ニュース

2017年10月16日 (月)

怪しいクルマには近づかないのが一番。煽り運転のDQN対処

Photo

久しぶりに心底怒れるニュース。

高速道路で散々煽った上に、結果として子供達の目の前で両親の命を奪ったクソDQN。

煽り運転の石橋こと、石橋和歩25歳。

2




よほど自分の顔に自信がないのか、facebookには実名は載せていても顔写真は載せていない。

こいつ、以前から「当たり屋」まがいの事をしてて、保険会社のブラックリストにも載っていたとかの札付き。

顔だけみてもゴリラ顔の、如何にも仕事が出来ませんみたいな顔つきの男。

この男が原因で今年6月に起きた東名高速道路での追突死亡事故。

この事故で行楽帰りの家族が巻き込まれて2人が亡くなった。

クソDQN石橋が原因で、一瞬にして両親を失ってしまった子供達。

ましてや、散々高速で煽られて車を止められ、胸ぐらを掴まれた父親を目の当たりにした子供たちの恐怖感はハンパなかった筈。

このニュースのように、当たり屋崩れのDQNとか常識が通じない人間が居るのは確か。

心配なことにそういう輩が、一般道、高速道路を走っていないという保証はない。

じゃあ、どうしたらいいの?

まあ、完璧なトラブル回避なら外出せず、家に引き籠ってる位しか術はない。

でも、それじゃあ車にも乗れないので現実的には無理だ。

じゃあどうする。

基本的には怪しいクルマには近づかないのが一番。

路肩に止めて警察に通報とかも、1人運転での高速道路なら難しい。

とにかく「コイツ危なさそう」みたいな車を早期に見つけて、可能な限り距離を置く事を最優先にしたい。

万が一、DQN男が車から出てきて「オラオラ」言いながら自車に寄ってきたとしてもガン無視。

ドライブレコーダーを付けてる車なら、大きなジェスチャーで「アンタ撮られてるよ」を教えてやればいい。

ドアや窓を蹴られたって叩かれてもガン無視継続。

素手じゃあ窓ガラスは簡単には割れない。

速効で警察に110してビビりながらも我慢。

とにかく車の中に居るのが良さそうだ。

それでもヤメナイ、DQNが凶器を持ち出した、真剣に命の危険を感じる・・・

そんな時には迷わずに反撃するしか身を守る手段はない。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

希望から失望を通り越して絶望です

画像 朝日新聞社より引用

Photo


この例えは上手い。

笑点流に書けば「山田君、吉田君に座布団2枚だ」

いつ出るのか、まだ出ないのかと発表が待たれていた、次期衆議院選挙での希望の党第一次公認リスト。

昨日、ついに発表された。

気になる1次公認は比例単独を含めて192名。

その内、民進予定者からは109人が選ばれた。

管理人の地元愛知ナゴヤはご存じのとおり、民進党の候補者が強い地域。

ちなみに管理人の住まいは愛知1区

必然的に愛知1区の公認候補に目がいった。

前々日の中日新聞の報道のとおり、地域政党・減税日本の元職佐藤夕子・名古屋市議が選ばれた模様。

前回、落選した民進党の元職吉田統彦さんは希望叶わず公認から漏れた。

これを受けて「希望から失望を通り越して絶望です」と、口から出たのが吉田さんだ。

吉田さんはお医者さん。

この人、とても頭の低い人で前回落選後も地道に政治活動を続けている姿をよく見かけた。

民進党でも、決して左すぎる政治思想ではなかったのでキライではなかった。

対極、一次公認に選ばれた元職佐藤夕子・名古屋市議は、個人的によく知る間柄。

ひと言で書けば、河村たかし名古屋市長の別動隊のような人。

評判や実績を含め、あまりに色々と知っているので選挙も近いし書けない。

なお、公認漏れの吉田さんは枝野さんの「立憲民主党」から出馬の方向。

愛知1区からの立候補予定者は次のとおり。

自民前職の熊田裕通氏、共産新人の大野宙光氏、社民新人の平山良平氏。

告示前の予想なので確率は高くないが、名古屋市内の選挙区については「希望」の風は微風に終わるような気がする。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

お約束のまたか。国連制裁をモノともせず北朝鮮が世界を挑発

P_20170915_070426



初めて生Jアラートをテレビで見た。

正直、気分のいいものではない。

日本政府によれば15日午前6時57分ごろ、弾道ミサイル1発を北東方向に発射。

北海道上空を通過して襟裳岬の東約2千キロの太平洋上に落下したと。

ミサイル発射を受け、全国瞬時警報システム(Jアラート)も作動。

米国の偵察衛星に空から丸見えなのは北朝鮮も知っている。

当初予測では、昨日14日発射と見られていた北朝鮮の弾道ミサイル発射。

台風の進路が気になったのか単なるジラシなのか? 

