« 両脇は犯罪者だった | トップページ | 感動をありがとう。イチロー選手が現役引退 »

2019年3月18日 (月)

偏向報道を続けた新聞テレビの願いは叶わず

画像引用 朝日新聞社より引用

Photo


過去記事 どっちもどっち。一文だけをピックアップしての偏向報道はNG

http://nagoyazin.cocolog-nifty.com/kazu/2019/01/index.html

パッと見、昨年秋に亡くなられたコラムニストの勝谷誠彦さんに似ている。

発言の「火付けてこい。燃やしてしまえ」の一行だけが切り取られて、大きな非難を受けて辞職した前の明石市長さん。

出直し選挙が行われて結果は圧勝。

偏向報道を続けた新聞テレビの願いは叶わず。

メディアの期待とは反対に、明石市民の民意は前市長の泉房穂さんを選択。

職員への暴言で市長が辞職したことに伴い、兵庫県明石市の出直し市長選が17日に投開票。

結果は前市長で無所属の泉房穂氏が、元市長で無所属の北口寛人氏、元県議で共産新顔の新町美千代氏を破り3選へ。

投票率は前回を上回る46・84%。

当選した泉氏は前回選挙での得票を3万票も上回る圧勝。

気になったのは任期の短さ。

当選した泉氏は2期目満了(4月30日)を待たず辞職したため、公職選挙法の規定で辞職前の任期。

よって、4月の統一地方選で改めて市長選らしい。

法の規定とはいえ僅か1か月の任期しかない。

大きな費用のかかる市長選挙なのに・・・

法の規定とはいえ何とも税金の無駄使いなような気がする。

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→ 人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こ っちは、にほんブログ村。

|

« 両脇は犯罪者だった | トップページ | 感動をありがとう。イチロー選手が現役引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偏向報道を続けた新聞テレビの願いは叶わず:

« 両脇は犯罪者だった | トップページ | 感動をありがとう。イチロー選手が現役引退 »