« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

またかと聞けば、清水健太郎か田代まさしが相場だった。

2


1_2


芸能界での覚醒剤逮捕、「またか」と聞けば、清水健太郎か田代まさしが相場だった。

それがASKAまでも。

才能実力のあるASKAだけに容疑がシロなら良いのにと願う。

1度、手を染めたらナカナカ抜けられないのが、薬物中毒とテレビ業界のヤラセ仕込みに捏造。

ASKA逮捕でワイドショーが釘付けの中、またしてもTBSテレビによる悪質な編集がバレた。

この先、BPOやアマゾンレビューも巻き込んで炎上の予感。

ホント、TBSは懲りないね。

懲りないというより、確信的に悪質編集が局の方針なのかも?

TBSテレビ、「マツコの知らない世界」で悪質な編集が視聴者により発覚。

これはヒドイわ。それに雑。

最初に見つけた人の観察力には驚くばかり。

どこが「ヘン」なのか?

分かりやすいようにお節介にも拡大画像をサービスしておこう。
Photo


2_2


うちの読者さんなら1発で見つけられたかと。


今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

小滝ですが滝も流れています。名古屋市東区は徳川園

P_20161120_125147_hdr


P_20161120_124022


先週、東京では記録的な初雪が降ったものの、地元名古屋はソコまでの冷え込みはまだ。

一気に冬景色に移る前に順当に晩秋の趣になってきた。

名古屋市内でも紅葉がいい感じ。

そんな訳で東区の徳川園までお散歩。

有名な水戸の偕楽園や岡山の後楽園とは比べるまでもないが、都会の真ん中にこんなにも綺麗に整備された日本庭園があるのは名古屋人の自慢。

花よりダンゴ、たまにはゆっくりお昼でも。

折角なんで隣接の宝善亭に寄ってみた。

P_20161120_131118


P_20161120_131804


P_20161120_131911


P_20161120_131928


P_20161120_132409


P_20161120_132441


P_20161120_134927


いつもの如く辛口評価で点数をつけてみよう。

見た目と味は満足。

店内が少し騒がしいのをマイナスして85点。

春先のサクラ、新緑の緑、加えて晩秋の黄色とモミジ。

改めてニッポンは季節に彩りがある素晴らしい国です。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

こんな大学は潰しちゃえば早いんだよ

画像引用 河合塾HPより引用

Photo


給付型奨学金とか学費値下げの議論とか色々あるみたいですが、根本的な原因は大学数が増えすぎたことが一番の原因。

国公立にも私学にも、私たちの税金から多大なる補助金が支出されての大学運営。

人気の無いFランク大学でも潰れちゃ困るという理由から、補助金名目での税金投入。

進学希望者と定員数をみれば、学校さえ選ばなければ全員入学できる大学進学の今。

その裏にある国公立と私学、SランクとFランクとの開きすぎた学力差額。

ご批判を承知で書かせて頂ければ、名前だけのナニナニ大学の数を減らすのが手っ取り早い解決策のような。

高山自動車短大などを運営する学校法人高山短期大学(岐阜県高山市)が、勤務実態のない前常務理事の男性に対して約7年にわたり、少なくとも計約3000万円を報酬などとして支払っていたことが24日わかった。引用 読売新聞社