1日遅れで今日15日の朝に飛ばしてきた。

米国や韓国からの情報で発射が近いことを認識していた日本政府。

菅義偉官房長官も発射直後の午前7時過ぎには首相官邸入り。

直ちに記者団への説明を行っている手際の良さ。

気になるのは自衛隊による迎撃ミサイル発射の有無。

領土領海への着弾はないとの判断から今回も見送り。

確かに襟裳岬の2千キロ先まで飛んだのなら、その理由にも合理性がある。

まあ、管理人の独断では領土領海であっても落とせないと思うけど。

国連制裁決議にも知らん顔。

米国のメンツも丸つぶれ。

いよいよチキンレースも佳境に入ってまいりました。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年9月13日 (水)

姑息な会社だねTBSって。報道局の本筋を忘れた思想信条って問題ないの?

画像引用 TBSテレビより引用
Photo


アナウンサーが一言、「大変失礼しました」の謝罪で済むことなの。

時代が時代なら不敬罪で打ち首もの。

ミスと言い訳しながらも、ワザワザ周囲をボカして佳子様だけを強調。

オマケに「イスラム国家族に日本人?」のテロップまで付けてる悪質ぶり。

以前から、視聴者から偏向報道への批判が強く、先日もTBS本社前で大きな抗議デモが行われたTBSテレビ。

画像引用 産経新聞社より引用

Photo_2


きっと、報道・情報「Nスタ」でデモへの仕返しに故意にやったんだろうな。

通常、こんな手の込んだミスはあり得ないもん。

TBS系の夕方の報道・情報番組、「報道・情報Nスタ」で、イスラム国に関するニュースのナレーションの際、秋篠宮家の次女、佳子様の映像を流すトンデモナイ放送事故。

昨日12日の夕方、報道・情報「Nスタ」での一幕だ。

「イスラム国戦闘員の家族に日本人か」のナレーションと同時に流れたのが、あろうことか上の画像。

佳子様がイギリス留学に出発される際、関係者らに笑顔で挨拶をされてる映像での出来事だ。

意図的にやった線が濃いが、たとえミスだとしても時代が時代なら、今頃、TBSテレビの社長も井上アナも下手人扱い。

謝罪した井上君こと井上貴博アナウンサー。

井上君、朝ズバッ!で「みのもんた」にイジラレてる時は大人しくしていたが、入社から年数も経ち夕方の帯番組を任せられるようになって、どうやら実力を勘違いしたみたい。

今回の一件でTBS本社前での抗議デモが、さらに拡大していくのは間違いない。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

流行語大賞に2年連続でトップテン入りか? さすがは山尾志桜里議員お見事です。

画像引用 文春オンラインより引用

Photo


昨日7日発売の週刊文春で既婚弁護士との不倫疑惑が報じられたことを受け、早くもトカゲの尻尾きり。

民進党の山尾志桜里議員が大島敦幹事長に離党届を提出。

惜しいなあ。

山尾さんが幹事長になった後に不倫交際疑惑が出れば、もっと面白かったのにね。

文春があと1週間遅く出してくれたら良かったのに。残念。

お相手とされる男性弁護士のアウディ―助手席。

テカテカの顔して嬉しそう助手席に座る山尾議員のご尊顔。

こんな写真、見たくないだろうな旦那さんも子供も。

まあ、他人様の事なんで放っておこう。

今回の騒動で気になったのは新聞各社の見出し。

記事見出しに「不倫」と付ける新聞社もあれば「交際問題」と書いてるとこも。

中には原因をスルーして単に「離党届」だけの社もある。

が、読売新聞のように「男女の関係ない」なんて、生々しく書いてる社もあって面白い。

見出しひとつでも、新聞各社の政治スタンスが色分けされている。

読売新聞 民進・山尾氏が離党届提出…「男女の関係ない」

産経新聞 民進・山尾志桜里氏が離党届提出 週刊誌「不倫報道」で

朝日新聞 民進・山尾氏が離党届提出 既婚男性との交際問題報道で

毎日新聞 山尾氏が離党届 週刊誌報道「党に迷惑かける」

日経新聞 民進・山尾氏が離党届、週刊誌報道で 新体制に打撃

中日新聞 交際報道の民進・山尾氏が離党届 前原新体制に打撃

山尾さんの選挙区は愛知7区。

女性有権者の支持を激減させそうなんで、次はダメだろうね。

無所属なんで比例の復活当選もムリ。

対立候補の自民党・鈴木じゅんじ議員、次は選挙区で勝てるでしょう。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

