« 店主と女将はカタギの人だった | トップページ | 名古屋の空も泣いている。われら名古屋人の誇り、真央ちゃんが現役引退 »

2017年4月 7日 (金)

先行き不透明なのはどちらも同じだ

画像引用 産経新聞社より

Photo


球春の響きとは縁遠く、いまだ開幕から勝ち星のない我らが中日ドラゴンズ。

昨夜も負けた。

開幕から引き分け1つを挟んで開幕5連敗と絶不調だ。

1980年に記録した球団ワーストは6連敗。

そんな嫌な記録すらも近づいてきた。

片や経済界においてまったく先が見通せないのが東芝

すでに四半期報告書の提出期限を2度も延期してきたが、今月11日に迫った期限も「まさか」の延長。

仏の顔も3度までを実践するかのような経営判断。

もし、3度目の延期を関東財務局に申請して承認されない場合は、21日が最終期限となる。

そうなると、上場廃止のハードランディングが一気に現実味を帯びてくる。

分かりやすい図があったので引用しておこう。

こうしてみると、東芝経営者たちは意図的に3度目の延長を選択して、当局によるハードランディングを狙っているようにもみえる。

中日ドラゴンズの勝ち星と東芝の将来、先行き不透明なのはどちらも同じだ。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

|

« 店主と女将はカタギの人だった | トップページ | 名古屋の空も泣いている。われら名古屋人の誇り、真央ちゃんが現役引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/65118391

この記事へのトラックバック一覧です: 先行き不透明なのはどちらも同じだ:

« 店主と女将はカタギの人だった | トップページ | 名古屋の空も泣いている。われら名古屋人の誇り、真央ちゃんが現役引退 »