学校にも出てこないで3000万以上もの報酬を受けていたのは、この学校理事長の次男。

なんでも、2009年4月就任後、同年9月から無断欠勤して、年3回程度の理事会すらも前回欠席したツワモノ。

常務理事を辞任する今年10月までに、理事の仕事も一切しないで3176万円もポッポしたらしい。

まあ、田舎名士の古い会社にありがちな経営体質そのもの。

80歳過ぎの老いた父親がデキの悪い息子カワイさに、ムチャを続けた結果に理事長親子のトリマキがついにキレた。

まあ、そんな感じみたいです。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

あの鐘を鳴らすのは2度とない。歌手和田アキ子さん、大みそかのNHK紅白歌合戦に落選

画像引用 スポニチより引用

Photo


あの人、ヒット曲も人気もないのに紅白に出続けているのか前々から疑問だった。

大みそかNHK紅白歌合戦の紅組の顔、自称・芸能界のご意見番こと歌手の和田アキ子さんが紅白落選

出れば今年はご自身の節目となる、通算40回目の紅白だった。

トリで高らかに歌い上げていた名曲、「あの鐘を鳴らすのはあなた」もついに終了。

本人も紅白引退をほのめかしていた事からも、多分、紅白であの鐘を鳴らすのは2度ない。

紅白落選のニュースも気になるが、和田さんといえば気になるのがご自身のお名前。

画像引用 保守速報さんより引用

3


法務省官報やウィキペディアで確認したところ5名もの名前が。

ウィキペティアでは飯塚現子(いいづか あきこ)さん。

官報では金福子(和田アキ子、和田現子、金海福子)みたいな感じ。

まあ、和田アキ子の名前が顔も世間的にも認知されているので、細かい事は抜きで和田さんで良いのか?

先に紅白歌合戦を卒業した北島三郎。

そして今回の和田アキ子。

長い長い紅白の歴史が変わり始めている事だけは確かみたいだ。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

地元名古屋でおきたクズ過ぎるひき逃げ事件がナゾすぎる。

画像引用 NHK名古屋より引用

Photo



単なる悪質ひき逃げ事件なのか、それとも、被害者を荷台に乗せて運び去ったのか?

地元名古屋でおきたクズ過ぎるひき逃げ事件がナゾすぎる。

すぐに捕まるとは思っていたが、捕まえてみれば住所不詳で無免許運転の58歳のオッサン。

自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で捕まったのは、窪田勝祐(かつひろ)容疑者。

加えて犯人隠避の容疑で64歳のオッサン、岩永禎二容疑者(64)も逮捕された。

この事件、ひき逃げ事件の発覚が少々ミステリー。

同日、ひき逃げ現場から約500m離れた市道で、すれ違った女性から「若い男性が倒れている」との119番通報。

通報した女性によれば、「トラックの荷台付近から男性が落下したのを目撃した」と。

この通報がある数分前、車4台と原付きバイクが絡む玉突き事故が発生。

その際、追突したとみられるトラックが逃走。

事故現場には運転手のいないバイクだけが残っていたらしい。

警察の調べでは、逃げたトラックがバイクに追突したのは確かな様子。

通常、後ろからの追突なら前方に弾き飛ばされるよう筈。

そう考えると、トラックの後方荷台に乗ったとは考えにくい。

しかし、最初の通報者である女性の証言では「トラックの荷台から落ちた」。

なんとも追突時の流れが見えにくいんだが、女性の証言が確かなら、何らかの意思を持って被害者をトラック荷台に乗せて運んだという可能性も捨てきれない。

58歳の男が無免許でトラックを転がす身近にある危険。

徹底した警察の取り調べに期待したい。

亡くなられた被害者のご冥福をお祈りいたします。合掌

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

名古屋発アラフォーアイドルShine4ever

画像引用 アラフォーアイドルShine4ever公式HPより引用

Photo


どんな趣味の世界にもマニアはいる。

デブ専、ババ専なんてのも今じゃあレアな存在ではない。

自由な世の中、どんな表現方法があっても基本オッケーなんですが、冠に「アイドル」って付けるのは如何なものか?

個人的な感想では、歓喜よりもやっぱり「痛い」の思いが先にきた。

ナゴヤ発のアラフォーアイドルShine4ever

「いくつになっても輝こう」がコンセプトらしい。

管理人の地元名古屋で活動をされているらしいが、申し訳ないShine4eveの名前は今回初めて知ったところ。

正直、まったく知らない。

そんな訳で彼女たちのブログを読ませて頂いた。

なんでも、リーダーのCyo-co(チョコ)さんによれば、「全国展開していた某アラフォーアイドルグループでの経験を活かし、名古屋でのプロジェクトを始動」したらしい。

彼女の想いは「同世代の女性に、もっともっと好きなことをして輝いて欲しい」と言う事みたい。

アラフォー世代なので、すべてがイケイケだったバブル時代を経験する少し前の世代かな。

管理人も趣味100%でのおやじバンドを続けている身。

いくつになっても楽しくの姿勢は応援したい。

地元発の自称・アイドルグループ、応援の意味も兼て今後の活躍に注目していきたい。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

