ニュース

2019年12月 9日 (月)

情報がありながらも救えなかったのか?

画像引用 共同通信社より引用

Photo_20191209091401



アフガニスタンで銃撃され死亡した、NGO「ペシャワール会」現地代表で医師の中村哲さんのご遺体が成田空港に到着した。

帰国にあたってはアフガニスタンのガニ大統領が先頭に立ち、棺を担いで飛行機に乗せた様子。

棺の上にかけられているのはアフガニスタンの国旗。

その一点を見るだけでも、中村さんの現地での功績が分かるというもの。

それにしても残念なのは、日本の外務省は襲撃計画に関する情報を11月中旬までに把握。

一時帰国していた中村さんにも注意喚起をしていたという。

アフガニスタンの地元当局も警戒強化していた中での襲撃。

そんな矢先で事件は起きた。

防げなかったのかな?

きっと、中村さんも「死」の危険性は認識しての現地活動であったに違いない。

それでも、中村さんの残してきた功績を考えると「殺されてはいけない人」

残念の言葉しか見つからない。合掌

 

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

追記 facebookもやっています

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

令和の時代に昭和のスケバンみたいだ

画像引用 北野誠「死んだらあかん」より引用

Photo_20191206092101



和式トイレの大便器に頭を突っ込む姿勢で土下座・・・

人としての尊厳を踏みにじるこんな虐待を受けたら、お先真っ暗な絶望感を受けても仕方がない。

7月に岐阜市で起きた、中学3年男子生徒のマンションからの転落自殺。

飛び降りた生徒が亡くなる前日に、同級生にトイレで土下座を強要させられていた事が市の教育委員会の調べで分かった。

土下座の情報は死亡後の早い段階で寄せられていて、強要した生徒たちの聞き取りでも確認済らしい。

それでも無能な委員達、土下座強要が自殺の直接原因ではないって。

雁首揃えてシロクロを断定できない、典型的なお飾りな無能委員達。

最期の直前、どんな思いで下を見てたのか?

どこにも逃げ場がなかったのかな?

死ぬほど辛いなら、後先考えずに「逃げて」欲しかったと思う。

自殺した男の子も飛び降りる覚悟があれば、夜道で「いじめのDQN」が一人でいるところを、後ろから金属バットでボッコボコにしてやれば良かったのに。

キレて半殺しにでもしてやれば、一夜にして主従の立場が逆転する可能性もあった。

形勢が逆転すれば、DQN同士に1対1で連絡とらせて「土下座の件で口裏あわせよう」とか適当な口実で、河原にでも誘いこんでやればよかったのに。

それをしなかった自殺した子は、きっと優しい気持ちの男の子だった気がする。

死んで花実は咲かない

先ずは何としてでも「逃げる

死ぬのはそれからでも遅くない。

亡くなられた男子生徒のご冥福をお祈りいたします。合掌

 

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

追記 facebookもやっています

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

既に株価が相当にヤバい状態だ

画像引用 ジャパンディスプレイ社より引用


Photo_20191202180001



管理人も「ジャパンディスプレイ」社の株主のひとり。

恥ずかしながら、ざっと180万円ぐらいの含み損を抱えている。

売りたくても損失額が大きくて売る覚悟がない。

官民ファンドから巨額の公的支援を受け、経営再建中の液晶パネルメーカー「ジャパンディスプレイ」。

血税たる公的資金がジャブジャブと投入されているにも関わらず、いまだに業績・株価ともに回復基調の見えないジャパンディスプレイ。

既に株価も危険水域を大きく下回るヤバい状態。

そんな中、またしてもネガティブなニュース。

5億7800万円もの会社資金を着服していた経理担当の元幹部が、自殺を図った?との報道。

この死亡した元幹部、先日「着服とは別に、過去の決算で不適切な会計処理を行っていた」と証言している人。

さらに、「当時の経営陣から指示があった」とも。

素朴な疑問なんだが、サラリーマンの個人が5億超えの大金、何に使えば消えてしまうのか?

女性に貢ぐ、飲み食いにギャンブルで5億7800万円も使ってしまうのか?

普通なら5億円も着服すれば、死ぬより海外にでも逃げるのと違うかね?

