« 胡散臭い男とVSクズ経営者陣 | トップページ | 弁護どころか炎上に燃料投下してどうする? »

2021年11月19日 (金)

【中区伏見・日本料理 荒木】

今年もまたこの時季に再訪。

*画像は圧縮されているので、画像をタップ又はクリックすると綺麗にみられます。

Img_20211118_173849collage

 

中区伏見の「日本料理 荒木」さん。

好決算で終わった顧問のお客様にご相伴にあずかった。

自分の財布ではとても行けない高級店。

重ね重ね、ありがとうございました。

会食前、カウンターで仕込み中の板さんに昨年と同じ質問を。

自粛制限もあけ、急速に鎮静化してきたコロナ禍における客足について。

少しずつ戻ってきたとの事。

驚くことに昨日は平日の木曜日にも関わらず、満員との答え。

このお店に限っては順調に客足が回復しているようだ。

お店の名物ともいえる「旬の木箱」

Img_20211118_180359collage

毎回、この店を訪ねるたびに感動する新鮮なお魚にお肉、産地の確かな野菜の品々が入った木箱。

日本料理 荒木さんの名物パフォーマンスだ。

生、焼く、煮る、揚げる蒸すなど料理の仕方は食べる側の自由。

箱の中に盛られた豪華な食材の中から、食べたい食材を選んで板長さんに相談。

旬&食材の組合わせの中から、一番美味しい調理法で出してくれるという。

客のリクエストを板長が、最高の料理に変化させてくれる、カウンター越しに展開する贅沢な演出だ。

Img_20211118_181653


色鮮やかなセイゴ蟹。そして、クルマ海老と小さな玉ねぎの揚げ物。



Img_20211118_184331

毎年、素晴らしいお店に連れていって頂き恐縮千万。

昨日は乾杯ビールのあとは日本酒オンリー。

メニューの中から、一度も飲んだことのないお酒3種類を選んだ。

歯ごたえ十分の肉厚に切ってくれたアワビはバターで。

 

Img_20211118_183130


キンキは煮付けで。味は少し濃い目の味付けだ。

Img_20211118_190935

地元の名古屋コーチンは塩焼きでサッパリといただく。

Img_20211118_192211



Img_20211118_192748collage

楽しく多岐にわたる会話とカウンターでの至福のお酒と料理。

社長様、専務様、今年も大変にご馳走になりました。ありがとうございます。

 

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 胡散臭い男とVSクズ経営者陣 | トップページ | 弁護どころか炎上に燃料投下してどうする? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胡散臭い男とVSクズ経営者陣 | トップページ | 弁護どころか炎上に燃料投下してどうする? »