« カラッとした夏空が恋しい。 | トップページ | チアドラとドアラを見るぐらいしか楽しみがない »

2017年8月21日 (月)

特に原付が売れてない。バイク販売不振と花粉症と3ない運動

画像 1983年販売のスズキRGガンマ250

Photo



国内バイク市場の低迷が続いている。

管理人が高校生だった35年以上も前、1980年代の半ばは空前のバイクブーム。

ブームというよりレーサーレプリカモデルを中心としたスポーツバイクのバブル時代。

車検不要の排気量250CCのバイクが馬力45馬力なんていう、無茶苦茶な馬力競争の時代だった。

リッター換算すれば180馬力。

改めて当時のメーカーが本気でムチャしていたのかが分かる。

高校規則でとかく悪名の高い、バイクの「3ない運動」は地元愛知県から生まれて全国の高校に波及。

3ない運動」とは、免許を取らない、乗らない、買わないの3ない。

これを破って高校に見つかると、停学・退学にまでつながった恐っそろしい強権的な規則だった。

それでも、こっそり原付免許を取って乗ってる奴は多くいた。

管理人もその内の1人。

そんなバイクが元気な時代を見てきただけに、今のバイク販売不振の状況は体感的に実感できる。  

そんな折、 「バイクの日」である8月19日にホンダ、ヤマハ、川崎、スズキの大手バイクメーカー4社が都内で合同記者会見を開いた。

業界の委員長も務めるヤマハの柳弘之社長も、国内販売について「特に原付きが厳しい」と危機感を口に。

なんでも、日本自動車工業会(自工会)によると、2016年のバイクの国内販売台数は33万8000台で、ピーク時1982年と比べて10分の1にまで縮小。

つまり9割減ったという事。

ここまで激減すればマチナカでバイクを見ないのも納得できる。

夏は暑いし冬は寒い。

雨が降ればカラダも濡れるしナニより事故ったら、命を落としかねないリスクと隣り合わせ。

加えて最近では春先の花粉症もバイク乗りには逆風だ。

乗れば楽しいバイクなんですが・・・

バイクの販売不振に原付激減の流れ。

残念だが、どうやら止まりそうもないようが気もする。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« カラッとした夏空が恋しい。 | トップページ | チアドラとドアラを見るぐらいしか楽しみがない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/65691243

この記事へのトラックバック一覧です: 特に原付が売れてない。バイク販売不振と花粉症と3ない運動:

« カラッとした夏空が恋しい。 | トップページ | チアドラとドアラを見るぐらいしか楽しみがない »