「トカゲの尻尾きり」、元幹部死亡のニュースを聞いて真っ先に頭に浮かんだのは、この言葉だ。 

 

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

追記 facebookもやっています

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

半グレやヤクザなら「美人局」で脅しのカモで悪用しそう

画像引用 google画像検索より引用

2_20191127093901



管理人はTwitterをやっていないので、こんな世界があるとは全く知らず。

ひと言で締めれば「キモイ」の一語。

女子中学生がTwitterで「家出したい」とつぶやくと、こんな感じのメッセージが大量に集まるらしい。

行方不明になっていた大阪の小学6年生の女の子が、栃木県小山市で保護された事件。

先ずは無事に見つかったことは幸い。

捕まったのは自称派遣社員の伊藤仁士容疑者。

35にもなって自宅に引き籠って、2回りも年下の女児を囲うとはケシカラン奴だ。

てっきり、自分の車で女児の住む大阪まで迎えに行ったのかと思っていたら、電車を乗り継いで栃木県からはるばる女児の住む大阪まで行ったらしい。

伊藤容疑者の自宅には大阪の女児とは別に、中学生の女の子も発見されたらしい。

警察が5月に容疑者宅を捜索したらしいが、ナゼかもう一人の中学生は発見されず。

管理人の勝手な推測だが、単純に現場に来た警察官の仕事ぶりが「いい加減」だったに違いない。

まあ、SNSで「家出したい」と自ら情報発信して相手を探した、保護された女児にも大きな批判は当然。

それでも刑法的には、未成年者を親の同意なしで家に泊めれば、たとえ悪意はなくても「未成年者誘拐」の嫌疑がかかる。

だから、相手が未成年者である事が明らかであれば、警察に通報するか親に連絡するかの2択しか善意の選択はない。

若い人にとってのSNSといえばTwitterが一番人気。

こんな「つぶやき」でキモイ奴が釣れるのなら、警察も発想の転換で「監視」に使えばいいのにね。

反対に半グレやヤクザなら「美人局」で脅しのカモで悪用できそうな気もする。

SNSに潜む闇の世界をみた感じだ。

 

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

追記 facebookもやっています

| | コメント (0)

2019年10月31日 (木)

骨組みだけにも関わらず凛として建っている姿があまりに悲しい

画像引用 読売新聞社より引用

Photo_20191031090501


ただただ悲しい。

朝一番で目に飛び込んできた首里城で火事のニュース。

首里城の正殿、北殿、南殿が全焼。

午前7時時点でも延焼中という。

現在の正殿は1992年に復元された木造建築。

これだけの大火の中、骨組みだけにも関わらず凛として建っている姿があまりに悲しい。

人のいない時間での火事。

漏電などによる自然発火なのか?

それとも人による失火なのか放火なのか?

反日思想者による悪意の放火なら、捕まえて市中引き廻しの刑にしないといけない。

人為的な発火でない事だけを願いたい。

まずは消火が先決。

徹底的な発火原因の究明をしてもらいたい。

 

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

神々しいとはああいう事か

画像引用 産経新聞より引用

Photo_20191023092301


当り前すぎる話しだが、やっぱり、天皇陛下のオーラは凄い。

テレビ画面越しにも強烈に届いてくる畏敬の念。

昨日は式の始まる13時前から、奥方と2人で歴史的な瞬間を見ていた。

チャンネルはNHK固定で。

「即位の礼」の中心儀式である「即位礼正殿の儀」。

管理人に限らず、多くの人たちが自宅や家電量販店の前でも見ていたに違いない。

前回の様式を踏襲された中にも、天皇陛下が面前にお出になられ形が昭和以前の形に戻されたらしい。

お付の2名が高貴な紫色の「帳(とばり)」を丁寧に開ける準備。

いよいよだ。

その帳が開けられた瞬間、奥に天皇陛下のお姿が現れた。

「わー」、思わず口から漏れた率直な感想。

神々しい。

マジ感動。

一緒に見ていた奥方もおんなじリアクションだった。

180か国を超す海外からの要人を招いての華々しい「即位礼」の知らせ。

私たち日本人が誇るべきニッポンの伝統文化、それが世界に発信された事は、どんな外交努力にも勝るべきチカラを持つ事。

3度も平和のお言葉を話された、天皇陛下の平和を願う気持ちも世界中に伝わった事だし。

驚いたことは、強い雨模様だった東京が式の前には雨も止み、さらに虹も出ていたという。

天皇陛下のお姿もまた、式最中のお天気も正に神憑っていた。

国民の多くが祝った昨日の「即位礼正殿の儀」。

共産党は憲法の国民主権、政教分離の原則に反するとの理由から、参列に欠席した。

まあ、主義主張は勝手。

だが、令和の世になっても「昭和」で思考停止の共産党には、先がない事だけは確かなようだ。


今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

続きを読む "神々しいとはああいう事か"

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

一瞬でイメージを覆す画像とは?

画像引用 フジテレビより引用

Photo_20191018090601



率直な印象、この笑顔には違和感が残った。

妙にスッキリした感じにも見える。

2_20191018090701



こうして2枚の画像を見比べると違和感しか残らない。

台風19号の影響からか、最近、報道が減った山梨県・道志村のキャンプ場での女児行方不明の一件。

小学1年生の小倉美咲ちゃんが行方不明となっている、あの一件だ。

大規模な捜索にも関わらず、手掛かり1つも発見されないナゾ。

事故?なのか事件なのか?

