経済・政治・国際

2017年10月18日 (水)

衆院選挙、名古屋市内、愛知選挙区の当落を勝手に予想をしてみた

画像 TBSテレビより引用

Tbs



22日の投開票に向けて第48回衆院選挙もいよいよ大詰め。

マスコミ各社の報道では、希望の党失速で自民党と公明党が堅調に議席確保の流れ。

政府系の産経読売だけでなく、政府批判の強い朝日毎日東京(中日)日経の報道をみても変わらない。

まだまだ無党派層の票読みが難しいというものの、自公勝利で希望失速、立憲民主党が躍進の流れは変わらない感じ。

そんな訳で管理人の地元である、名古屋市内愛知選挙区の当落を勝手に予想をしてみた。

選挙区での当選予想

愛知1区 熊田 裕通 自民党

愛知2区 古川 元久 希望の党

愛知3区 近藤 昭一 立憲民進党

愛知4区 工藤 彰三 自民党

愛知5区 赤松 広隆 立憲民進党


比例区は難しいので、◎○△でご勘弁を。比例での復活当選予想


愛知1区 吉田 統彦 立憲民主党 〇

愛知2区 田畑 毅  自民党   △

愛知3区 池田 佳隆 自民党   ◎

愛知4区 牧 義夫  希望の党  △

愛知5区 神田 憲次 自民党   △

なお、当落予測に客観性はまったくありません。

以上

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

希望から失望を通り越して絶望です

画像 朝日新聞社より引用

Photo


この例えは上手い。

笑点流に書けば「山田君、吉田君に座布団2枚だ」

いつ出るのか、まだ出ないのかと発表が待たれていた、次期衆議院選挙での希望の党第一次公認リスト。

昨日、ついに発表された。

気になる1次公認は比例単独を含めて192名。

その内、民進予定者からは109人が選ばれた。

管理人の地元愛知ナゴヤはご存じのとおり、民進党の候補者が強い地域。

ちなみに管理人の住まいは愛知1区

必然的に愛知1区の公認候補に目がいった。

前々日の中日新聞の報道のとおり、地域政党・減税日本の元職佐藤夕子・名古屋市議が選ばれた模様。

前回、落選した民進党の元職吉田統彦さんは希望叶わず公認から漏れた。

これを受けて「希望から失望を通り越して絶望です」と、口から出たのが吉田さんだ。

吉田さんはお医者さん。

この人、とても頭の低い人で前回落選後も地道に政治活動を続けている姿をよく見かけた。

民進党でも、決して左すぎる政治思想ではなかったのでキライではなかった。

対極、一次公認に選ばれた元職佐藤夕子・名古屋市議は、個人的によく知る間柄。

ひと言で書けば、河村たかし名古屋市長の別動隊のような人。

評判や実績を含め、あまりに色々と知っているので選挙も近いし書けない。

なお、公認漏れの吉田さんは枝野さんの「立憲民主党」から出馬の方向。

愛知1区からの立候補予定者は次のとおり。

自民前職の熊田裕通氏、共産新人の大野宙光氏、社民新人の平山良平氏。

告示前の予想なので確率は高くないが、名古屋市内の選挙区については「希望」の風は微風に終わるような気がする。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