液晶といえばシャープ。シャープといえば吉永小百合とアクオス。世界初8K対応液晶テレビ「アクオス8K」を発表

画像引用 シャープ社より引用

Photo


今のフルハイビジョンでも十分にキレイだと思うが、8Kテレビだと理論上はフルハイビジョンの16倍。

そんなにハッキリ映し出すテレビが普及したら・・・

ひっそりと画面から姿を消す女性キャスターが続出しそうだ。

台湾メーカー鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下で経営再建中のシャープが、世界初となる8K対応液晶テレビ「アクオス8K」(70インチ)を発表した。

日本での発売を前に10月から中国で先行発売するらしい。

まあ、70インチのテレビを置くとなると広さも必要だし、ナニより景気の悪い日本より豊かになった中国市場を重視するのは正しい選択。

液晶といえばシャープ。

シャープのテレビといえば吉永小百合とアクオスのイメージが今でも強い。

世界に先駆けての8Kテレビ投入で活気づくシャープは強気だ。

2020年度に販売する60インチ以上の大型テレビの半分を、8Kに切り替える経営方針。

破綻する前から技術は超一流にもかかわらず、経営判断でつまづいたシャープだったが、鴻海指導で復活したら嬉しい限り。

管理人宅では、まだ4Kテレビにも格上げされていないので4K画像の美しさも未体験。

エイデンでボケっと4Kテレビの前に座った事もないので、「キレイに違いない」ぐらいのイメージしか浮かばない。

4Kの4倍、現行フルの16倍の解像度ならキレイじゃない筈がない。

1つ気になるのはハードに見合ったソフト(映像)があるのか?

4Kと8Kの実用放送の開始は来年12月からだし。

8Kに限ってはNHKだけじゃなかったかな?

8Kテレビ買ってもNHKのBSニュースだけでは、テレビは売れないし。

民放の展開が気になるところだ。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

撃たなかったのか撃てなかったのか、自衛隊による破壊措置は行われず。

画像 朝日新聞社より引用

Photo



鳴らないよりはマシだが、鳴ったところでドコに逃げらるのか?

