« 流行中のソロキャンプ・テント泊デビュー | トップページ | 台風くるの多すぎ »

2018年8月22日 (水)

大阪桐蔭も金足農業の選手もよく戦った

画像引用 中日新聞より引用

Photo


野球に疎い管理人が見ても分かる、金足農業・吉田輝星投手の疲れ。

夏の甲子園決勝戦は13-2の大差で、大阪桐蔭(北大阪)が金足農業(秋田)を破って、史上初となる2度目の春夏連覇。

野球ツウの人が見れば、多分、順当な結果だったに違いない。

どちらにしても、大阪桐蔭も金足農業の選手もよく戦ったのは確か。

素晴らしい熱闘はさすが決勝戦。

ひとつ気になったのは試合後の閉会式での「講評」。

大会審判委員長でもあるエライ人、高野連会長の八田英二氏の発言だ。

「秋田大会から1人でマウンドを守る吉田投手を、他の選手が盛り立てる姿は、目標に向かって全員が一丸となる、高校野球のお手本のようなチームでした」

まあ、「青春」とか「必死」とか「気合い」とか、そんな昔カタギの高校野球・甲子園の偶像からすれば、八田会長の発言は納得の講評。

ただ、管理人のように斜め目線の人間からすると、本当にそんな美談なのか?

赤ら顔でマウンドに立つ吉田輝星投手を見て、疲労感ヤバいの印象。

選手層の薄い公立高校で甲子園で戦おうとすれば、1人の選手に負担が重くなるのは仕方がない。

それでも、感動づくりのために選手が犠牲となる流れはNG。

ジジイ連中が牛耳る高野連のエライ人たち。

完全にアウトでも頭から滑り込みとか、肩が壊れるまでの熱投が、きっと彼らにとっては胸熱の光景なんだろう。

両校ほか、すべての選手と応援サポーターさんお疲れ様でした。


今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 流行中のソロキャンプ・テント泊デビュー | トップページ | 台風くるの多すぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪桐蔭も金足農業の選手もよく戦った:

« 流行中のソロキャンプ・テント泊デビュー | トップページ | 台風くるの多すぎ »