Amazon Prime Nowの「1時間以内配送」のエリア拡大に思う

画像引用 amazonより引用

Photo


ネットで検索して「これ欲しいとポチッと注文」、それが1時間で自宅に届くとなれば・・・

便利に決まってる。

注文して1時間で届くのなら、ほとんどリアルな買い物と感覚的に大差がない。

でもね・・・

ピザの宅配じゃあるまいし、ソコまでの過剰サービスが必要なのか大きく疑問。

商品仕分けや配達の人たちにとっては、ますます厳しい職場環境につながる恐れも。

頼んだらすぐに欲しいは人の性。

それでも、ちょっと極端すぎるような気も。

ネット通販最大手のアマゾンが始めたサービス内容が凄まじい。

なんでも、Amazon Prime Nowの「1時間以内配送」だと、合計2,500円以上の買い物をすれば税込890円の配送料で1時間以内に配達してくれるらしい。

「2時間便」の方だと配送料はタダだって。

今のところ東京23区内と大阪市ぐらいで利用可能みたいで、管理人の地元名古屋はまだサービス提供範囲外。

それでも、近いうちに利用可能になるのは想像できる。

ネットで注文して僅か1時間で手元に商品が。

それにしても凄い時代になったものだ。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

これぞまさしくBefore After

画像引用 毎日新聞社より引用

こんな大穴が、
2

こんなに綺麗に。

Photo


これぞまさしくBefore After。

復旧までたった1週間の超ハヤワザ。

事故があったら単純に埋めて隠しちゃうだけの、アノ国とは違う。

下をはしる上下水道に電気、通信のインフラまでも繋げての復旧工事。

やっぱり、ニッポンは凄い国です。

あっぱれ!!

福岡市博多区のJR博多駅前の大規模陥没事故のあった市道が、発生から丸1週間ぶりに通行を再開した。

陥没した面積は幅約27メートル、長さ約30メートル、深さ約15メートルにも及ぶ巨大な大穴。

それが僅か1週間での埋戻しで通行可能になる快挙。

素人目には3カ月はかかるかなと思っていた。

やればデキるを体感するような見事な復旧に感謝と尊敬の思い。

ひとつだけ気になったのは、埋めちゃって陥没の原因究明はデキるのかなという事。

どうなんだろう?

まあ、慎重に地盤調査をしても崩れる時は崩れちゃうみたいなので、まずは通れるように復旧させる方がメリットが高いの判断みたい。

24時間、復旧に人力を尽くされた工事関係者の皆さん感謝です。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

料金で揉めたのか、それともサービス内容だったか?

画像引用 いらすとやさんより引用
Photo


この先生の肩を持つ訳ではないが、懲戒免職の処分は重すぎやしない?

