« 素振りオヤジが原因で枯れ草炎上 | トップページ | 両脇は犯罪者だった »

2019年3月 7日 (木)

作業服で変装しても鋭い眼つきがゴーンさんだ

画像引用 pic.twitter.com/4HaPZiNxzt

Photo


作業員に変装しての保釈は弁護団からの助言なのか?

ゴーンさん自らの希望だったのか?

業務用の軽バンまで用意する手の込んだ変装劇。

でも、バレバレ。作業服で変装しても眼つきがゴーンさんだ。

会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告が保釈。

保証金10億円を払って108日間ぶりにシャバへ。

公判前整理手続きが始まっていない段階。

それも、起訴内容を否認している被告の保釈が認められるのは極めて異例。

これまで2度の保釈請求は却下されてていた、今回が3度目の正直。

無罪請負人の評判も高い、弘中惇一郎弁護士らがの保釈請求がとおった形。

地裁の保釈理由は大きく4点。

1 東京都内に住み、住居の出入り口などに監視カメラを設置

2 日産幹部ら事件関係者との接触禁止

3 パスポートを弁護人管理。海外渡航の禁止

4 PC、スマホからのインターネット接続禁止。PC等利用の制限。

1から3については管理人も納得。

ただ、4点目については疑問。

PC、スマホからのインターネット接続禁止と言いつつも、弘中弁護士事務所にあるPC利用は認められている。

弁護側弘中事務所でこっそりネットにアクセスしても分からない。

条件たる4点、一見すると外部との連絡が取れないように見える。

が、こんな時こそ意表を突くのが昔からの連絡手段。

ゴーンさんが関係者に手紙を書く。

それを弁護士が関係者へ届ける。

読んでの返信を今度は弁護士からゴーンさんへ。

記録に残るメールよりも捨てるだけの古典的なメモ書きとか。

管理人が税理士ではなくて弁護士なら、こんな古典的な戦法を考える。

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→ 人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こ っちは、にほんブログ村。

|

« 素振りオヤジが原因で枯れ草炎上 | トップページ | 両脇は犯罪者だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作業服で変装しても鋭い眼つきがゴーンさんだ:

« 素振りオヤジが原因で枯れ草炎上 | トップページ | 両脇は犯罪者だった »