« 業務連絡・事務所ホームページのリニューアル状況について | トップページ | カッコいい。やっぱりキムタクだわ »

2022年10月31日 (月)

君子危うきに近寄らず

画像引用 読売新聞より引用

Photo_20221031094201


先週末におきた韓国・ソウルの繁華街、梨泰院でおきた雑踏事故。

このニュースを知り、広く知られた故事のひとつ「君子危うきに近寄らず」を思いだした。

故事の意味はひと言でいえば、自ら危ないところには行かないという意味。

事故現場を上から映したニュースをみたが、アノ人波じゃあ前にも後ろにも、右にも左にも逃げられない。

ハロウィンの賑わいも重なって10万人が現地梨泰院を訪れていたらしい。

10万人って、ナゴヤドーム満員の3倍の人の数。

それが狭い坂道に集まれば、身動きどころか立っているのが奇跡。

実際、今回の事故で立ったまま亡くなった人もいるらしい。

153名もの命が失われニッポン人2名も含まれている。

コロナで鬱積した3年間の縛りが解けて、パッと騒ぎたい若い人たちの気持ちは分かる。

ソレでも・・・

キッカケひとつで発生する群集雪崩の怖さを改めて確認。

手薄な警備体制の不備にも事故の原因はあるにせよ、あの雑踏でいったん群集雪崩が起きたら生死の危機は必至。

そんな危機から身を守る手段はひとつだけ。

「君子危うきに近寄らず」しか他にない。

亡くなられた多くの人たちのご冥福をお祈りいたします。合掌

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

|

« 業務連絡・事務所ホームページのリニューアル状況について | トップページ | カッコいい。やっぱりキムタクだわ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 業務連絡・事務所ホームページのリニューアル状況について | トップページ | カッコいい。やっぱりキムタクだわ »