« 名古屋市千種区・今池・とり鉄 | トップページ | わが母校、名城大学の女子駅伝部が昨年に続いて連覇 »

2018年10月25日 (木)

何度みても胡散臭い人。自称・ジャーナリストの安田純平さん

画像引用 朝日新聞より引用

Photo



まあ、殺されなくて良かったねぐらいの感想。

シリア入国後に行方不明になっていた、自称・ジャーナリストの安田純平さんが過激派組織から解放された。

髭もキレイに整えられているし肌ツヤも血色もいい。

何より、3年間も拘束されていたとは思えないほどの目ヂカラの強さ。

正直、何度みても胡散臭い。

失礼だが、自作自演の「死ぬ死ぬ詐欺」にしか見えない。

日本政府からのお金の支払いはなかったみたい。

でも、交渉に当たったカタールから身代金が出たのなら、結果的にテロリストたちにお金が回った事になる。

再三、政府から渡航を止める声を無視しての人質。

それも、この安田とかいう胡散臭い人は何度も繰り返し。

「あんた達、本当はグルだろ?」

これまでの経緯をみれば、そう勘繰られても仕方がない。

解放されて数日後には帰国。

安田さんにとっては、これからが本当のお仕事だ。

3年間の拘束体験をネタにテレビ出演に本の出版。

さらに講演依頼が引く手あまた。

オファーが殺到するのは間違いない。

画像引用 テレビ朝日より引用

Photo


早速、テレビ朝日の羽鳥慎一モーニングショーのコメンテーター、「ひょっとこ顔」の玉川徹が飛ばす。

「敬意を持って出迎えたい」とか「国民は兵士と同じく彼を英雄として扱うべき」とか、賛美の声がでる始末。

管理人に限らず多くの国民から、既に忘れられかけていた安田さんの存在。

常識的に考えれば、この人に敬意をもつとか、英雄として扱うとかはダメでしょう。

本質は身代金が武器に消えた流れこそ問題にするべきだ。

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 名古屋市千種区・今池・とり鉄 | トップページ | わが母校、名城大学の女子駅伝部が昨年に続いて連覇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/67310409

この記事へのトラックバック一覧です: 何度みても胡散臭い人。自称・ジャーナリストの安田純平さん:

« 名古屋市千種区・今池・とり鉄 | トップページ | わが母校、名城大学の女子駅伝部が昨年に続いて連覇 »