それすらハッキリしないまま時間が経過中。

先ずは、女の子が見つかる事が一番。

そんな中、先日16日、フジテレビ系「とくダネ!」に女の子のお母さんが独占取材に応じたらしい。

必死に娘の捜索を願う母親像と、パッと見、笑顔にも見えてしまう母親像。

ともに未だに行方不明の娘をもつ母親。

説明がなければ同一人物とは思えない感じもする。

一瞬でイメージを覆す画像とは、こういう比較画像の事を指すのかもしれない。

 

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

救出と復旧が少しでも早く進みますように

画像引用 読売新聞より引用

Photo_20191016094201



先ずは台風19号で被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

今なお懸命な救出と復旧作業が続く、台風19号の大きな被害。

東日本の各地に大きな爪痕と被害をもたらした大きな台風だった。

風よりも雨が被害を拡大させた印象。

長野、福島と各地の被害状況が繰り返し伝えられる中、特に1軒だけ停電中の川崎市のタワマンと、多摩川の水が溢れた世田谷区の水害の映像が目についた。

川崎のタワマンは地下の電源施設に水が入った事による停電。

昨年の台風で停電被害に遭った関西空港とおなじ原因。

つまり単純に構造上の不備から起きた停電。

片や多摩川の水があふれた世田谷区の水害の方はどうなんだろう。

読売新聞の記事を読むまでは、想定外の大雨が原因なのかと思っていた。

が、どうやら違うみたい。

多摩川・世田谷区の水害の方も、堤防建設を反対する一部住民らによる「人災」にちかい感じ。

なんでも、水が流れ出した場所は堤防が未整備だったらしい。

国土交通省によれば堤防未整備の区間約540メートル。

その未整備区間から濁流があふれ出たのが今回の流れ。

これまでにも国土交通省は、大雨による浸水の危険性を周辺住民に説明。

堤防整備を進めようと説明会も行ってきたが、「景観を大切にしてほしい」「家をのぞき見られる恐れがある」と反対の声もあり、堤防が未整備のままだったらしい。

景観重視で建設を反対する意見も確かに一理。

ただ、建設賛成派の住民らにとっては気の毒な話しだ。

まあ、堤防が一部ないのは分かっている事なんで、ドライな書き方をすれば浸水リスクのある川の傍、それも大きな川でもある多摩川流域にワザワザ希望してまで住んでる住民らもどっちもどっち。

何はともあれ、一刻も早く救出と復旧が進むことを願いたい。


今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

 

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

わが母校から2人目のノーベル賞受賞。吉野先生、おめでとうございます。

画像引用 名城大学より引用

1_20191011091102



5年前に日本が湧いた、名城大学の赤﨑 勇教授によるノーベル物理学賞受賞。

赤﨑 教授の正しい肩書は、名城大学大学院理工学研究科終身教授。

あの感動が再び。

Photo_20191011090801



わが母校で教鞭をとる吉野彰・名城大教授=旭化成名誉フェローが、リチウムイオン電池の開発で、2019年のノーベル化学賞を受賞。

リチウムイオン電池といえば、スマートフォンや災害用の蓄電池、電気自動車(EV)の幅広い電源に利用され、無くては今の生活が成立しないぐらい重要なもの。

その研究開発の第一人者がノーベル賞を受賞した吉野彰の研究だ。

管理人、名城大学には高校から大学院までの9年間お世話になった卒業生。

今回の受賞は卒業生の1人として単純に誇らしく思う。

驚くことに名城大学にはもう1人、本命中の本命の先生がいる。

1_20191011091101



管理人がまだ学生の頃から30年以上、ノーベル賞候補となっている飯島澄男教授も控えている。

次は飯島澄男教授だ。

吉野彰教授、おめでとうございます。

私たちの豊かな社会の実現のために益々の研究発展をお願いいたします。祝

 

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

亡くなるまで出せなかったんだろうね

画像引用 朝日新聞社より引用

Photo_20191004091701


金沢国税局も怖かっただろうに。

元助役が亡くなるまで、出せなかったんだろうね。

朝日新聞社より引用

関西電力の八木誠会長や岩根茂樹社長ら役員ら6人が2017年までの7年間に、関電高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役の男性=3月に90歳で死亡=から、計約1億8千万円の資金を受け取っていたことが関係者の話で分かった。男性は以前、高浜町助役を務めていた。同社などによると、金沢国税局による元助役への税務調査で、元助役が原発工事に関わった建設会社から約3億円を受け取り、関電側にその一部を還流していたことが判明。元助役は生前、地元の顔役として関電側との接触もあったという。

退職後、何年経っても元助役の肩書だしね。

今後、新聞テレビがどんなアクロバティックな報道をしていくのか楽しみ。

深堀りするのは、文春か新潮ぐらいか?

今日の順位は何位かな?
最新の人気ブログランキングはこちらから→
人気ブログランキング


お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