« 知らぬが仏 | トップページ | 今以上にクルマの運転がヒヤヒヤしそうだ »

2022年4月15日 (金)

そこに「KOMURO,KEI」の記載はなかった

画像引用 スポーツニッポンより画像引用

 

Photo_20220415092801

 

小室さんの最終目標が結婚であったのなら、すでにゴールを決めている。

弁護士受験をそのためのツールとして利用していたのなら、もう合格の2文字は必要ないのかもしれない。

秋篠宮家の長女眞子さんの配偶者である小室圭さん、ミラクルを期待し再受験で挑んだ2月の米ニューヨーク州弁護士資格試験。

ミラクル叶わず合格者リストに「KOMURO,KEI」の記載は見つからず。

ひと言で書けば「落ちた」ということ。

ちなみに受験者数は3068人。

そのうち1378人が合格。

合格率は45%だった。

手前味噌で恐縮ですが、4月から研修医の道に進んだ長男、大学時代に医師国家試験と並行して司法試験にも挑戦。

現在、司法資格の最短コースといわれる合格率4%の司法予備試験に一発合格している。

まあ、医師を目指してきたので司法の道に進むことはないとは思うけど、すべては本人任せなので本心は分からない。

話しが逸れました。

ニューヨーク州の司法試験の難度は不確か。

それでも、小室さんと同じ再受験者1610人の合格率が30%と聞くと、超難関の試験とは思えない。

米国における弁護士人口は軍に次ぐ多さ。

職業別にみれば非常にメジャーな職業ともいえる。

打たれ強さでは強烈なオーラを放ち続ける小室さん。

2度の失敗をモノともせず「三度目の正直」を目指すのか?

眞子さん小室さんのニューヨーク生活は2人の勝手。

自由でいい。

願うのは1つだけ。2人の生活に大切なニッポン人の税金が使われないことだけだ。

 

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 知らぬが仏 | トップページ | 今以上にクルマの運転がヒヤヒヤしそうだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知らぬが仏 | トップページ | 今以上にクルマの運転がヒヤヒヤしそうだ »