« 紙パックだと木が沢山切られないか? | トップページ | 先週あたりからネット炎上中のこの人 »

2021年4月14日 (水)

久しぶりに菅首相のリーダーシップをみた

画像引用 産経新聞社より引用

10_20210414091201

支持率の下がりっぱなしだった菅首相だが、今回の決定はナイス決断。

本来、チャラチャラした内閣の華はなくても、確実に仕事を進めていく政治力に国民の多くが期待した菅内閣。

福島原発の敷地に所狭しと建ち並ぶタンク。

それを横目にダラダラと決定を遅らせてきた、歴代内閣の怠慢を菅さんが一人で責任を背負いこむ形での放出決定。

お隣韓国や中国しかり、原発を有する国では通常処理として海に流されてきたトリチウム。

時間はかかったが今回の決定は福島原発廃炉への大きな前進だと思う。

東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む処理水の処分方法について、政府は、国の基準を下回る濃度に薄めたうえで海へ放出する方針を決定した。

放出にあたり、トリチウムの濃度を国の基準の40分の1。

WHO=世界保健機関が示す飲料水の基準で7分の1程度にまで希釈。

基準をみた限りでは、世界で最も厳しい数値を用いての海洋放出。

加えて、監視強化や風評被害対策として、IAEA=国際原子力機関の協力を得て国内外に客観的な情報を発信する流れ。

長く務めた官房長官時代とは違い、首相になってから決断力低下が指摘されてきた菅首相。

そんな菅首相が久しぶりに放った政治判断。

自然界にも多く存在するトリチウム。

きわめて厳格な放出基準に科学的なデータの裏付けにもとづく判断に、菅首相のリーダーシップをみた感じ。

この勢いでコロナ対策も強力に進めてほしいと願う。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 紙パックだと木が沢山切られないか? | トップページ | 先週あたりからネット炎上中のこの人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紙パックだと木が沢山切られないか? | トップページ | 先週あたりからネット炎上中のこの人 »