« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月28日 (金)

新型コロナウィルスとの戦争とみれば有事

画像引用 読売新聞より引用

Photo_20200228092701



突然の臨時休校要請に戸惑うのは当然だ。

やらなきゃあ「対応が後手だ後手だ」と叩かれるし、やったら「行き当たりばったりの独断だ」と非難される。

安倍さんも気の毒といえば気の毒

昨日27日、安倍晋三首相からコロナウィルス感染拡大の予防に向け、全国すべての小中高校と特別支援学校について、3月2日から春休みに入るまで臨時休校するよう要請が出された。

学年末のこの時期に突然出された全国臨時休校のお触れ。

保育園と学童保育(放課後児童クラブ)は、休校対象ではないとの事。

突然すぎるの非難が出るのは当然。

それでも、今の状況を新型コロナウィルスと戦う戦争とみれば有事。

このまま感染拡大して感染者や死亡者が増え、国民生活や日本経済が破綻する敗戦状況を避けるためには、我慢が必要との理由にも一里ある。

それでも、全国一律の臨時休校には違和感がある。

特に2月や3月の時季といえば卒業式シーズン。

一度しかない大切な卒業式が、休校要請で中止になってしまうのは可哀そうだと思う。

今回の要請で気になったのは1点。

小中高校と特別支援学校は休みでも、保育園と学童保育は休みではない点。

単純に学校に行けない子供たちが集中するような感じもするが・・・

こっちで集団感染するリスクも低くない。

それ以上に休校を「お休み」と勘違いしたDQNな子供たちが、イオンやドンキーでたむろしないか?

安倍首相の臨時休校の要請、加えて自宅待機を原則としないとザル要請の気がする。

首相の要請といえども法的根拠はなし。

判断は都道府県の教育委員会に丸投げ。

現場の学校や先生たちの大混乱だけは容易に想像できる。

3月以降が感染拡大の本番のような流れ。

日本だけじゃなくて地球規模で大変な問題になってきた。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2020年2月26日 (水)

炭焼きさわやか・新居湖西店

P_20200223_110844



確定申告突入で連日ハードに仕事に追われる身。

曜日の感覚が薄い中、カレンダーを見ると土曜日から月曜日まで赤い数字が並んでいた。

さすがに日曜日は仕事したくない。

貴重なお休みの1日。

早起きして浜名湖までドライブいこ。

P_20200223_133639_1_1



ハンバーグが超美味しいと噂のお店に行くのが主目的。

目指すは静岡で人気の「炭焼きさわやか

このお店は予約NG。

予約の代わりに、入口にある発券機で「順番待ち番号券」を受け取るスタイル。

開店は11時だが発券機は10時から動くらしい。

行きの道は渋滞もなく9時40分に現地到着。

それでも、すでに発券を待つ先客が入口に立っていた。

P_20200223_100218


ネット情報では「さわやか」のハンバーグは、焼き加減が超レアで肉汁がジュワーと流れ落ちる。

そんな口コミを目にしていたが意外にも食感は硬め。

肉汁ジュワーを期待していたがソレは無かった。

脂身が少ないのか口の中に脂クドサは残らない。

P_20200223_110736


さすが、名古屋にも美味しいの噂が届くだけの味に偽りはなかった。

早起きして遠出した甲斐あり。

僕らはクルマの中で順番待ちして、正味1時間待ちで食べられた。

食後に発券機を見たらビックリ!!

なんと136分待ちの状態だ。

P_20200223_113508



味はモチロン、接客サービスもとても丁寧なお店で人気化するのが分かるお店だった。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

中江滋樹ってアノ中江滋樹か?!

画像引用 肉ネムさんより引用 

Photo_20200221090501



中江滋樹ってアノ中江茂樹か?!

バブル世代を肌で感じた50代以上の読者さんなら、中江滋樹の名前にはピーンと来るはず。

マスコミからは兜町の風雲児とも呼ばれ、株の投資話をエサに投資家から580億円もの大金を詐取した「投資ジャーナル事件」の主犯。

その中江滋樹が火事で亡くなったらしい。

なんでも、東京都葛飾区の2階建てアパートの2階部屋から出火。

焼け跡から性別不明の遺体を発見。

契約者情報から「投資ジャーナル事件」で実刑判決を受けた、中江滋樹元会長との新聞報道。

警視庁亀有署も確認作業を進めている。

焼けたアパートを写真で見たが、俗にいう古いボロアパート。

バブル期に何人もの愛人を囲って派手に豪遊していた頃の中江滋樹とは、似ても似つかわない最期だ。

管理人の記憶の中では完全に消えていた投資ジャーナルや中江滋樹の単語。

今回のニュースで改めて思い出したもう一人がいた。

当時、人気のあったアイドルタレント「倉田まり子」の名前。

週刊誌で「中江の愛人で7000万円の家をもらった」とかいう記事が原因で、騒動に巻き込まれ芸能界を引退したのがいた。

倉田まり子、今頃は何をやってるのかな?

中江の最期より倉田まり子の今が気になるところだ。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

戦死という言葉が適切だと思う。治療に当たっていた劉智明院長が死亡

画像引用 AFPより引用

Photo_20200219090601



戦死という言葉が適切だと思う。

蔓延する中国武漢での新型コロナウィルスの現状。

そんな武漢の医療現場で先頭に立って患者治療に当たっていた病院の院長さんが・・・

武漢市の衛生当局は新型肺炎の治療を続けてきた「武昌病院」の劉智明院長が、18日午前に死亡した事を発表。

亡くなられた劉院長は51歳の若さ。

先月から自らも新型コロナウイルスによる肺炎を発症して、闘病生活を続けていたらしい。

中国では治療に当たる医療関係者らの感染が続いていて、少なくとも6人の死亡が公表されている。

目の前にある命を救う

そんな崇高な思いが医療従事者の使命だが、実際に感染による死を聞くと心が痛む。

ひと昔前の中国とは違って、大都市である武漢市レベルの医療水準は日本と大して変わらない。

そんな武漢市で未だ止まらない新型コロナの蔓延。

今、まさに起きている武漢市・医療現場における医療従事者の疲労と混乱は、既に医療崩壊の域なのかも知れない。

今後、パンデミックの不安が消せない私たちのニッポン。

感染による劉院長の死も、けっして、対岸の火事場の話しではない。

合掌

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

もはや私たちのニッポンは裕福な国とは呼べない。車中の人々〜駐車場の片隅で〜

画像引用 NHKより引用

Photo_20200217095301



先週15日の土曜日みたNHKスペシャルが衝撃的だった。

日本社会の影ともいえる「貧困

そこにスポットを当てたドキュメンタリー番組「車中の人々〜駐車場の片隅で〜」をみた。

取材現場は全国各地に点在する「道の駅」が舞台。

道の駅、今では1100以上もあるらしい。

最近のソロキャンプ以前からブームの兆しを見せていた、車をホテル代わりに宿泊費を浮かして気軽に旅する「車中泊」とはまったく違う奴。

番組で取り上げらけていたのは、車を自宅代わりに生活を続ける「リアル車中生活者」の姿を追ったもの。

誰も好き好んで車で生活しているのではなく、生活苦や家庭問題、社会からの逃避など様々な理由をもった人たちが車に身を寄せているのが実態。

管理人も遠出のドライブが大好き。

渋滞を避けるために夜に出発することも多い。

そんな時には仮眠で高速道路のSAを利用する。

24時間トイレも使えるし自販機や朝まで開いているお店もあるし。

それでも、一般道に設置される「道の駅」で仮眠した事はない。

ヘンな奴とか暴走族が来るリスクもあるので、慎重な管理人には無理だ。

車中生活も車中泊も基本、仮眠中はエンジン停止。

エアコン無しの真冬や真夏の時季には凍死や熱中症のリスクは極めて高い。

加えて、狭い車内での生活と就寝。

エコノミー症候群での突然死のリスクもある。

雪の積もる駐車場にいたのは親子での車中生活者。

なんでも、3年もそんな生活が続いているという。

車中生活が30代の人から80代の人まで、世代が想像以上に広いことにも驚く。

先日、アカデミー賞で大きな賞を獲得したのは韓国映画「パラサイト 半地下の家族」キーワードは生活苦。

社会インフラこそ先進国の私たちのニッポン。

だが、少し視野を広げてみれば確実に多くの国民生活が下流に向かっている印象。

けっして、テレビ画面越しの他人事の話しではない。

もはや私たちのニッポンは裕福な国とは呼べない。


最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

ストレートに武漢コロナでいいのに

画像引用 ヤフーニュースより引用

Photo_20200212091601



ストレートに武漢コロナでいいのに。

WHOのあのオッサン、どこまで中国に気を使うのだろうか?

裏でお金でも貰ってるかと思われても仕方がない忖度ぶり。

インフルエンザだって、A香港型とかソ連型とかあるし、古くはスペイン風邪なんてのもある。

日本人としては嬉しくはないが、日本脳炎なんて付いてる奴まであるのに。

「COVID―19」?

