« 親父はダメでも息子はデキる奴の珍しいパターンか。河野太郎が頼もしい。 | トップページ | 再訪台湾・食べ歩き »

2018年11月 7日 (水)

名古屋市中区・日本料理 荒木

名古屋市中区・日本料理 荒木

P_20181106_175649

一歩入れば都会の喧騒を忘れさせる凛とした佇まい。

お店のホームページに微塵の誇張はなかった。

中区伏見の「日本料理 荒木」さん。

自分の財布ではとても行けない高級店でご相伴にあずかった。

ありがとうございました。

両手で抱えて運ばれてきたのは大きな木箱。

なんでも、「旬の木箱」と呼ぶらしい。

P_20181106_175656

P_20181106_182959


P_20181106_191121


仕組みはこうだ。

箱の中にある豪華な魚や肉、珍しい野菜の中からコレはという食材を選ぶ。

次に選んだ食材を板長さんに相談。

旬の今、一番ふさわしい料理法で出してくれるという。

カウンター越しに展開される、何とも贅沢な演出だ。

毎年、素晴らしいお店に連れていって頂き恐縮千万。

お酒も初めて耳にするレアな銘柄ばかり。

味わって呑もう。

特に気仙沼から揚がった極上フカヒレの姿煮は絶品。

P_20181106_194347


中華ではない和風の味付けは初めての体験。

なんでも、スッポンの出汁で作っているらしい。

お酒も料理も大満足の一軒。

大変にご馳走になりました。感謝

料理の数が多くて単品でのアップは無理。料理と同じで一手間かけよう。

Photogrid_1541547411996


Photogrid_1541547143486


Photogrid_1541547028188


Photogrid_1541546983600

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 親父はダメでも息子はデキる奴の珍しいパターンか。河野太郎が頼もしい。 | トップページ | 再訪台湾・食べ歩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/67355319

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市中区・日本料理 荒木:

« 親父はダメでも息子はデキる奴の珍しいパターンか。河野太郎が頼もしい。 | トップページ | 再訪台湾・食べ歩き »