もっともっと悪質なパワハラやセクハラで問題起こした先生もいるだろうし。

徳島県教委は10日、修学旅行の引率中に派遣型風俗店(デリバリーヘルス)を利用した際、トラブルを起こした県内の小学校男性教諭(28)を懲戒免職とした。

なんでも、先生は10月にあった1泊2日の修学旅行を引率中、児童らと同宿の大阪市内のホテルの自室にデリヘル嬢を呼んだらしい。

その際、デリヘル嬢とトラブルとなりお嬢側が警察に通報。

先生は警察署で事情を説明するために無断で外出。

翌朝、先生が居ないことに気がついた児童が騒ぎ出して事が発覚した。

修学旅行自体は他の先生が引率して続行されたらしい。

まあ、常識的に考えれば子供たちの泊まっているホテルにデリヘル嬢を呼ぶのはアウト。

28歳の若い男の先生だし、徳島から出てきて華やかな大阪で「たまには弾けちゃえ」と思った気持ちは分かる。

きっと、「もう子供たちは寝てるよな」の油断があったに違いない。

残念なのは、せっかく上手く呼べたのにデリヘル嬢と揉めるとは、まだまだ青い先生だ。

軽率な行動を反省し、揉めたお嬢側との示談も成立している様子。

その点を考慮してあげれば、懲戒免職の処分は重すぎるような気がしてならない。

他人事ながら、この先生の行く末が心配である。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

今日1日に限っては安心して「買い」に走っても良さそう。

画像引用 ヤフーファイナンスより引用

Photo


波乱は想定内とはいえ昨日の東京市場は、株も為替も真っ青な相場展開。

日経株価も一時1,000円を超す下げ。

デイトレーダーの皆さんには、生きた心地のしない水曜日だったに違いない。

接戦を制したトランプ新大統領の手腕と方向性は不明。

注目された米国市場の株価は一転、昨日のニューヨーク株式相場はトランプさんの勝ちを好感して大幅高に。

値を上げた要因としては、法人減税など企業寄りの政策が行われることへの期待感から。

そんな訳で、今日1日に限っては安心して「買い」に走っても良さそう

とりあえず、昨日の東証1部の内から売買上位15位までをお節介にも張っておこう。

当たり前ですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

今日7日、東京株式市場の判断はどっちかな?

画像引用 MAG2NEWSより引用

Photo


FBIもこんな簡単に訴追見送り決めるぐらいなら、捜査捜査だと騒いだのは何だったの?

せっかく面白くなってきた米国大統領選挙、ひょっとして、今回のFBI決定でクリントンで決まりなの?

米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官の「メール問題」で、追加捜査を行っていた連邦捜査局(FBI)のコミー長官は、クリントンさんの刑事訴追を見送る旨の判断を維持。

捜査方針を議会に書簡で伝えたらしい。

先月末に追加捜査の報道があって以来、急激にクリントンさんを追い上げ面白くなっていた矢先なのに残念。

当事国の米国株式市場はモチロン、不透明なトランプリスクを嫌って東京株式市場も下げっぱなしの先週であったが、これで流れが変わるのか?

チョイ株おやじの管理人にとっては少し安心。

個人的には如何にもエリートヅラした、お金にも怪しいクリントンさんは嫌い。

ナニより裏で中国ベッタリのクリントンさんが不安。

株価下落や円高基調など、政策能力未知数のトランプさんも同じく不安。

それでも、あのヘンなオッサンが大統領になったらと考えると、怖いモノみたさで面白そう。

どっちにしても、米国も日本と変わらず政治家の人材不足だけは変わりがないみたい。

クリントンVSトランプ、勝つのはどっちなんだろう。

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

どこで情報を知りえたのかが気になるところ

画像引用 東京新聞社より引用

Photo


亡くなられたのは気の毒だが・・・

他人の私有地だし、頼りなさそうでも一応ロープも張ってあったみたい。

まあ、厳しい書き方をすれば勝手に他人の土地に入って起きてしまった事故。

それでも、ひょっとすると仕事がなくて大変な弁護士案件に移行するのか?

長野県信濃町野尻の野尻湖近くで、「倒れた木でけが人がいる」との110番通報。

倒木で4人が負傷し、そのうちで東京都渋谷区の83歳女性が亡くなった。

他の3人は軽傷の様子。県警と消防の調べでは、いずれも東京都内の人たち。

事故を免れた女性1人を含めて5人で旅行に来ていたらしい。

倒木のあった事故現場はホテルの跡地。

野尻湖周辺の景色を見ていて事故にあい、倒れた木の下敷きになったという。

倒れたのは樹齢100年程度のナラの木。

高さ20メートル、直径約1メートルの大きな木が根元からボキッと折れたみたい。

ワザワザ東京から長野に景色を見に来てての倒木事故は予想外。

その意味では不幸だ。

気になったのは、どうやってこの穴場情報を知りえたという事。

80代4人と50代1人のグループ。

ひとり若い50代は女性。

何となくネットで情報を見つけたようには思えない。

そうなるとテレビか雑誌か?

仮にテレビや雑誌が情報源ともなれば、別の意味で問題が出てきそう。

管理人的には、「どこから」穴場情報を知りえたのかが気になるところ。

亡くなられた女性のご冥福をお祈りいたします。合掌

今日の順位は何位かな?
最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング
追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »