« 単純に住むに適さない場所には住んではダメ | トップページ | 本当に身近にある危険 »

2020年7月10日 (金)

久しぶりにブログで極悪女と書いても良いニュースだ

画像引用 朝日新聞より引用

Photo_20200710091901


この極悪女と一緒に過ごしていた相手の男、女に子供いることは知らなかったのかね?

久しぶりにブログで極悪女と書いても良いニュースだ。

6月に東京都大田区のマンションの一室で、女児(3)が飢餓と脱水で死亡した事件での続報。

捜査の進展から母親が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された。

母親は24歳の若いシングルママ。

この極悪女、3歳の女の子を1人部屋に残して、鹿児島にいる男に会いに8日間も部屋を空けていたらしい。

死因は餓鬼と脱水。

3歳の子供がお腹をすかして、少しずつ弱っていったと思うと悲しすぎる。

女の子も泣かなかったのかな?

マンションだし朝から夜な夜な子供の泣き声が聞こえてたら、さすがに隣は気がつくと思うけど。

管理人の勝手な想像だが、元気な最初はきっと泣いていたと思う。

多分、運悪く住人が外出してる昼間。

空腹と脱水で泣き疲れて、泣く力もなく静かに息を引き取ったのかな。

勝手な想像だが、考えるだけでこの子が不憫だ。

さらにムカつくのはこの極悪女の所業。

警察の調べに対して、女の子が部屋から出られないように、ドアをソファで塞いで鹿児島に外出したと。

この女、最初から子供を殺す気マンマンじゃん。

逮捕容疑は軽微な「保護責任者遺棄致死容疑」

警察も検察も気合い入れて殺人容疑での捜査を進めてくれ。

1週間も食事も水も与えず、それも子供一人を家に置いた挙句の死。

こんなのが保護責任者遺棄致死で正しい訳がない。

亡くなられて女児のご冥福をお祈りいたします。合掌

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 単純に住むに適さない場所には住んではダメ | トップページ | 本当に身近にある危険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 単純に住むに適さない場所には住んではダメ | トップページ | 本当に身近にある危険 »