解散劇に隠れていますが、都議会で「都民ファースト」木下ふみこが堂々の議会デビュー

画像 木下ふみこサイトより引用

Photo


長年の慣習らしいが、衆議院解散時の「万歳バンザーイ」だけは何度みても理解不能。

一瞬にして失職。

ただの人になった矢先にバンザイ。

まあ、議員先生たちの強がりとプライドなのかも知れない。

衆議院が昨日28日、第194臨時国会の冒頭で解散された。

選挙日程は「10月10日公示・22日投開票」の流れ。

小池東京都知事が希望の党を作ったかと思ったら、苦戦が予想される民進党、自由党がこぞって「うちも希望に入れてくれ」と。

安倍首相の突然の解散劇に、中央政界は与党野党を問わずのドタバタ劇を展開中。

そんな国政での騒ぎの傍ら、小池都知事の本職たる東京都議会での定例本会議が始った。

都民ファーストからは新人を含めて8名が質問に立つ。

その中の1名(木下ふみこ都議)、親しい友人が鮮烈な都議会デビューを飾った。

画像右側の小池さん、心配なのかカラダを向けて壇上の木下をみている。

高校までは名古屋。

今も実家は名古屋にある新人都議。

今年の正月も親しい仲間で新年会をやった仲だ。

Photo_2


大手広告代理店の博報堂でバリバリにプレゼンしていた女性。

それだけに、どんな場面であっても堂々の立ち居振舞は見事だ。

小池さんからの信頼も他の新人議員とは、2枚も3枚も厚い様子。

春先から夏に吹き荒れた、テレビ新聞での東京都議会の話題は今は皆無。

それでもドッコイ、国政の陰に隠れて少しずつ変化が起きているみたい。

都民ファースト、希望の党についてはナニも知らないが、実力のある人間が政治に関わっていくことには大賛成だ。

親しい仲間が活躍している事は誇り。更なる活躍を期待してます。



*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

メディアの使い方をご存じのようだ。さすがはキャスター出身の小池都知事。

画像引用 毎日新聞社より引用

Photo



さすがはキャスター出身の小池都知事

メディアの使い方をよくご存じのようだ。

安倍首相の解散会見の直前に政党の旗揚げとは・・・

安倍首相にとっては、まるでトンビに油揚げをさらわれたかのような奇襲作戦。

小池都知事、噂どおりナカナカの戦略家のようだ。

昨日夕方、安倍首相は首相官邸で記者会見し、28日召集の臨時国会冒頭で衆院を解散する意向を表明した。

選挙は「10月10日公示・22日投開票」の日程で実施される見通し。

夕方からの安倍首相の会見に照準を合わせたかのように、昨日午後から小池百合子東京都知事が都庁で記者会見。

今ひとつ盛り上がりに欠けていた若狭さん&細野さん主体の新党構想をリセット。

私自身が立ち上げ、しっかりと旗を掲げる」と、小池都知事は新しい国政政党「希望の党」の結党と党代表への就任を表明した。

目指すところは「保守改革政党」。

次の衆院選では全国で候補者を擁立する模様。

小池都知事になってからの都政の成果はハッキリしないが、一点だけブレないのは、小池さんは根っからの保守政治家という点。

国会議員時代の質問を詳しく調べると、筋の通った保守政治家にみえる。

希望の党が出来る事で自民党にも民進党にも入れたくないし、それでも共産党には抵抗があるという有権者達にとっては好都合。

次期衆院選挙、自民党と民進党が議席を大幅に減らすことは既定路線。

改憲保守の希望の党が躍進する事で、一旦は遠のいたと思われていた憲法改正が実はぐっど現実味を帯びてきた感じもする。

どっちにしても民進党終了の流れだけは変わりそうにない。

どうやら、管理人の知人も愛知県内で小池さんのところから出るみたい。

河村たかし名古屋市長ではありません。河村市長は多分出れないかと。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

アノ吊り上った眉毛が好きだったフェチもいた筈だ。豊田真由子衆院議員が公の場に復帰

画像引用 産経新聞社より引用

Photo_2


画像引用 日刊工業新聞社より引用

2



あの山のカタチしてた眉毛がないぞ。

とても同じ人には見えない。

秘書への「この、ハゲ~っ!」で一躍時の人となった豊田真由子衆院議員。

そんな豊田議員が「この、ハゲ~っ!」の騒動後、約3カ月ぶりに公の場に復帰した。

管理人も17日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー」は、興味深く見ていた。

特徴的だった眉毛も山が無いし、短く切った髪型と黒のスーツ姿はまるでお通夜帰りの親族の雰囲気。

騒動以後、よほど精神的に堪えたのか彼女の表情には、かっての「獲物を襲うような眼つき」は無かった。

東大法学部卒業、米ハーバード大学大学院修了の超エリート才女。

そして国会議員の世界へ。

トントン拍子の出世絵巻を見ているような彼女の半生。

今回の番組を見ていて感じた事は3つ。

1 仕事は真剣にやっていた。

2 スタッフへの配慮は不足。

3 本人自身のメンタルの弱さ。

「この、ハゲ~っ!」の暴言は救いようがないが、仕事はデキるタイプの議員さんみたい。

無所属での選挙戦は厳しいかと思いますが、もう一度チャンスをあげても良いような。

決めるのは選挙区の有権者の皆さん。

早期の解散決定みたいなので、引き続き豊田議員の行く先はチェックして行きたいと思う。

あと、コッソリ録音してた元秘書さんも。

余計なお世話ですが、本来なら守るべき議員の秘密を暴露しちゃってる訳だし、この元秘書さんを雇い入れる勇気ある議員が出てくるとは思えない。

議員さんに関わらず、カッとなっての一言にはくれぐれも注意が必要です。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

