« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月30日 (日)

ゆく年くる年2018年・パート2

画像引用 NHKより引用

Photo_2


ゆく年くる年2018年・パート1 の続き
http://nagoyazin.cocolog-nifty.com/kazu/2018/12/20181-3b84.html

斜め目線はあるにせよ自称ニュース系ブログ、時の流れと書いた記事とはリンクする。

12月にも、記事には書けなかったが自衛隊の哨戒機が韓国軍の艦艇から射撃管制用レーダーを照射された問題など、平成最後の師走だけでも大きなニュースあり。

それでは7月からの下半期にスポットをあて、過ぎゆく2018年を振り返ってみたい。途中、管理人特権での番外編も入れて。

7月から12月編。

それぞれのタイトルをクリック又はタップすると、該当記事に飛びます。

7月 言い古された格言に東海豪雨の薄れゆく古い記憶が蘇った

7月番外
こっそり裏口入学リストを作成していたとは。東京医科大学はワザ師だ

8月 山根会長はボクシング、日大の田中理事長はアマ相撲の実力者

8月番外
名誉棄損で刑事告発されるらしい

9月 台風なんだし、空港には行かないの選択をするのが普通の感覚

10月 そうだったのか!やっと謎が解けた

10月番外
ひょんな事から映画デビューした

11月 やっちゃえ日産改め、やっちゃったゴーン

12月 真央ちゃん以来のスターが出てきた。GPシリーズファイナルで紀平梨花選手が初優勝

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆく年くる年2018年・パート1

画像引用 NHKより引用

Photo_2


今年も残すところ一週間弱。

毎年、確実に月日の流れるスピードが早くなっていく。

斜め目線はあるにせよ自称ニュース系ブログ、時の流れと書いた記事とはリンクする筈だ。

そんな訳で、月別に記事1本を管理人が勝手に選択。

ひと足さきに過ぎゆく2018年を振り返ってみたい。

まずは1月から6月編。

それぞれのタイトルをクリック又はタップすると、該当記事に飛びます。


1月 「てるみくらぶ」を思い出すような「はれのひ」のニュース

2月 仮想通貨については完全に取り残された

2月番外 2列目なんか大した美人でもなかろう

3月 キレる老人とあおり運転

3月番外 こんな話題で2ちゃんねるにデビューするとは

4月 山口メンバーって?女子高生に酔っぱらって無理やりキスの容疑じゃあ、イメージが黒すぎだ

5月 日大の内田正人監督、パッと見、財津和夫の人相を悪くした感じだ

6月 家政婦はナニを見たのか?紀州のドン・ファン不審死での家政婦さん

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

今の株価は大資本によるマネーゲームによる作られた相場

画像引用 日経225より引用

Photo


チラ見したところ、先物の東京市場も上げてるみたい。

今日と明日28日の大納会、東京市場も2万円を超えて終れるか?

昨日26日のニューヨーク株式相場は、連日の株価急落から急反発。

ダウ工業株30種平均は前営業日終値比1086.25ドル高の2万2878.45ドル。

1日の上げ幅としては史上最大。

ニューヨークダウは24日までの4営業日で1800ドル超下落。

さすがに下がり過ぎもあって買い戻しが行った形。

米国トランプ大統領の経済に対する施策不安もあって、方向性の見えない下落の続いていた世界的な株安だが、なんとか一旦止まったのは大きい。

ましてや12月末の株価。

投資家心理を思えばホッとひと息。

先日、大きく下げた東京市場の株価を見ても、今回の爆上げニューヨーク市場の株価しかり。

値動きの激しさは既に個人投資家が参加できる立場にはない。

ハッキリと書こう。

一言でいえば今の株式市場は大資本によるマネーゲームによる作られた相場。

個人投資家にとっては人生終了の下落であっても、大資本の投資家にとって想定内の下げと反発による爆上げ。

まあ、そんな愚痴をいっても資本主義の世の中に生きている私たち。

せめて銀行預金の利息が3%ぐらいあればね。

株や投信以外の投資法もあるのに。

カラ売りから入ってる投資家さんは大変だろうな。

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こ っちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

衣装も髪型も顔つきも、若手にないエロさがにじみ出ていた。高橋大輔選手が2位

画像引用 日刊スポーツより引用

Photo


捻挫の痛みに堪えての宇野君の滑りと完成度は圧巻。

2位の高橋選手に50点近くの大差をつけた優勝は完全な格上。

宇野昌磨選手、技術的にも精神的にもまたまた成長しての優勝。

おめでとう。

それ以上に興奮したのが高橋大輔選手の2位。

4年ぶりに現役復帰にも関わらず堂々の2位。

「魅せる演技」は健在。

テレビで高橋選手の滑りを見ていて実感した。

現役復帰から間もないこともあって、後半はバテた感じも見えてたがそれでも表現力は若い選手たちよりも上。

ナニより衣装も髪型も顔つきも、若手にないエロさがにじみ出ていた。

世界で戦う力はすでに無いことを認め、世界選手権の代表は辞退。

若手に道を譲る姿勢にも潔さが溢れていて好感が持てる。

それにしても、男子フィギュアスケートって、女子と違って羽生君と宇野君しか強い選手はいないの?

