« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月26日 (金)

明治のカール、中部地方以東での販売終了へ。うまい棒に負けたのか

Photo


そういや何年も食べてなかった。

カールおじさんのCMが印象的だったスナック菓子「カール」が、中部地方以東での販売を終了らしい。

これは地味に大きなショック。

なんでも、売上高の減少を理由に8月で同地域向けの生産終了。

9月には店頭から姿を消してしまうとの話しだ。

販売のなくなる中部地方以東に、地元ナゴヤが入るのかイマイチ微妙だったのでネットで確認してみた。

悲しい事に、愛知名古屋での販売もなくなるみたい。

具体的には、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県以西の西日本地域で「チーズあじ」と「うすあじ」だけの販売になるという。

晩ご飯時にこのニュースを知り、急遽、近所のスーパーまでカールを買いに行ってきた。

個人的にはカレー味が好きなんだが、店頭には1つも置いてない。

棚にあったのはチーズ味だけ。

家族の中にカール好きもいるので、食べ納め用にと10袋買ってきた。

最盛期には190億円あった売上げが現在は約60億円。

実に3分の1以下にまで激減。

まあ、ここまで売上が落ちれば販売先縮小の経営判断は仕方がないところ。

個人的には製造元の明治自身が、ケース売りとか10袋セットとかオンラインショップで通販すれば、需要を喚起できる様な気もしますが・・・ 

食べられなくなると聞くと食べたくなるのが人のサガ。

最近話題のメルカリとかヤフオクとか、販売中止に便乗した卑しい出品が出てきそうな感じだ。

明治さん、是非、カールのオンライン販売を前向きに検討されてください。

よろしくお願いいたします。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

予想どおりと言えばそのとおりだが。レゴランドが早くも苦戦だ

画像引用 読売新聞社より引用

Photo


当初から入場者数に不安のあった、我が街ナゴヤが全国に誇るテーマパーク「レゴランド・ジャパン」。

そのレゴランドの隣に今年3月オープンしたばかりの複合商業施設「メイカーズ ピア」で、テナント内のレストラン1店舗が22日の営業を最後に閉店したとの事。

正直、早かった、いや、早すぎるの印象が強い。

運営会社によれば、来場者が想定を大幅に下回っていた事が理由との説明。

管理人はレゴランドもメイカーズにも、まだ行っていないので混み方とか中身については知らない。

これまで3人にレゴランドについて尋ねたが、誰もまだ行ってないのでソノ線からの情報もなし。

なんでも撤退を決めたレストランはシーフード料理を出してるお店との事で、6年間の出店契約を結んでいたという。

6年間の予定がオープンから僅か2か月での撤退。

まさかまさかの撤退に違いない。

売上高が当初想定の10分の1

想定予想が甘々だったのか、撤退したお店が極端に不人気だったのかは不明。

それでも、レゴランド自体が集客不足に困っている事だけは確かなよう。

約50軒のお店が出店している「メイカーズ ピア」にとっても、オープンから2ヶ月でのテナント撤退が起きたのは大きな痛手。

河村たかし名古屋市長の肝いりで決まった日本初の「レゴランド」。

管理人の知人の中にも年間パスポートを買った人もいる。

でも、まだ1度も行っていないと。

不人気不人気と散々叩かれながらも、終わったら大成功だった2005年の愛・地球博の前例もある。

地元名古屋人としては今後も目の離せないニュースだ。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

第31回エリカカップを見てきた

Photo_editor_1495354163260


エリカカップは国内最大規模のヨットレースの1つ。

なんでも、昭和56年7月に愛知県常滑市を出港した「エリカ号」が、4年9ヶ月をかけて、世界25カ国を周遊。

昭和61年4月に蒲郡に帰港したのを記念して始ったのがエリカカップ

今年は31回目。

そんなエリカカップを間近に見てきた。

洋上沖でヨットを見るのも初めてだし、そもそも、ヨットレースのルールも知識ゼロ。

加えて、季節ハズレの暑さで気温は30度超え。

日焼け対策だけは慎重にしてイザ現場へ。

知識ゼロの素人に、大会関係者の人が丁寧に解説してくれたのが救い。

まあ、レースなので結論的には1番早くゴールした人が優勝の大前提は変わらない。

一生、ヨット遊びには縁はないかとは思いますが、気分だけは石原裕次郎、慎太郎の世界に触れた1日だった。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