1人や2人、影武者がいても不思議ではない

画像引用 毎日新聞社より引用

Photo


ロシアは拒否すると思ったけど・・・

意外。

北朝鮮による6回目の核実験に抗議して、国連安全保障理事会(15カ国)は、新たな制裁決議案の採決を行った。

米国の説得に中国は賛成すると思っていたが、ロシアまで賛成に回るとは意外。

15カ国の全会一致で採択された。

原油輸出の全面禁止はやっぱり無理みたいで、北朝鮮向け原油輸出は現状規模を超えない範囲での玉虫色の決着。

反対に北朝鮮からの主要輸出品である繊維製品については、輸入を全面禁止に。

北朝鮮に対する制裁決議は今回で9回目。

それでもドッコイ、しぶとく核開発と弾道ミサイルの開発を続ける北朝鮮。

国境を接する中国とロシアからすれば、完全な経済封鎖をすれば大量に北からの難民流入は必至。

「北がどうなろうが構わないがソレは困る」、中国ロシアの思いは強いようだ。

国連制裁をオトナシク受け入れるような、そんなお利口さんとは違う北の若き指導者。

懲りずにまた撃ってきそう。

核とICBMだけを先行させる独裁政治。

北の国民も本音ではどう見ているのであろうか?

米国と北朝鮮との全面ガチ戦争よりも、内部崩壊の方がひょっとしたら早く訪れるのでは・・・

制裁後のカリアゲ指導者の動向が気になるところだ。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

流行語大賞に2年連続でトップテン入りか? さすがは山尾志桜里議員お見事です。

画像引用 文春オンラインより引用

Photo


昨日7日発売の週刊文春で既婚弁護士との不倫疑惑が報じられたことを受け、早くもトカゲの尻尾きり。

民進党の山尾志桜里議員が大島敦幹事長に離党届を提出。

惜しいなあ。

山尾さんが幹事長になった後に不倫交際疑惑が出れば、もっと面白かったのにね。

文春があと1週間遅く出してくれたら良かったのに。残念。

お相手とされる男性弁護士のアウディ―助手席。

テカテカの顔して嬉しそう助手席に座る山尾議員のご尊顔。

こんな写真、見たくないだろうな旦那さんも子供も。

まあ、他人様の事なんで放っておこう。

今回の騒動で気になったのは新聞各社の見出し。

記事見出しに「不倫」と付ける新聞社もあれば「交際問題」と書いてるとこも。

中には原因をスルーして単に「離党届」だけの社もある。

が、読売新聞のように「男女の関係ない」なんて、生々しく書いてる社もあって面白い。

見出しひとつでも、新聞各社の政治スタンスが色分けされている。

読売新聞 民進・山尾氏が離党届提出…「男女の関係ない」

産経新聞 民進・山尾志桜里氏が離党届提出 週刊誌「不倫報道」で

朝日新聞 民進・山尾氏が離党届提出 既婚男性との交際問題報道で

毎日新聞 山尾氏が離党届 週刊誌報道「党に迷惑かける」

日経新聞 民進・山尾氏が離党届、週刊誌報道で 新体制に打撃

中日新聞 交際報道の民進・山尾氏が離党届 前原新体制に打撃

山尾さんの選挙区は愛知7区。

女性有権者の支持を激減させそうなんで、次はダメだろうね。

無所属なんで比例の復活当選もムリ。

対立候補の自民党・鈴木じゅんじ議員、次は選挙区で勝てるでしょう。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

チクったのは蓮舫さんか、それとも辻本さんか? 不倫バレた文春死ね!山尾さんが呟いていそうだ

画像引用 Share News Japanより引用

*目線は管理人による。

Photo


昨年、政治資金のガソリン代疑惑に加え、「保育園落ちた日本死ね」で、一躍、時の人となったイケイケ山尾志桜里議員

そんな山尾議員に急転直下の大ブーメランか。

論客らしく攻撃は得意だが、撃たれると弱いのはさすが民進党の先生。

すでにマスコミ発表していた、前原新体制における民進党の党人事での目玉。

新幹事長になる予定だった山尾志桜里議員の線がチャラ。

党内から経験不足の批判もあったものの、多分、本当の理由は不倫スキャンダルと同僚議員からの嫉妬っぽい。

山尾議員本人もやる気を見せていた幹事長職が、手からスルリと逃げて行った。

山尾さん、今頃、「幹事長落ちた民進党死ね」とか「不倫バレた文春死ね」とかブツブツ呟いていそうだ。

昨日あたりからネットで流れていた、山尾議員とK弁護士さんとの不倫スキャンダルの噂。

どうやら本物っぽいらしい。

明日発売の週刊文春に記事が出るそう。

決して不倫を肯定する訳ではありませんが、芸能人や政治家の不倫話なんてどうでもいいわ。

近所の噂話好きなオバちゃん連中とおんなじ。

弾道ミサイル発射に水爆実験と、北のカリアゲ将軍が世界を相手にムチャ振りにしてる最中。

今まさに第2次朝鮮戦争、いや第3次世界大戦に繋がる緊張状態にあるというのに・・・

私たちニッポンはどこまで行っても呑気で平和な国だ。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

こんなの夜みたら心霊写真だろう。ソウル市内を循環するバスの座席に少女像

画像引用 朝日新聞社より引用

Photo


北朝鮮がグアム沖に弾道ミサイル4発を発射するよの計画を公表してから、米国と北朝鮮との間で始ったギリギリのチキンレース。

ひょっとしたら「発射するかも?」と危険視されていた昨日15日も、ナニゴトもなく平穏のまま。

さすがにグアム沖へのミサイル実験は、もし、北が発射したら第2次朝鮮戦争に発展する可能性も高いだけに個人的にはナイと思いたい。

「思いたい」と無責任な事ではなく、北朝鮮と絶えず緊張関係にある韓国の国内ニュースを見るかぎり、北の発射可能性は低いと感じている。

北朝鮮がイザ事を構えたら、真っ先に戦場となる可能性が高い韓国での日常は相変わらずのコレだし、心配する必要も無さそう。

なんでも、韓国はソウル市内を循環するバスの座席に、慰安婦問題を象徴する少女像のプラスチック製レプリカが設置されたらしい。

写真で見たところデキぞこないの安っすいマネキン人形。

こんなのを市バスに乗せて走る感覚自体がすでに理解できない。

が、さらに驚くのは市長の行動。

ワザワザ、座席に座った少女像を視察するために公務でバスに乗り込んだらしい。

韓国の政治指導者に共通するのは、暇があっても無くても口にする事と行動といったら相変わらずの「反日活動」。

さすがは1000年経ってもニッポンを恨むと公言するお国。

たかだか戦後72年では腹の虫が治まらないようだ。

説明が逸れたが韓国の動きをみる限り、北朝鮮がグアム沖に弾道ミサイルを飛ばす実験はないとみるのが冷静な見方かと思う。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

今回の内閣改造でスッキリしないのは1つだけ。第3次安倍第3次改造内閣の顔ぶれ

画像引用 NHKより引用

Photo


つい春先まで強気発言の目立った安倍首相が、会見冒頭に何秒も頭を下げている。

演出といえどもインパクトは大きかった。

森友学園、加計学園、防衛省の日報問題でそれまでの安倍一強が激変、支持率急降下を受けての内閣改造だけに感心を持つ国民もきっと多いはず。

組閣の顔ブレを見る限り、前内閣よりは確実に本職をこなせる大臣がちゃんと就いたなの感想。

特に法務大臣の上川陽子、防衛大臣の小野寺五典あたりは、その道のプロが再度大臣に戻ってきたことで失われた信頼回復に期待が持てそう。

今回の内閣改造でスッキリしないのは1点。

新たに外務大臣に就いた河野太郎。

河野太郎大臣じたいには悪い印象はないが、実父は保守系ネット民からは「悪の権化」の象徴たる河野洋平・元自民党総裁。

韓国と揉めている「慰安婦像」も元を辿れば、河野洋平氏が官房長官時代に発表した「河野談話」が始まり。

これが国内外に「日本政府が公式に慰安婦の強制連行を認めた」という誤解を拡散。

河野談話を機に世界各地で慰安婦像が作られる論拠となった。

元々、「強制連行」の文言は無かったにもかかわらず、洋平氏が談話発表に際し、独断で、「そういう事実があったと」と答えのがきっかけ。

外務大臣に就任した河野太郎外相、息子と親は違うと言えばそれまでだが・・・

オヤジがオヤジなだけに一抹の不安が残るのも確か。

第3次安倍第3次改造内閣の実力と今後の行方、河野太郎外相の発言がカギになりそうな予感がする。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