« 湘南海の王子のネバリ勝ち | トップページ | オンラインでも開催して欲しい »

2021年9月 3日 (金)

引率した先生も気の毒だし生徒も不幸

画像引用 千葉新聞より引用

Photo_20210903092101

 

こうなるリスクはやる前から、容易に推測されたはず。

なんで中止にしなかったのかね?

先生にいわれてイヤイヤ観戦しにいったって、どうせスタンドでスマホ触ってるぐらいの事だと思いますが・・・

千葉市は千葉市立貝塚中学校でクラスターが発生と認定した。

この中学校は先月、パラリンピックの「学校連携観戦」に参加。

引率した校長先生を含む教員8人と、生徒2人が新型コロナへの感染が確認された事が認定の理由。

学校から家庭へ。

家庭から職場へ。

真逆の流れもあるし、職場→家庭→学校の流れも可能性としてはあり。

何はともあれ、「人流抑制」をお願いするのなら、観戦を中止するのが素直な判断。

ワザワザ集団で密閉空間に観戦しにいく意味が分からない。

そもそも、中学生はワクチン接種もしていないのと違う。

大会関係者らトップの意見に従わざるを得ない、現場の先生や生徒は気の毒に思う。

パラリンピックの「学校連携観戦」を教育的指導としてゴリ押しした、大会関係者と教育委員会の責任は重い。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

 

|

« 湘南海の王子のネバリ勝ち | トップページ | オンラインでも開催して欲しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湘南海の王子のネバリ勝ち | トップページ | オンラインでも開催して欲しい »