改めて見てみると小室圭さん、フィギュアスケートの宇野昌磨選手に似てる

画像引用 JOCより引用

Photo


1つ前の投稿に読者さんからの指摘あり。

確かに、巨人の高橋監督よりフィギュアスケートの宇野昌磨選手に似てる。

短いコメントの受け答えの感じも、ナントナク、宇野選手っぽい感じだった。

× 小室さんと高橋由伸監督が似てる

〇 小室さんと宇野昌磨選手が似てる


過去記事 
海の王子こと小室さん。誰かに似てるなと思ってたら巨人の高橋由伸監督だ

http://nagoyazin.cocolog-nifty.com/kazu/2017/05/post-0ef9.html


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

海の王子こと小室さん。誰かに似てるなと思ってたら巨人の高橋由伸監督だ

画像引用 NHKより引用

Photo_4


画像引用 ADVANKさんより引用


Advank_5

久しぶりにおめでたいニュース。

秋篠宮家のご長女眞子(まこ)さまが婚約されるらしい。

お相手は国際基督教大(ICU)同級生で小室圭さん

小室さん、大学時代には神奈川県の藤沢市観光協会が主催する「湘南江の島海の女王&王子コンテスト」で王子に選ばれて、同市の観光PRのため1年間活動をされた経歴の持ち主。

現在は法律事務所に勤務するイケメンの若者だ。

パッと見、海の王子時代のお写真だと少しチャラい感じのジャニーズ系の感じもしたが、昨日みた黒髪&スーツ姿の小室さんを見た印象は好青年。

いいね。

凄くイイ。

受け答えも的確だし。

ところで、お二人のご婚約とは全然関係ない話ですが小室さんのお顔、誰かに似てる気がする。

あっ、分かったぞ!!

巨人の高橋由伸監督だ。

検証的にお2人の写真を確認してみると、小室さんも高橋監督もやっぱり、典型的な爽やか系のイケメンだわ。

とにかくおめでたいニュースです。祝


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

素朴な疑問。SFチックなミサイルをミサイルで撃ち落とすなんて出来るのかしら?

画像引用 読売新聞社より引用

Photo



カリアゲ2号か将軍様2号かは知らないが、停滞中のチキンレースを頭一歩リードする北朝鮮によるまたかのミサイル発射実験。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信によれば、新型の地対地中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験だったそう。

金正恩朝鮮労働党委員長が見守る中での実験は成功。

計画軌道のに飛行に成功して、最高高度はナンと2111.5キロの高さにまで到達。

約800キロ離れた公海上の目標海域に正確に着弾したとの報道。

北朝鮮の単独技術なのかロシアや中国からの技術移転なのかはともかく、2000キロの高さにまでミサイルをあげ、目標に正確に落とす技術というのは素直に認めるべき。

現在、わが国のミサイル防衛システムは2段階。

まずは、海上で待機しているイージス艦による迎撃ミサイル「SM3」が最高高度約500キロの大気圏外で迎撃。

それを撃ち漏らした場合は、地上に配備された地対空誘導弾「PAC3」が地上十数キロで撃ち落とす2段構え。

それも事前に準備して単独でのミサイル発射に備えた最低の布陣。

昨日14日に成功した新型弾道ミサイルは高度2000キロまで上昇したみたいだし・・・

イージス艦の迎撃ミサイル「SM3」は最高高度約500キロ。

2000 > 500

これって、届かないんじゃないの?

