« 80歳の爺さんと91歳の婆さん | トップページ | 死んで花実は咲きません »

2021年6月15日 (火)

深すぎる闇に光はみえない

画像引用 NHKより画像引用

Photo_20210615085801

あの「和歌山毒物カレー事件」にまで繋がるとは・・・

闇が深すぎる。

情報の出てない同居してた男の容態はどうなったのか?

先週なかばに読んだニュースで気になっていた奴。

ネット上では当初から、「和歌山毒物カレー事件」の林真須美死刑囚の子供ではないか?との未確認情報が流れていた。

ニュースの流れはこうだ。

関西空港連絡橋から「人が落ちたように見えた」と通行人から警察に通報。

その後、母親と幼い娘とみられる2人が浮いているのが見つかり、死亡が確認された。

なんでも、母親の住む和歌山県の自宅から、16歳になる長女も心肺停止の状態で発見され一気に事件化。

病院に連れ添った16歳長女の父親役たる同居男も、その後に薬を飲んで自殺未遂で保護されているらしい。

すでに3名の命が亡くなっており、流れ的には無理心中の線が濃そう。

数年前から虐待の通報もされていたようなので、16歳長女は虐待ゆえの死亡だったに違いない。

手を出していたのが母親だったのか、母親の連れてきた同居男だったのかは不明だが、死に至るまでのヒドイ虐待であった事は確か。

時を同じくして、母親にあたる和歌山カレー事件での林真須美死刑囚が、和歌山地裁に再審請求して5月末に受理されていたことがわかった直後。

たまたまの偶然なのか?

何か大きな意図あってこのタイミングでの報道なのか? 

深すぎる闇に光はみえない。合掌

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 80歳の爺さんと91歳の婆さん | トップページ | 死んで花実は咲きません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 80歳の爺さんと91歳の婆さん | トップページ | 死んで花実は咲きません »