トップと2位の点差が50点ってどうなのよ。

若手選手と中堅どころ田中刑事選手の活躍が望まれる。


今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

意外。食べログの評価では相当に高い3.7のフレンチ店

P_20181219_183928


P_20181219_185209


P_20181219_190708


P_20181219_192359


P_20181219_200127


P_20181219_200356


食べログの評価では相当に高い3.7。

提携カードの特典で大幅に安く食べられるコースがあるらしい。

そんな訳で名古屋市内のフレンチ店に行ってきた。

個室利用でも追加料金が不要だったので、せっかくなので個室を選択。

18時半の予約。

お店のドアを開けると左手にかなり広めのスペース。

1部屋だけある個室は右手側だった。

少し照明を落とした店内。

先客はおらず管理人らが一番みたいだ。

前菜からコーヒーまで6品。

品数は普通だがフレンチの割にはポリュームが多かった。

食べログ評価で3.7の得点は当たり。

確かに美味い。

特にトリュフとフォアグラのフラン。

初めて食べたのがエゾ鹿のステーキ。

もちろんジビエだし焼き方もレア。

なんか生臭そうで心配して食べてみたものの予想外。

まったくニオイもクセもない。

普通のレア焼のステーキと変わらない。

良かったよかった。

それにしても静かなお店だ。

お客さんの会話がまったく聞こえてこない。

個室だからか?いや違う、そもそもお客さんの気配を感じない。

ゆっくり食事で帰りは8時半を回ったあたり。

会計時にその理由が分った。

誰もいない。

お店に入ってきた時のまま。

つまり2人でお店貸切みたい。

数日後のクリスマスを控えてお客が日をズラしているのか?

これで経営がやっていけるのか?

味が良いお店だけに続いて欲しいとお店だ。


今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

死者が出なかったことが奇跡

画像・中日新聞より引用

Photo


最終回の「西郷どん」を見てたら画面上に爆発の速報。

爆撃を受けたかのような被害の大きさ。

この現場画像をみれば死者が出なかった事の方が奇跡。

どうりで速報が流される訳だ。

年の瀬に、大きなケガを追われた方達はお気の毒。

それでも死者が出なかったことは不幸中の幸い。

爆発炎上の原因は調査中。

爆発と聞くと直感的に思い浮かぶのはガス爆発だが、建物ごと吹き飛ばされるぐらいの爆発力があったとは驚き。

改めて取扱注意と爆発の危険性を認識した。

居酒屋さんと不動産屋さんが入居してた店舗のどちらが爆発元なのか? 

単純に考えれば、火を扱う居酒屋さんの線が濃そうだが現状は不明。

忘年会のピーク。

それも日曜日の夜8時すぎといえば客入りも多かったはず。

冬の定番、卓上コンロでの鍋料理とかもきっと出てたに違いない。

そうなるとカセットガスの過熱が原因だった線も出てくる。

それにしても大きな爆発だった事だけは確か。

カセットガスぐらいで建物が吹き飛ぶとは思えないし・・・

爆発原因の解明が望まれるところ。

ケガを負われた被害者方々のお見舞い申し上げます。


今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

元中日ドラゴンズの宇野勝さんと宴席でご一緒に

P_20181213_195506


ご縁あって元中日ドラゴンズの「ウーやん」こと宇野勝さんと宴席でご一緒。

さすが元野球選手カラダがデカイ。

顔の大きさもハンパない。

中日での現役時の背番号は7。

今、目の前に居るのはホンモノ。

運よく隣でお酒を飲めたのもホンモノの宇野選手。

ナゴヤドームでの観戦時には管理人、中日を去った後も変わらず10年前まで宇野選手の選手ユニフォームを着ていた。

一番好きだったドラ選手。

宇野さんといえば俗にいう「宇野ヘディング事件」

1981年8月26日の巨人戦での守備での一件だ。

山本功児の飛球を目測を誤ってボールを頭部に当てるエラー。

珍プレー好プレーで繰り返し流され、珍プレーといえば宇野選手というイメージが浸透した。

昨夜もこの件での話しをしてくださり宴席は大爆笑。

宇野さんの口からは、あの一件で一番身入りがよくなったのは、番組でナレーションを務めた「みのもんた」さんだったと。

初めてお会いした大好きだった宇野さん。

話しも面白いし腰も低いし、ますます宇野さんが好きになった。

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

真央ちゃん以来のスターが出てきた。GPシリーズファイナルで紀平梨花選手が初優勝

画像引用 スポーツ報知より引用

Photo


「真央ちゃん以来のスターが出てきた」、元スケーター伊藤みどりさんのひと言が一番当たってる。

フィギュアスケートGPシリーズファイナル 女子フリーが行われ、紀平梨花が1位の150・61点をマーク。

自己ベストの合計233・12点で、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワを破って初出場優勝。