確実に、そして進化のスピードを速める北朝鮮の弾道ミサイル技術をみると、まだまだ大丈夫なんてユルイ判断は間違い。

もう遅かったの方が正しいのかも知れない。

真剣にどうするの安倍首相、稲田防衛大臣。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

韓国大統領選挙、文在寅(ブンザイトラ)さんの当選確定

画像引用 毎日新聞社より引用

Photo


結果は選挙前の予想どおり、最大野党「共に民主党」の文在寅ムンジェイン前代表が韓国の新大統領に決まった。

おめでとうございます。

社交辞令のひとつも言えるのが大人だ。

各国指導者のニュースでの原稿読み、中国の習近平はシュウキンペイ、Trumpはトランプ、Macronはマクロン。

単純に漢字やスペルを日本語読みしているだけ。

それがナゼか、北朝鮮の金正恩はキムジョンウンで文在寅はムンジェインだけは母国語読み。

メディア各局がどこの誰に気を使っているのかは不明。

最近だと人名だけでなく地名や食べ物の呼び方まで、アッチの言葉で読んでる異様さ。

親切をとおり越して耳障りに感じるぐらい。

世界各国の地名人名や食材など、正確な読みと発音は確かに母国語読みが正しいのも知れない。

でも、韓国と北朝鮮の2か国だけ特別ってのはどうなのかな? 

無意識のうちに知らず知らず耳に残ってゆくのはある意味で洗脳。

これを意図的に利用しているとしたら・・・

やっぱり、文在寅大統領ブンザイトラ大統領の読みで良いかと思う。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017年5月 8日 (月)

39歳で大統領は凄い。加えて「孫」が既に7人もいる事も地味にスゴイ話だ

画像 トランプの世界より引用

Photo


ルペン氏が接戦かと、やたらと不安を煽っていたマスコミの期待とは裏腹に、フランス大統領選は予想どおりマクロン前経済相が勝利する流れ。

メディア的には先の米国大統領選挙、トランプさんの二番煎じを密かに期待していたものの、あっさりマクロンさんの勝ち。

仮にも極右政党ルペンさんが勝っていたなら、きっと神妙な面持ちで「今後のフランス、EUの方向性が心配です」と口を揃えて話していたに違いない。

報道ステーションの後藤謙次や、NEWS23の雨宮塔子なら間違いなくそう言ってた筈。

ちょい株オヤジの管理人にとっても、市場の混乱もなく順当な流れにひとまずホッとしたのも確か。

39歳の若さにもビックリだが、政治家になって僅か3年足らず大統領にまで登りつめたマクロンさんって、どんな人物なのか。

頭の良い単なるエリート銀行マンではなくて、私生活面でも激しい行動を征してきた人柄みたい。

24歳も年上の姉さん女房ブレジットさんは高校時代の恩師。

高校生のマクロンさんが恋に落ち、家族の反対を押し切って29歳で結婚したらしい。

ブリジット夫人との間に実子はないが、夫人と前夫との間には3人の子供がいる。

39歳で大統領は凄い。加えて、血縁のない「孫」が既に7人もいる事も地味にスゴイ話だ。

どうでもいい話しだが、姉さん女房とパッと見、元中日ドラゴンズ落合監督の奥さん、落合信子夫人を久しぶりに思い出した。

ところで、長男の福嗣君、今頃なにをやってるんだろう?


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年5月 2日 (火)

こんなの単なるクレーマーだろ

画像 消防車製造のモリタより引用

Photo_2


「なんで消防車でうどんを食べにきてるんだ!」

市民から、そんなお怒りのメールが消防署に送られたらしい。

新聞記事で読んでの感想。そんなに怒る事なのかな。

活動で出掛けてた訳だし、お店で見かけたら「お疲れさま」のひと言かけてあげる方が大人。

昼飯ぐらい大目に見てやればいいじゃない。

ましてやボランティアの消防団だし。

ワザワザこんな事で消防団にクレームなんかするかね。

まあ、所属の一宮市では消防車は消防活動以外には使わないという決まりらしいので、ソレを破った消防団にも非はあっても程度問題。

でも、こんな事でクレームつけられてたら、今でさえ人手不足に悩む消防団にとってはさらなる逆風。

消防団員の確保にも支障が出る恐れもある。

不寛容時代の昨今、まあ、色んな考えの人がいるのは仕方がない。

それにしても、こんなどうでも良いニュースを新聞紙面に載せる地元中日新聞の姿勢ってどうなの?

今や朝日新聞、北海道新聞よりも極端な記事の偏りが目立つ地元名古屋の中日新聞。

私たち一般人の世論形成をになう公器たる新聞が、極端なクレーマーの意見をことさら大きく取り上げる事って正しい姿勢? 

この記事をよんで興味をもったのは2つ。

文句メールをいれた人の人物像と中日新聞社の報道姿勢だ。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