« 死んで花実は咲きません | トップページ | 桁外れのスケール感の空港だ »

2021年6月25日 (金)

朝敵は誰なのか?

画像引用 NHKより引用

Photo_20210625093001


常識的に考えて西村宮内庁長官が、好き勝手に会見で話したとは思いづらい。

昨日24日の定例会見での発言が大きくニュースになっている。


宮内庁の西村長官は、24日の定例の記者会見で、「オリンピックをめぐる情勢につきまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を、大変ご心配されておられます」と述べました。NHKより引用

西村宮内庁長官の発言を「天皇陛下の御心を伝えた発言」と受け取る人。

と、「西村宮内庁長官の勝手な解釈」で天皇陛下のお気持ちではないとする人。

大きく2つに分かれる。

管理人的には前者の方かなと思う。

その立場にたてば政治的な発言が禁止されている天皇陛下に、ここまで大きなリスクを伴うご心配をかけることは、そもそも不敬の極み。

発言した西村泰彦長官のバックボーンが気になったので、書く前に経歴や過去の発言なとを確認してみた。

野球大好きな球児から東大へ。

その後は警察や公安畑で活躍をみせた人みたい。

ざっと確認してみたところ思想的にも発言的にも、偏ったモノはなかった。

顔の表情も画面でみた限り柔和。

自称・人相セラピストの管理人による鑑定でも、目立った偏りは感じられない。

今回の西村長官の発言については、天皇陛下のお立場を守りつつ、政策へも最善策の提言をとってる感じ。

批判覚悟で自ら矢面にたった責任ある発言だと思う。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 死んで花実は咲きません | トップページ | 桁外れのスケール感の空港だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死んで花実は咲きません | トップページ | 桁外れのスケール感の空港だ »