ピーンと来ないわ。

ストレートに武漢コロナウィルスの方が分かりやすい。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は会見で、新型コロナウイルスが引き起こす疾病を「COVID―19」と命名。

Coronavirusから「COVI」、Disease(疾病)から「D」をそれぞれとって、発生年である2019年の「19」をつけたらしい。

加えて、新型コロナウイルスへのワクチン開発に18か月を要するとの見通しを示した。

気になるのはワクチン開発に要する時間。

公式に18か月の発表。

運よく最短1/3でワクチンが出来たとしても8月になる。

8月といえば2020東京五輪も始まる頃。

コロナ問題が発覚した直後から、管理人は東京五輪8月開催には悲観的な見方をしていたが・・・

延期の可能性が現実味を帯びてきたのではと思う。

接触感染、飛沫感染よりも一段と感染リスクが高まったエアゾル感染の噂も高い。

中止はないにせよ開催時期の延期は待ったなしだ。 

 

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

いってらっしゃいから、サヨウナラに変わっていた

画像引用 ニッポン放送より引用

Photo_20200207090901



管理人宅の朝はラジオをつけての朝食。

洗い物や着替えの時にもいつもBGM代わりはラジオ。

聞いてる局は地元の1332東海ラジオ。

朝から大ショック。

パーソナリティーが杏樹ちゃんから変わっていた。

週刊文春の不倫報道を受け、女優の鈴木杏樹が、パーソナリティーを務めるニッポン放送の「鈴木杏樹のいってらっしゃい」を降板。

昨日6日は普段どおり、杏樹ちゃんの爽やかな話し声が聞けていた。

たかだか5分の番組、どうせ録音だし今週中は杏樹ちゃんだと思っていた。

洗い物で手を動かしながらの「ながら聞き」

今朝の番組ではパラリンピックの話しをしていた。

いつもより少し声のトーンが高いかな?

ナントナク声が若い気もする。

なんて感じながら聞いていたら、番組締めのタイトルコールが短く「いってらっしゃい」だけ。

冠である大切な「鈴木杏樹の」名前がない。

あれっ!?

そしてエンディング、お相手は「シンギョウイチカ」でしたと結んでいた。

鈍感な管理人、この状況でやっと杏樹ちゃんの番組降板を理解した。

毎朝、爽やかな話し声で「いってらっしゃい」と僕らを送り出してくれていた鈴木杏樹。

それが、不倫騒ぎで突然「いってらっしゃいから、サヨウナラ」に変化。

急遽、今朝7日に番組を務めたのは、ニッポン放送局アナの新行市佳アナウンサー。

前任の杏樹ちゃんと同じく落ち着いた話しぶりは好感度大。

杏樹ちゃんは不倫で番組降板したが、管理人は番組浮気なしで引き続き1332東海ラジオを聞くよ。

 

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (2)

2020年2月 5日 (水)

コロナの影響なし。名古屋タカシマヤ・アムール・デュ・ショコラは今年も大賑わい

 
P_20200131_081755

P_20200121_210346

P_20200131_081702
P_20200121_205730
P_20200121_210354

P_20200123_201619


P_20200121_205831
   P_20200131_081721  
P_20200121_210023


昨年のバレンタイン商戦ではダントツ日本一の売上高。

約27億円を売り上げた、名古屋タカシマヤで開催中の「アムール・デュ・ショコラ

男の管理人には、チョコレートにここまで熱くなる女性の気持ちが分からない。

画像は奥方の戦利品だ。

8割は自分用らしい。

残り2割が職場用に買ってると言い訳。

うちの奥方、先月17日の開始から行列に負けることなく、暇を見つけてはせっせと並んでいる。

並んでも買えない人気チョコレートも多い。

熱心なマニアだと開店前から外で並んでいるらしい。

バレンタインデーまでの開催期間。

残りあと10日あるが、いい加減、写真を撮るのもメンドクサクなってきた。

新型コロナウィルス問題もあるし、人ゴミは避けるのが賢明。

自分からも水戸の黄門様ばりに「もういいでしょう」とクギをさしておいた。

目ざとい転売ヤーなら品薄のマスクと同様、食べずにメルカリに出しそう。

まあ、そんなゲスな転売ヤーとは違うので、うちは美味しく食べます。

拡大する新型コロナウィルスの影響で観光業を中心に、内需が下ブレする中でも絶好調のタカシマヤのバレンタイン商戦。

チョコレートに限らず名古屋の百貨店って、高島屋の一人勝ちになってきた感じ。
PS タカシマヤと高島屋の表記が違うのはナゼなんだろう?きっと、意味がある筈だ。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »