« ホワイトハウスのマクナニー大統領報道官の美貌に目がいった | トップページ | 悪いのはインチキした奴に決まっている »

2020年10月 9日 (金)

昨年との月次対比の数字を見ると相当に心配になってくる

画像引用 持続化給付金公式ホームページより引用

Photo_20201009092601

10月になって忙しく仕事に追われる毎日。

新型コロナウイルスの影響で、中小企業における7月以降の売上が劇落ち。

コロナの影響で経営が厳しくなった中小企業を救うために、国から広く支給が受けられる持続化給付金家賃支援給付金

この両給付金について10月に入ってから顧問先からの依頼が2件、ホームページ経由で1件。

昨日も顧問先の紹介で1件の問い合わせで合計4件。

管理人の事務所も7月には関東圏からの相続案件2件を泣く泣く辞退したので、7月は大きく売上が落ち込んだ。

10月になってからの給付金申請の依頼は製造業やデザイン業人材会社など、コロナの影響が顕著だった飲食業以外の業種ばかり。

今月は通常の法人決算が4件と相続税申告が1件。

それに加え、持続化給付金と家賃支援給付金の申請依頼まで。

優先順位の高い顧問先の法人決算はおおかた終了。

相続税申告も押印を残すのみ。

給付金の申請も出来る限り早く作業を進めたいので、10日と24日の土曜日は休みを返上して休日出勤に決めた。

不況に苦しむ多くの中小零細企業が無事に年の瀬を越せるのか?

昨年との月次対比の数字を見ると相当に心配になってくる。

7月以降の大幅な売上減少は現場から見ても顕著だ。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« ホワイトハウスのマクナニー大統領報道官の美貌に目がいった | トップページ | 悪いのはインチキした奴に決まっている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイトハウスのマクナニー大統領報道官の美貌に目がいった | トップページ | 悪いのはインチキした奴に決まっている »