« あと1秒でもズレていたら・・・大津市大萱での事故に思う | トップページ | マルサのちくわと蒲サちくわとは同じ会社だったのか。謎が解けた »

2019年5月13日 (月)

たまには真面目に福島原発の事を考えてみる

画像引用 毎日新聞より引用

Photo_12



たまには真面目に福島原発の事を考えてみる。

事故後、すでに敷地内タンクの処理水は100万トンを超えてるらしい。

燃料デブリがある限り、汚染水の発生は止まらない。

それも年間約5万~8万トンとハンパない量。

限られた敷地の中に林立する貯蔵タンク。

頑張って作ってもいつかは来る限界。

真剣にこの後、汚染水処理はどうするのだろう?

専門家の見立てでは、タンクに貯められる限界までの時間は5年。

ゆっくりと考えている余裕もないが、かと言って単純に結論が出る問題でもない。

来年には国をあげての東京五輪もあるし。

以前、安倍首相が「原発は完全にコントロールされている」なんて公言しちゃっているから、しらっと海に流す訳にも行かない。

真剣にどうするんだろう。

技術的には大半の有害な放射性物質は取り除けるらしい。

が、放射性トリチウムを取り除くことは無理みたい。

何より処理されたといっても、心情的には海にダダ流しには抵抗があるのも確か。

それでも確実にタンクの限界が迫ってくる。

限界が分っている以上、いずれは処理された水を海洋放出する時期が来てしまうのか。

せめて、処理された汚染水の厳格な科学的な安全証明が欲しいとところだ。

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。



|

« あと1秒でもズレていたら・・・大津市大萱での事故に思う | トップページ | マルサのちくわと蒲サちくわとは同じ会社だったのか。謎が解けた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと1秒でもズレていたら・・・大津市大萱での事故に思う | トップページ | マルサのちくわと蒲サちくわとは同じ会社だったのか。謎が解けた »