国会議員が2つの国籍を持ってたなんてのは、危機管理的には最悪のサイテーのレベルだと思う。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

|

« 誇張宣伝のセラフィットといえば北斗晶を思い出す | トップページ | 高畑裕太容疑者から高畑さんへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/64178450

この記事へのトラックバック一覧です: 二重じゃだめなんですか?蓮舫さんの国籍問題:

« 誇張宣伝のセラフィットといえば北斗晶を思い出す | トップページ | 高畑裕太容疑者から高畑さんへ »