« 遺憾、遺憾はもう聞き飽きた | トップページ | 32歳でちゃんこ屋開業は早すぎる。どうか良い師匠になって欲しい »

2019年1月15日 (火)

保守的なトヨタにしては相当にチャレンジした1台。5代目新型スープラ

画像引用 ねとらぼわり引用

Photo


保守的なトヨタにしてはこの車は相当にチャレンジした1台。

米国で開催中の「デトロイトモーターショー」に市販モデルの新型スープラを初披露。

2002年の80型スープラの生産終了から17年、ついに復活する新型「スープラ」。

生粋の車好きで有名な豊田章男社長だからこそ復活した1台ともいえる。

車の運動性能を大きく左右する前輪と後輪との長さ、いわゆるホイールベースは2回り小型の「86」よりも100mm短い2470mm。

後ろのシートを取っ払った2シーター。

後席がない分だけ思い切ったホイールベース長を実現した。

外形は典型的なロングノーズショートキャビン。

イカツイ顔にプラス車幅も相当にあるだけに、バックミラーに映ったら思わず道を譲ってしまいそうな雰囲気。

気になるのは価格。

タダでさえ車の売れない今の国内販売状況。

加えて、車に全く興味を持たない若い世代の増加。

どう考えても国内販売は、中高年世代の頑張りがあっても先行きは暗い。

ここまで攻めた5代目スープラの販売主体は米国。

せっかく17年ぶりの復活だが、多分、次のモデルの計画はなさそう。

4代目スープラにプレミア価格が付いたように、5代目も将来的に財テク商品の対象に化ける可能性も捨てきれない。

色んな意味で注目を集める1台である事は間違いない。

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 遺憾、遺憾はもう聞き飽きた | トップページ | 32歳でちゃんこ屋開業は早すぎる。どうか良い師匠になって欲しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保守的なトヨタにしては相当にチャレンジした1台。5代目新型スープラ:

« 遺憾、遺憾はもう聞き飽きた | トップページ | 32歳でちゃんこ屋開業は早すぎる。どうか良い師匠になって欲しい »