日記・コラム・つぶやき

2023年1月26日 (木)

「水と安全はタダ」の時代はとうの昔

Photo_20230126093901


殺意があろうが無かろうが強盗に押し入って人を殺した場合、法定刑では「死刑又は無期懲役」のどちらか。

それぐらい重い凶悪犯罪。

昨年末から続く東京都内や近隣の県で連続している強盗事件でついに死者が。

それも宝石店やコンビニでの強盗ではなくて住宅。

1月19日におきた東京都狛江市の住宅で90歳の女性が殺された事件で、木っ端の実行犯である容疑者らが捕まった。

警察の捜査で指示役は今も海外にいるらしい。

ドロボウときくと以前なら空き巣のイメージが強かったが、空き巣ではなく盗る気マンマンで在宅を襲うところに怖さがある。

いまだに無くならない「オレオレ詐欺」で食えなくなった犯罪者たちが、さらに悪質な連続強盗に移行しているとの報道。

報道が確かなら気になるところだ。

なんでも、狛江市の事件も犯罪に加担する求人募集ともいえる「闇サイト」で集まった、輩たちの犯行と伝えられている。

「闇サイト」といえばかれこれ15年前になる、地元名古屋でおきた強盗殺人事件がキッカケで社会に存在と名称が広く伝えられ。

いまだにそんな犯罪サイトが残っている事には怖さを感じる。

「水と安全はタダ」の時代はとうの昔に終わっている。

セルフディフェンス、防犯のためには個人レベルでも必要な装備と行動は不可欠。

くわえて大切なことは非常時をイメージトレーニングしての反撃動作をカラダで覚える事。

命を守るためには犯罪者に人権はないとの強い思い込みは大切です。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2023年1月19日 (木)

みたまんまのDQN顔

画像引用 FNNプライムオンラインより画像引用

Photo_20230119091901

このDQN男なりのキメ顔&ガッツポーズなのか?

大胆で残虐な犯行から犯人像を勝手に予想していたが、容疑者の顔を見たらやっぱりの感想。

福岡市博多駅前の路上で那珂川市の川野美樹さんが殺害された事件。

昨日18日、元交際相手の寺内進容疑者が殺人容疑で捕まった。

メディアがくり返し伝えていた「30代から50代の男」ではなく、ネットでは数日前から寺内進容疑者の名前がすでに広く流れていた。

今回の事件もストーカー被害による最悪の結末。

ストーカー被害の相談に警察も即時通報の機器を渡したり、ストーカー規制法の範囲内で可能な対応はしていた様子。

それでも、相談者が殺害されるという最悪の結果を向かえてしまった。

元交際相手ということで男女2人のあいだに何があったのかは不明。

それでも、人どおりの多い街中で刃物で何十か所も刺すような男は間違いなくDQNな奴。

この手の悲惨なストーカー事件が起こるたびに議論される加害相手の行動監視。

争点となる加害者側の人権など無視していいよ。

こんなDQNにはGPSのリストバンド付させて行動を監視。

例えば、被害者側の半径1キロ圏内に入ったら相談者や相談者家族のスマホに通報。

さらに500メートル圏内に近づいたら警察110に自動通報するみたいな奴を。

国会も年末年始の休会でヒマしてないで強制GPS着用を議員立法でつくったらどうよ。

人権人権とバカのひとつ覚えの共産党も立憲もれいわも、たまには国民保護のために与野党総意で仕事しろよと思う。

亡くなられた被害者のご冥福をお祈りいたします。合掌

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

 

| | コメント (0)

2023年1月17日 (火)

ニュースで倒れた阪神高速道路の橋脚部分をみて怖さで震えた日

画像引用 毎日新聞より画像引用

Photo_20230117090401

あれから28年。

管理人自身、1月17日を忘れることはなかったが関心が薄れていたことは確か。

ブログで記事に書くのも10年ぶりぐらい。

こういう流れがダメなんだろうと実感する。

あの東北大震災の大惨事でさえ早10年以上も過去話しになってきた風潮。

くり返しとなるがこういう風化の流れがヤバイと思う。

まだ暗い早朝の5時46分、遠く離れた名古屋でも大きく揺れて目を覚ましたあの日。

まさかそんな大きな被害が出ているとも思ってもおらず。

事務所に出勤後、NHKニュースで倒れた阪神高速道路の橋脚部分をみて単純に怖さで震えたのを思いだす。

今日は改めて地震の怖さと準備対策の必要を思いだす一日にしたい。

発生から28年。

あの日の地震で亡くなられたすべての方たちに手をあわせます。合掌

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2023年1月11日 (水)

新年一発目

Img_20230108_075155


天気予報を確認したところ雨の心配はない。

だったら出撃だ。

Img_20230108_064442

Img_20230108_101845


休日出勤をさっさと片付けて3時から岐阜県まで。

到着予定は急いでも夕方4時をまわる。

日没までにテントたてなきゃあ。

この場所は山の陰で日没が早い。

今回はお籠りキャンプなので冬専用で使っている不慣れなテント。

日没までに張れるのかと焦るあせる。

取説で確認しながらなんとか設営。

真っ暗闇の闇設営にならずホッとひと息。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。



| | コメント (0)

2023年1月 5日 (木)

