« 犯罪者の人権にどこまでも優しい司法制度 | トップページ | 森友問題が、ナゼ、開校直前のこの時期に発覚して大きな問題に発展していったのか? そこが一番ナゾだ »

2017年3月21日 (火)

東芝の臨時株主総会招集の案内が届いた

Photo

3月30日か。

仕事が無ければ出席して、一言、発言したいところだが・・・

未だ先の見えない証券コード6502番の臨時株主総会だ。

JAL方式での再生、すなわち株主責任が問われて投資家が泣く形での再生案が濃そう。

それでも、シャープのように2部に降格して外資に変われて生き延びている会社もある。

以前にも書いたが「東芝」は経営者はダメでも技術者は一流の会社。

製品的には売れなくても国防的には超重要な会社でもある。

半導体分野では日本が世界と対峙できる最後の砦。

この分野の技術まで他国に流れたら、ハイテク日本は過去の遺物となる可能性も高い。

底なし沼のように深みにハマる巨額損失に終わりは見えない。

「後の祭り」と簡単にひと言では終われない原発事業での失敗。

それでも、今、この危機を乗り切れば将来的に需要増が確実視される、原発の廃炉事業がビジネスチャンスに化ける可能性も高い。

天下国家100年先を見越した国としての判断が、今こそ求められる時期である。



*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

|

« 犯罪者の人権にどこまでも優しい司法制度 | トップページ | 森友問題が、ナゼ、開校直前のこの時期に発覚して大きな問題に発展していったのか? そこが一番ナゾだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/65046493

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝の臨時株主総会招集の案内が届いた:

« 犯罪者の人権にどこまでも優しい司法制度 | トップページ | 森友問題が、ナゼ、開校直前のこの時期に発覚して大きな問題に発展していったのか? そこが一番ナゾだ »