« 職業恐妻家・木下博勝医師 | トップページ | ゆく年くる年2019年・パート1 »

2019年12月25日 (水)

あの判断で良かったのか?

画像・無料のシルエットイラストより。



Photo_20191225091701


5ヶ月経っても、いまだに迷うところ。

「お見舞いは皆さんお断りしてるから」

病床で見られたくない気持ちも分かるし、高田さんの言葉を尊重したけど・・・

たとえ5分でも顔を見にいけば良かったのかな?

6月後半に入院を聞いて僅か3週間で。

あれから5ヶ月、今でもあの判断で良かったのか迷う。

最期にお会いしたのは確定申告明けの3月の半ば。

2月に来てくれたライブへのお礼を言いつつ、居酒屋で互いの近況報告を。

一回り歳上でカラオケ好きだった高田さん。

公務員を定年退職。

生真面目な性格が僕はとても好きでした。

6月後半に7月にやるライブ案内をしたところ、折り返しで電話がかかってきた。

なんでも、4月に体調を崩され5月に精密検査。

診断は胃ガンでのステージ4。

5月半ばから入院していたと電話口から。

まったく自覚症状もなく、4月にはお孫さんをつれて元気に北海道旅行にも行って来たと。

ステルス性の胃ガンだったとも。

毎年のおやじ2人での忘年会も1人ではできません。

合掌


今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

追記 facebookもやっています

|

« 職業恐妻家・木下博勝医師 | トップページ | ゆく年くる年2019年・パート1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 職業恐妻家・木下博勝医師 | トップページ | ゆく年くる年2019年・パート1 »