« 思わず続きを見たくなるようなキャッチコピー | トップページ | 鉄人・衣笠祥雄さんが逝く »

2018年4月23日 (月)

流行語大賞にでも選ばれそうだ。最近のパワハラ&セクハラ

画像  google画像検索より引用

Photo


最近、テレビを点ければセクハラ。

新聞読んでもセクハラ。

国会審議然り、ニュースも然り。

もっと他にやるべきが有るでしょうと失望する。

メンドクサイ世の中になってきたものだ。

謝罪した長尾議員の投稿、心の底では「確かに」と思っても、公職の議員先生が公言しちゃうと流石に風当たりは強かった。

財務省の福田事務次官のセクハラ疑惑を受けて、黒い服の装いで抗議する野党の女性議員らについて、ツイッターで自身の意見を投稿されていた、自民党の長尾敬衆院議員が謝罪。

指摘のあった投稿を削除した。

問題の福田事務次官の音声テープ、会話前後の流れは不確かでも、「おっぱい触っていい?」「手縛っていい?」は完全にアウト。

たとえお店の女の子であっても同じ。

素朴な疑問がひとつ。

セクハラ&パワハラ、とかく問題視されるのは男性上司に女性部下のケースが多いような感じ。

じゃあこの場合は?

もし、管理人が福島みずほ議員の秘書だとしたら。

相手は上司たる国会議員。

加えて女性。

もし、何かの拍子に面と向かってこんな風に迫られたら?

確実にパワハラ&セクハラだが、果たして大きくニュースになるのか?

確かめようのない例え話で恐縮ですが、腑と気になったところ。

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

 

|

« 思わず続きを見たくなるようなキャッチコピー | トップページ | 鉄人・衣笠祥雄さんが逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/66642063

この記事へのトラックバック一覧です: 流行語大賞にでも選ばれそうだ。最近のパワハラ&セクハラ:

« 思わず続きを見たくなるようなキャッチコピー | トップページ | 鉄人・衣笠祥雄さんが逝く »