« 骨組みだけにも関わらず凛として建っている姿があまりに悲しい | トップページ | 名古屋市中区・日本料理 荒木 »

2019年11月 5日 (火)

過去一番の積み忘れ

P_20191103_131036

P_20191103_154719_20191105090301
P_20191103_144944
P_20191103_175423

P_20191103_170716
P_20191103_181254
P_20191104_073843_20191105090501
P_20191104_073650

 

キャンプ場で助かった。

もし、野営ならあえなく撤退の状況だった。

キャンプ場の管理人さんには私服を2枚。

キャンプ場からは包丁とライターと毛布をレンタル。

お隣、初対面のソロキャンさんからご好意で割り箸を2膳頂戴。

防寒着等の入ったリュックとライター等の入った火遊び&ナイフお箸セットを積み忘れ。

多くの積み荷の中、押入れから出したまま玄関に移動し忘れた模様。

細々したキャンプ道具をまとめて放り込んである大きな奴。

アレを忘れたコレを忘れたがないようにと、道具を詰め込んでおいたのが裏目。

目立つ大きな白いコンテナー。

忘れる筈のない奴なのに・・・それを忘れる大失態。

ほろ苦い3度目の飯地高原自然テント村。


今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 骨組みだけにも関わらず凛として建っている姿があまりに悲しい | トップページ | 名古屋市中区・日本料理 荒木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 骨組みだけにも関わらず凛として建っている姿があまりに悲しい | トップページ | 名古屋市中区・日本料理 荒木 »