北もせっかく大金叩いて打ち上げるなら、襟裳岬沖じゃなくてグアムに向けて撃ったらどうよ。

またしてもお騒がせのカリアゲ指導者が危険すぎる火遊び。

北朝鮮は昨日29日午前6時頃、弾道ミサイル1発を発射した。

新型とみられる中距離弾道ミサイルはニッポンの領土領海を跨いで、北海道の襟裳岬上空を通過し、太平洋上に落下。

撃たなかったのか撃てなかったのか、自衛隊による破壊措置は行われず。

今年に入って13回目のミサイル発射となる。

日本政府は発射を受けた直後に、全国瞬時警報システム「Jアラート」を通じて、北海道・東北などの住民に避難を促した模様。

管理人のスマホはSIMフリーの格安スマホなので、Jアラートは勿論の事、大雨や地震警報すらも教えてくれない。

まあ、安っすいスマホを使っているので自己責任といえばソレまでの話しだ。

今回のミサイル発射で気になった事は「破壊措置命令」が出されていたにも関わらず、迎撃ミサイルによる破壊措置が実行されなかった事。

現在、度重なる北朝鮮のミサイル発射に破壊措置命令は「随時発令」の状態にある。

乱暴な書き方をすれば、Jアラートを空襲警報と置き換えると理解しやすい。

つまり、敵国からの脅威に対して、本来であれば迎え撃たなければならない状況。

それなのに取った行動といえば、頭の上を飛んで行くのを見ているだけ。

ミサイルの発射角度や高度から、弾道計算で日本領土や領海に落ちないとの判断から、発射されなかったとは思うが真相は分からない。

わが国のミサイル防衛システムは現在2段階。

洋上イージス艦からの迎撃ミサイル「SM3」と地上からの地対空誘導弾「PAC3」。

それでも、確実に100%撃ち落とせるなんて言うのは夢のまた夢。

昨日の現場で「迎撃に失敗したらシステムの信頼はガタ落ちする」、そんな思いが頭をよぎってもおかしくない。

ひょっとすると、ソレが理由で迎撃をやめたとする可能性も決してゼロではないと思う。

挑発を止めない北朝鮮からのミサイル発射。

次の発射で領土ギリギリに落とされたら・・・

防衛相幹部たちの眠れない日々が続きそうだ。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

会社のホームページが大きなリスクとなるの良い見本

画像引用 丸釜釜戸陶料株式会社のホームページより引用
Photo



 適応される法令・規制要求事項を厳守する」なんて、真っ先にホームページには謳っているが・・・

40年も前から同じことやってて書いてたら、これまでの信用はガタ落ちは必至。

自社の敷地内、山を削った後に出た単なる廃土なら分からない訳でもないが、発ガン性のある産廃ともなれば話しは別だ。

先々週18日夜に起きた中央道での土砂崩れ。

約700立法メートルが流れ込んで、車4台が巻き込まれた事故での続報。

当初は大雨による土砂崩れだと思われていたのが一転、窯業原料の製造会社が不法投棄していた廃棄物が大雨が原因で道路に流れ込んだのが原因らしい。

どうやら、道や川に流れた白っぽい粒子の細かい土を見て、捜査員のもしかして?の直感が当たった様子。

会社の発表では廃棄物を処分していた元採石場の大きさは、幅約19メートル、奥行き約30メートル。

40年の長きに渡ってた棄物は7~8メートルの高さまで積んでいたという。

これ以上はヤバいと感じたのか、容量的な限界であったのか、2年前からは適正に処理していたらしい。

同社の会長によれば「違法という認識はあったが、慣例に従い捨てるよう命じていた。40年前からだったと思う」と。

記者団の質問にそう答えていた後に更新された同社のホームページが、少しヘンだ。



2



捜査が入った丸釜釜戸陶料株式会社のホームページ冒頭「お詫び」の文言。

その中では「弊社保管の窯業原料が流出し・・・」と書いてある。

違法性を認識しておきながら「保管」はない気もするが。

今や会社の名刺代わりともいえる会社のホームページ。

あまり格調の高い文言や理念は時として、大きなリスクとなるの良い見本だ。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

特に原付が売れてない。バイク販売不振と花粉症と3ない運動

画像 1983年販売のスズキRGガンマ250

Photo



国内バイク市場の低迷が続いている。

管理人が高校生だった35年以上も前、1980年代の半ばは空前のバイクブーム。

ブームというよりレーサーレプリカモデルを中心としたスポーツバイクのバブル時代。

車検不要の排気量250CCのバイクが馬力45馬力なんていう、無茶苦茶な馬力競争の時代だった。

リッター換算すれば180馬力。

改めて当時のメーカーが本気でムチャしていたのかが分かる。

高校規則でとかく悪名の高い、バイクの「3ない運動」は地元愛知県から生まれて全国の高校に波及。

3ない運動」とは、免許を取らない、乗らない、買わないの3ない。

これを破って高校に見つかると、停学・退学にまでつながった恐っそろしい強権的な規則だった。

それでも、こっそり原付免許を取って乗ってる奴は多くいた。

管理人もその内の1人。

そんなバイクが元気な時代を見てきただけに、今のバイク販売不振の状況は体感的に実感できる。  

そんな折、 「バイクの日」である8月19日にホンダ、ヤマハ、川崎、スズキの大手バイクメーカー4社が都内で合同記者会見を開いた。

業界の委員長も務めるヤマハの柳弘之社長も、国内販売について「特に原付きが厳しい」と危機感を口に。

なんでも、日本自動車工業会(自工会)によると、2016年のバイクの国内販売台数は33万8000台で、ピーク時1982年と比べて10分の1にまで縮小。

つまり9割減ったという事。

ここまで激減すればマチナカでバイクを見ないのも納得できる。

夏は暑いし冬は寒い。

雨が降ればカラダも濡れるしナニより事故ったら、命を落としかねないリスクと隣り合わせ。

加えて最近では春先の花粉症もバイク乗りには逆風だ。

乗れば楽しいバイクなんですが・・・

バイクの販売不振に原付激減の流れ。

残念だが、どうやら止まりそうもないようが気もする。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

カラッとした夏空が恋しい。

画像引用 ヤフーニュースより引用

Photo


関東、東北地方の長雨がニュースになっていたが、今日18日は名古屋の街も朝から雨。

外は暗いし、時折、結構強めに雨粒も落ちてくる。

なんか梅雨に逆戻りしたような朝だ。

例年であれば、夏の暑さがもっとも厳しいお盆の時季。

カンカン照りの太陽とニョキニョキの入道雲が目に浮かぶ夏の青空。

そういや、今年はそんな夏空を見る機会が極端に少ない。

管理人の地元ナゴヤでもこんな状況の夏だ。

雨が降り続けている東京では、昨日も降って17日連続の雨ふり。

なんでも、東京での8月の降水の連続記録は、1977年に観測された22日連続らしい。

その記録に迫るように昨日で17日連続にまで伸びてきた。

投稿する前に気象庁の週間天気予報で確認してみた。

予報では東京は今日も曇りのち雨予報。

どうやら来週21日の月曜日まで雨降りの予想みたい。

天気予報どおりだと過去の記録に並ぶぐらいの夏の長雨になる。

東京の連続降雨もスゴイ記録だと思っていたら、上には上がいた。

東北の仙台では先月7月から、シトシト降ったりやんだりの降雨続きらしい。

長雨による日照不足と冷夏で農作物への影響も出てきそうだ。

3週間以上もシトシトと雨が降ったりやんだりでは、私たち人間の体調にも少なからず悪影響がでそう。

夏はまだまだ。カラッとした夏空が恋しい。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