いゃあ、本当に凄い女子選手が出てきた。

表彰台の真ん中、あのザギトワと元世界女王のトゥクタミシェワが両隣り絵図等だ。

WEBで調べたところ、紀平選手は4歳からスケートを始めたという。

そこからスタートして世界の頂点に立つまでに成長した。

本人の持って生まれた身体能力の高さは当然に、幼児からの英才教育が花開いた形。

紀平選手の公式ホームページ「紀平梨花HP」によれば、「幼少期はエレクトーン、ピアノ、体操、水泳、バレエ、ダンス、フィギュアスケートを習っていた」とある。

更に、「現在はフィギュアスケート主体にバレエ、ダンスも継続し表現を磨いており」とまである。

習い事の経歴を見るだけでタダ者ではない。

実家は兵庫県の西宮市。

西宮市といえば阪急沿線。

関西では高級住宅地のイメージのある街だ。

タダでさえお金のかかるフィギュアスケートの世界。

てっきり、紀平選手もイイトコのお嬢様かなと思っていたが、普通のサラーマン家庭で育ったお嬢さんと知り、より一段と応援したくなってきた。

まだまだ先の2022年北京での冬五輪。

それでも、紀平選手の目線は確実にそれを目指している。

真央ちゃん引退で華のなかった日本女子フィギュアスケートに待望の新星。

ルックスも可愛いし、ナニより素晴らしい演技力と表現力。

うちのブログでも紀平梨花選手は積極オシでいこう。

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

さん付けしてるんだし細かい事いわない言わない

一般人が趣味で書いてるブログごときに、ガタガタ細かい事は言わなくていいよ。

ちゃんと「さん」付けしてるんだし。

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

土建屋さんのオヤジなんだから

画像引用 減税日本HPより引用

Photo


見た目はそんな強面じゃないのが唯一の救い。

そもそも、減税日本の浅井さんに難しい事を言っちゃあダメだって。

どうせ話しても理解できないんだから(笑)

浅井さんの所属って、「安心・安全なまちづくり対策特別委員会」の委員じゃなかったかな?

ナントモマヌケな話しが地元でニュースに。

6月に起きた大阪北部地震で倒れたブロック塀による女児の死亡事故。

それを受け、地元名古屋でもブロック塀の改修について市議会委員会で審議していた矢先。

名古屋市会議員の浅井康正市議が、法令違反のブロック塀を自宅に設置中だったことが判明。

昨日4日、市議会で他の市議がそれを指摘して大騒ぎ。

記者会見で浅井市議は「法令を認識しておらず、勉強不足だった」と謝罪した。

浅井市議は、河村たかし市長が率いる地域政党「減税日本」の市議団長。

管理人も何回もお会いしている市議さん。

確か浅井市議って、つい最近まで建設会社の代表やってた筈。

まあ、代表者でも法令すべてを認識しろというのは厳しい話し。

でも、ブロック塀の件は今年起きた事故から見直しが始まってる訳だし、それを知りませんでしたは勉強不足を公表したのと同じ。

気になったのは次。

浅井さん自身が法令を理解してないんだから、浅井さんとこで請けた他のブロック塀は大丈夫なのかね?

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

裁判の行方次第では新手のビジネスにもなりうる危険も

画像引用 毎日新聞社より引用

Photo



足が不自由な人にとって「車いす」は足も同然。

それは分かります。

それでも、もし、この裁判で不当な差別だと認定されたら、2千円のワイン試飲料が170万円の損害賠償金に大化けする。

裁判の行方次第では新手のビジネスにもなりうる危険も。

そもそも賠償金額の170万円の算定根拠って、どこから出された金額なの?

2千円が170万円の賠償金は理解に苦しむところ。

管理人的には電動車いすじゃなければ、有料なんだし試飲ならオッケーのような気もする。

まあ、そうは言っても飲酒した後の事故の危険とかを考えると、百貨店側の「車いすでの試飲不可」の応対にも理解できる。

大化けした賠償金額の方に目が向かいがちですが、なかなか判断の難しいニュースです。

今回の訴訟は管理された建物の中。

これが路上にある店先での試飲とか、「電動車いす」に乗ったお客さんであった場合とか。

車いすの試飲客が被害者にも加害者のどちらにも成り得る可能性も出てくる。

やっぱり、何が正しいのかは判断しずらい。

こういうケースこそ、裁判で司法の判断を仰ぐのが良いのかも知れない。

概要はこんな感じ。

車いす利用者であることを理由にワインの試飲をやめさせられたのは、障害者差別解消法が禁じる不当な差別にあたるなどとして、手動車いすを使う東京都内の50代男性が、百貨店とテナントに170万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。百貨店側は男性側に、店内で過去に電動車いすの事故が起きたことを挙げて「客や従業員の安全確保のため」と説明し、不当な差別ではないと主張している。第1回口頭弁論は21日に開かれる。
引用 毎日新聞より

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »