経済・政治・国際

2017年8月16日 (水)

こんなの夜みたら心霊写真だろう。ソウル市内を循環するバスの座席に少女像

画像引用 朝日新聞社より引用

Photo


北朝鮮がグアム沖に弾道ミサイル4発を発射するよの計画を公表してから、米国と北朝鮮との間で始ったギリギリのチキンレース。

ひょっとしたら「発射するかも?」と危険視されていた昨日15日も、ナニゴトもなく平穏のまま。

さすがにグアム沖へのミサイル実験は、もし、北が発射したら第2次朝鮮戦争に発展する可能性も高いだけに個人的にはナイと思いたい。

「思いたい」と無責任な事ではなく、北朝鮮と絶えず緊張関係にある韓国の国内ニュースを見るかぎり、北の発射可能性は低いと感じている。

北朝鮮がイザ事を構えたら、真っ先に戦場となる可能性が高い韓国での日常は相変わらずのコレだし、心配する必要も無さそう。

なんでも、韓国はソウル市内を循環するバスの座席に、慰安婦問題を象徴する少女像のプラスチック製レプリカが設置されたらしい。

写真で見たところデキぞこないの安っすいマネキン人形。

こんなのを市バスに乗せて走る感覚自体がすでに理解できない。

が、さらに驚くのは市長の行動。

ワザワザ、座席に座った少女像を視察するために公務でバスに乗り込んだらしい。

韓国の政治指導者に共通するのは、暇があっても無くても口にする事と行動といったら相変わらずの「反日活動」。

さすがは1000年経ってもニッポンを恨むと公言するお国。

たかだか戦後72年では腹の虫が治まらないようだ。

説明が逸れたが韓国の動きをみる限り、北朝鮮がグアム沖に弾道ミサイルを飛ばす実験はないとみるのが冷静な見方かと思う。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

今回の内閣改造でスッキリしないのは1つだけ。第3次安倍第3次改造内閣の顔ぶれ

画像引用 NHKより引用

Photo


つい春先まで強気発言の目立った安倍首相が、会見冒頭に何秒も頭を下げている。

演出といえどもインパクトは大きかった。

森友学園、加計学園、防衛省の日報問題でそれまでの安倍一強が激変、支持率急降下を受けての内閣改造だけに感心を持つ国民もきっと多いはず。

組閣の顔ブレを見る限り、前内閣よりは確実に本職をこなせる大臣がちゃんと就いたなの感想。

特に法務大臣の上川陽子、防衛大臣の小野寺五典あたりは、その道のプロが再度大臣に戻ってきたことで失われた信頼回復に期待が持てそう。

今回の内閣改造でスッキリしないのは1点。

新たに外務大臣に就いた河野太郎。

河野太郎大臣じたいには悪い印象はないが、実父は保守系ネット民からは「悪の権化」の象徴たる河野洋平・元自民党総裁。

韓国と揉めている「慰安婦像」も元を辿れば、河野洋平氏が官房長官時代に発表した「河野談話」が始まり。

これが国内外に「日本政府が公式に慰安婦の強制連行を認めた」という誤解を拡散。

河野談話を機に世界各地で慰安婦像が作られる論拠となった。

元々、「強制連行」の文言は無かったにもかかわらず、洋平氏が談話発表に際し、独断で、「そういう事実があったと」と答えのがきっかけ。

外務大臣に就任した河野太郎外相、息子と親は違うと言えばそれまでだが・・・

オヤジがオヤジなだけに一抹の不安が残るのも確か。

第3次安倍第3次改造内閣の実力と今後の行方、河野太郎外相の発言がカギになりそうな予感がする。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

トップ当選か!!ツレが都議会議員になっちゃいまして・・・

P_20170701_193220


画像の右端が本人。

小池都知事率いる、都民ファーストの会の圧勝に終わった東京都議会の議員選挙。

とても親しい友人がナニを考えたのか、突然の立候補。

それも色々と話題になっている板橋区での立候補。

選挙最終日、1日だけ朝から選挙期限の夜8時まで、本人と一緒に選挙区内を回ってきた。

当選したのは都民ファーストの会の木下ふみこ候補。

おなじナゴヤ人。

実家は名古屋で大学から東京に行った才女だ。

今年3月の半ば、本人から都議会議員選挙に小池さんの都民ファーストから出ると。

突然の出馬話しを聞いてビックリ仰天。

親しい仲間4人だけでやっている忘新年会。

昨年ラストの忘年会、今年最初の新年会の時には、そんな話題は何一つ出ていなかったので本当にビックリ。

選挙最終日のたった1日だけの応援だし、管理人も選挙はズブの素人。

きっと、木下ふみこ選挙スタッフからも客人扱いされると思っていたら大間違い。

朝から2時間電話掛け、その後、候補と合流して選挙区内を最後のお願いまわり。

まさか一番大事な最終日に、候補と行動を一緒にするとは思ってもみなかった。

バリバリのキャリアウーマンで頑張ってきた彼女。

議会でも即戦力で活躍して欲しいと願っています。祝

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

39歳で大統領は凄い。加えて「孫」が既に7人もいる事も地味にスゴイ話だ

画像 トランプの世界より引用

Photo


ルペン氏が接戦かと、やたらと不安を煽っていたマスコミの期待とは裏腹に、フランス大統領選は予想どおりマクロン前経済相が勝利する流れ。

メディア的には先の米国大統領選挙、トランプさんの二番煎じを密かに期待していたものの、あっさりマクロンさんの勝ち。

仮にも極右政党ルペンさんが勝っていたなら、きっと神妙な面持ちで「今後のフランス、EUの方向性が心配です」と口を揃えて話していたに違いない。

報道ステーションの後藤謙次や、NEWS23の雨宮塔子なら間違いなくそう言ってた筈。

ちょい株オヤジの管理人にとっても、市場の混乱もなく順当な流れにひとまずホッとしたのも確か。

39歳の若さにもビックリだが、政治家になって僅か3年足らず大統領にまで登りつめたマクロンさんって、どんな人物なのか。

頭の良い単なるエリート銀行マンではなくて、私生活面でも激しい行動を征してきた人柄みたい。

24歳も年上の姉さん女房ブレジットさんは高校時代の恩師。

高校生のマクロンさんが恋に落ち、家族の反対を押し切って29歳で結婚したらしい。

ブリジット夫人との間に実子はないが、夫人と前夫との間には3人の子供がいる。

39歳で大統領は凄い。加えて、血縁のない「孫」が既に7人もいる事も地味にスゴイ話だ。

どうでもいい話しだが、姉さん女房とパッと見、元中日ドラゴンズ落合監督の奥さん、落合信子夫人を久しぶりに思い出した。

ところで、長男の福嗣君、今頃なにをやってるんだろう?


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年4月26日 (水)

本音とタテマエと今村復興大臣

画像引用 朝日新聞社より引用

Photo


本音とタテマエ、私たち一般人が口にするのは仕方ないとしてもソコは政治家。

それも東日本大震災の復興を陣頭指揮する復興大臣の発言としては、やっぱりアウト。

自民党二階派パーティーで東日本大震災の被害に関し、「まだ東北で良かった」と配慮の欠ける発言で今村大臣がまたしても炎上。

二階堂幹事長、安倍首相も面前での今村発言に、さすがの安倍首相も劇オコ&陳謝の流れ。

カタチ的には今村雅弘復興相からの辞任だが、事実上、官邸からの更迭のもよう。

まあ、今村復興相の発言が全体を聞けば悪意のない事実だとしても、被災者の感情や自身の立場を考えれば不適切なコトバであった事は確か。

私たち日本人の根底に横たわる「本音とタテマエ」の使い分け。

完璧に使い分けがデキるのが政治家の資質。

その意味では政治家向きの性格ではなさそう。

一転、激しい言葉とは裏腹にネクタイの趣味は尖っていない。

多分この人、根っからの悪人ではない筈。

政治家、大臣としての資質には疑問も残るが、ネクタイの趣味から判断して人としては正直な人なのかもしれない。

*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

共通するキーワードは2つ。ヘンな髪型と無慈悲なまでに強い独裁

画像引用 ハフィントン・ポストより引用

Photo


米国トランプ大統領と、北朝鮮の金正恩最高指導者とのチキンレースが止まらない。

金氏については肩書が沢山ありすぎるので、北朝鮮の最高指導者としておく。

いよいよ緊張関係の高まっている両国にも関わらず、またかの弾道ミサイルの発射実験。

米軍発表では、どうやら今回の実験は発射直後に爆発しての失敗だったとの事。

南シナ海に展開中の圧倒的な戦力の米国海軍を相手に、北朝鮮の挑発が止まらない。

世界の安定を揺るがす北朝鮮の行動には、非難の言葉しか見つからない。

それでも、米国相手にここまで挑発できる能天気なハッタリには恐れいる。

本気で米国からの攻撃は無いと信じているのであろうか?

米国トランプ大統領と、北朝鮮の金正恩最高指導者に共通するキーワードは2つ。

1つはヘンな髪型。

そして2つめは無慈悲なまでに強い独裁制。

1つめの髪型は個性なので当然に自由だ。

しかし、強い独裁制だけは行き過ぎると悲しい結末しか残らない。

いい加減に核を捨てて、自国民に美味い飯でも配ってあげれば。

きっと、管理人だけでなくアジアの誰もがそう思ってるに違いない。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

最低限の知識だけは知っておいて損はない。内閣官房国民保護ポータルサイトより

画像引用 内閣官房国民保護ポータルサイトより引用

1


2



「まさか」とは思うが、トランプ大統領なら突然やり始めても、不思議ではない雰囲気が怖い。

米国のトランプ政権が北朝鮮に対して、武力行使を排除しない姿勢を強調。

ハッタリなのか本気なのか?

若きカリアゲ将軍を威嚇するかのように、北朝鮮の近くに空母を動かしているみたいだし。

まさか、直接、北からミサイルが飛んで来るような心配まではしていないが、日本国内に多数潜伏している工作員によるテロ活動は心配だ。

これまで、地震等の災害に関しては防災準備はしてきた。

が、テロ対策についてもまったく。

防災準備と同様にテロ対策についても、最低限の知識だけは知っておいて損はない。

内閣官房国民保護ポータルサイト
http://www.kokuminhogo.go.jp/

万が一、武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生したと認められる地域にはこんなサイレン音で注意喚起が図られるらしい。

サイレン音
http://www.kokuminhogo.go.jp/arekore/shudan.html#siren

これまでも何度か朝鮮半島の緊張が高まったが、今回は妙に嫌な予感がして怖い。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

けっして下品な顔立ちではない。ただ、セレブお嬢様にも見えない。

画像引用 日経新聞社より

Photo


大変に無礼な書き方をお許し願いたい。

けっして下品な顔立ちではない。

ただ、お金持ちのセレブお嬢様にも見えない。

少し品のいい、一般的な女性の顔立ちと風貌にみえる。

収賄で大金を懐にポッポして、毎日毎夜、贅沢三昧な生活を過ごしてきたような風に見えないのも確か。

それでも、贈賄した側の人間も逮捕起訴されているし、渡した方がいて貰った方がいて初めての贈収賄。

シンプルにそう考えると、前大統領の朴槿恵さんもやっぱり怪しい。

近くて遠い国、韓国検察は収賄容疑などで、前大統領の朴槿恵容疑者を逮捕しソウル拘置所に収容した。

韓国で大統領経験者の逮捕は盧泰愚氏、全斗煥氏以来で3人目。

朴前大統領が容疑を否認している事から、ソウル中央地裁は「証拠隠滅の懸念がある」として逮捕状を発付した様子。

一国の最高指導者たる大統領の立場から一転、囚われの身となる流れ。

良くいえばダイナミック、悪くいえば無茶苦茶。

逮捕容疑が確かなら逮捕は立派だし、無実での逮捕ならマジに恐ろしい国となる。

1つだけハッキリしている事は今回の朴槿恵容疑者で、次の韓国政権が反日強硬派の政治姿勢に向かう事だけ。

森友問題で日本の国会もカダガタ。

カリアゲ将軍様の北からは景気よくミサイルが飛んで来てるし。

加えて前大統領の朴さんは容疑者に落ちてるし。

不謹慎な仮定ですが、このタイミングで韓国と北朝鮮間で朝鮮戦争でも起きたとしたら・・・

年度末の3月末、日本も韓国も北朝鮮も大きく国が揺れています。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

森友問題が、ナゼ、開校直前のこの時期に発覚して大きな問題に発展していったのか? そこが一番ナゾだ

画像引用 毎日新聞社より引用


Photo


テレビで中継を見てるだけでは、人相的に籠池さんが心底悪い人間には見えないんだが・・・

衆参両院での鋭い質問に1人で受けて立つ格好での証人喚問。

普通の人間なら緊張でオシッコ漏らしてもおかしくない。

とても管理人では、あんな堂々とした受け答えは出来ない。

約1ヶ月もムダに国会質疑が続けられ、ついに籠池泰典元理事長の証人喚問にまで進んだ森友学園問題
昨日の証人喚問をみると大きく論点は3つ。

1 寄付金を貰った渡してない。

2 政治的な関与があったの無かったのか。

3 加えて、松井大阪府知事がハシゴを外したのか、自らハシゴから落ちたのか。

午前と午後、チラチラと国会中継を見ていたが、籠池さんの証言がウソか本当かはまったく判断できず。

堂々とした口ぶりと落ち着いたモノ言いなので、不快な印象や怪しい雰囲気はさほど感じなかったのは確か。

むしろ想像していた以上に表現力が豊か。

的確かつ短答に応える言葉使いは、不必要に助長な国会議員の質問より頭の良さを想像させた。

中継を見ての結論。

どっちがウソつきかは管理人には分からなかった。
それ以上に森友問題が、ナゼ、開校直前のこの時期に発覚して大きな問題に発展していったのか?

そこが一番の疑問点でもある。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

今日は仕事に行きたくない

Photo


今日は仕事に行きたくない。

きっと朝からそう思っていたに違いない。

宮崎県日南市の崎田恭平市長(37)が昨年12月、LINEで送ったメッセージが大騒動に。

なんでも、インフルエンザで体調を崩した女性職員に向けて送ったつもりが誤送信。

「会いたかった」「変わってあげたい」なんてハートマーク入りのメッセージを、誤って市職員に一斉送信してしまったから大変だ。

そのライン画面がインターネット上に拡散。

今月になって市民から問い合わせが続き、ついにニュースでも大きく取り上げられることになった。

崎田市長によれば、セクハラでもパワハラでもないとの事。

まあ、市長の立場からすればそう言わざるを得ないのは分かる。

えりと会いたかったなフフ」って・・・

じゃあ、このメッセージは何だった? 

あと、余計なツッコミですが「変わって」ではなく、「代わって」が正しい使い方かと。

渦中の崎田市長は既婚。

部下が育児と仕事の両立ができるような職場環境作りに取り組む、「イクボス宣言」を行った市長としても有名な人だ。

そういえば、ちょうど去年の今頃も「育休宣言」した宮崎謙介国会議員がゲス不倫で叩かれてた。

まあ、市長といっても1人の男性。

自己責任での私生活に周りがとやかく言う事もない。

但し、自腹切ってが大原則。

不倫相手だと噂される女性職員と公費で付き合っていたとなると話しは別だ。

大切な税金から秘書名目で2人だけでの出張とか、それは市民が納得しないでしょう。

気になるのは画像流出の過程。

何か月か過ぎた今頃になっての大騒ぎ。

4月にある日南市の市長選挙にも直結するだけに、裏に関係者たちの大きな思惑がある事だけは確かみたい。


*****2つのランキングにエントリー中*****

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

追記 facebookもやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