« 「てるみくらぶ」を思い出すような「はれのひ」のニュース | トップページ | 2025年問題と高齢ドライバーと自動運転&運転支援 »

2018年1月12日 (金)

一瞬で相手の心をつかむタイトルのつけ方。

画像引用 フジテレビより引用

Photo


それにしても「竹林不倫」とは素晴らしいタイトルのつけ方。

一瞬で読者の心をつかんで想像力をかき立てる。

管理人も見ている「BSフジLIVE プライムニュース」でのメインキャスター。

秋元優里アナウンサーにまたしても不倫疑惑。

伝えたのは今年もやっぱり週刊文春だ。

お相手はかねてから噂のあった、40代の同局プロデューサー。

美形で色っぽい彼女みたさに、毎夜、プライムニュースを見ている視聴者も多いはず。

管理人もその内の1人だ。

そんな秋元アナをコッソリ追っかけていた文春記者。

記者らの尾行を再現すると、きっとこんな感じに違いない。

「ナンか竹林の方に向ってない?」

「確かに」

「まさかアソコで車とめる事はないよね?」

「えっ、マジ止まったよ」

「ちょっとアノ車、揺れてない?」

「ギシギシギシ・・・」

「えっ、こんな場所で・・・」

「ギシギシギシ・・・」

学生でもあるまいし、顔も名前も知れた有名女性アナウンサーが、まさかこんな人里離れた竹やぶで。

文春記者も目の前で微妙に揺れる、2人の乗った白いワゴン車を見て笑い声を抑えるのに必死だったに違いない。

気になるのはタイトルのつけ方。

発売された文春では「荒野のW不倫スクープ撮」となっている。

単に竹やぶで止まっている車なら「W不倫」とは付けない。

不倫と断定する確証があってのタイトル付なのか。

そうだとすると・・・

ひょっとすると、白いワゴン車のスモーク越しを撮った「一線を越えた写真」があるのかも知れない。

管理人世代のオヤジ層に強烈なファンを持つ秋元アナだが、2度目の不倫疑惑は相当に大きな逆風。

NHKなら地方局への転勤では収まりそうにない退局案件。

今回の一件、秋元アナが番組復帰できるかは微妙なところだ。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 「てるみくらぶ」を思い出すような「はれのひ」のニュース | トップページ | 2025年問題と高齢ドライバーと自動運転&運転支援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/66269980

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬で相手の心をつかむタイトルのつけ方。:

« 「てるみくらぶ」を思い出すような「はれのひ」のニュース | トップページ | 2025年問題と高齢ドライバーと自動運転&運転支援 »