一般的には助言と指示のことを共謀と呼びます

画像引用 東海テレビより画像引用

Photo_20230105092401



新年1本目の投稿にはどうかとも思うが、管理人の地元も地元でおきた呆れる事件なんで書き初めに。

盗撮事件、それも母息子の共謀で逮捕なんかされたら恥ずかしくて、一生、同窓会に出られない。

名古屋市守山区の入浴施設でおきた盗撮事件。

なんでも、63歳の母親と37歳の息子が女性の脱衣所や浴場を盗撮したとして逮捕された。

守山区というと全国的にも有名な「竜泉寺の湯」がパッと頭に浮んだが、ニュースでは店名が出ていなかったので確認できず。

逮捕されたのは名古屋市北区の会社員の母親と無職の息子。

警察の調べでは母親が石鹸やタオルと一緒にかごの中に小型カメラをこっそり設置。

そのカメラで女性の脱衣所と浴場を盗撮した疑い。

普通の親子感覚なら、もっとも親にバレたら恥ずかしいと思うのが女湯の盗撮。

おなじ同性である息子としてナカナカ理解が難しい行動だ。

管理人の推理では考えられる動機は3点。

1 息子の抑えきれない性癖

2 盗撮した画像や動画の営利販売

3 趣味と実益をかねた1と2の合わせワザ

通称ガサ入れの家宅捜索で容疑者のPCやスマホが押収されて調べられるのは確か。

余罪を含めて中からどんな証拠が出てくるのか?

今後の展開が気になる新年最初のニュースだ。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2022年12月29日 (木)

死ぬより生きて逃げることもアリだ

Photo_20221229092101



年の瀬にこんな記事を書くのは嫌だ。

このお母さんがどんな思いで最期に飛び込んだのかは分からない。

JR埼京線で母親と子ども2人が電車に飛び込んでの人身事故。

お母さんと小学生の男の子2人の親子3人が亡くなった。

自殺、ましてや幼い子供を道づれにした心中なら理解することはできない。

それでも、この親子を死へと追いつめてしまった孤独な社会には、「痛ましい」のひと言ではとても足りない悲しさと無力感を痛感する。

子供まで連れてく必要があったのか?

何に絶望して死を選んでしまったのか?

逃げられたなかったのか?

このニュースを聞いた多くの人が感じた疑問だと思う。

今から死のうと覚悟を決めている人に対して効果のほどは不明でも、誰かに話しを聞いたもらえれば思いとどまれるかも知れない。

死ぬより、良し悪しは抜きに「生きて逃げる」こともアリ。

ひとつしかない大切な命。

どうか、自殺の選択だけは避けてほしいと願います。

【日本いのちの電話】
フリーダイヤル 0120-783-556 毎日:午後4時~午後9時 毎月10日:午前8時~翌日午前8時
ナビダイヤル 0570-783-556 午前10時~午後10時

 

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2022年12月26日 (月)

埼玉県警が本気をだしたのか?

画像引用 毎日新聞社より引用

Photo_20221226091801

ニュースで一報を聞いた際、頭をよぎったのは「世田谷一家殺人事件」

ニッポン人なら誰もがしる、未だに未解決で年の瀬におきた残虐な事件を彷彿させる。

クリスマス25日の朝、埼玉県飯能市美杉台の住宅で「人が殴られて倒れている」と複数の通報があった。

埼玉県警の警察官が駆けつけたところ、敷地内で男女計3人が倒れておりその場で死亡が確認。

頭や首に鈍器で殴られたような痕と出血。

住宅からボヤで火もあがっていたらしいので鈍器で襲った後、住宅に火をつけたのかもしれない。

埼玉県警が本気をだしたのか?

防犯カメラの勝利なのかは不明だが、事件当日の夜には早くも殺人未遂容疑で容疑者を逮捕。

報道では現場近くに住む斎藤淳容疑者40歳となっていた。

この男、1年前にも被害者宅のクルマを傷をつけた容疑で捕まった過去。

その際の器物損壊事件ではナゼか不起訴になっている。

鈍器で3人も殺すような凶悪な犯行にくわえて前の罪ではナゼか不起訴処分。

管理人の勝手な推測ではこの手の犯罪者には「責任能力」の有無をそそのかす、人権屋弁護士が登場する場面がおおい。

今回もそんな流れになるのか?

事件とは関係ないけど現場周辺の空撮画像をみて率直な感想。

いかにも人工的に「開発しました感」満点の街並み感にはドン引き。合掌

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2022年12月22日 (木)

どこでどう拗らせたらこの手の犯行を思いつくのか?

画像引用 中京テレビより画像引用

Photo_20221222092401

世知がらいニュースの多い中、個人的にはこの手の意味不明なニュースは嫌いじゃない。

「私の尿を女性にかけたことは間違いありません」

取り調べに対してそう容疑を認めているらしい。

地元愛知県は岡崎市の電車の中で女性に尿をかけたとして、会社員の男が器物損壊の疑いで逮捕された。

警察の調べでは愛知県蒲郡市の31歳の会社員。

なんでも、走行中の電車内で前の座席に座っていた32歳の女性にオシッコをかけた疑い。

電車で見かけた女性にオシッコをかける?

行為自体がなかなか常軌を逸した感もあるが、犯行手順はさらに輪をかけてぶっ飛んでいる。

まずはオシッコを入れたプラスチック容器を準備。

その中に入っているオシッコをストロー似のものですくって、背もたれの隙間からかけたらしい。

どこでどう拗らせたらこの手の犯行を思いつくのか?

普通の感覚では理解が難しい事件だ。

年末年始になると出てくるこの手のヘンな事件。

容疑者は漢字ひと文字の珍しい苗字。

ネットに書けばずうっと残るデジタルタトゥ。

今回は容疑者の更生を信じて名前は伏せておこう。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2022年12月16日 (金)

クルマや家電に変わる新たな輸出品の柱に据えること

画像引用 TBSより画像引用

Photo_20221216092801


ウクライナの惨状にくわえ周囲をぐるっと反日のヤバい国に囲まれているわが国ニッポン。

北のカリアゲに目つきがヤバいプーチン、言論なんて知るものかの習近平に対馬を挟んでイチャモンつけが国技の韓国。

ざっと見渡すだけでも常識がつうじないアブナイ国に囲まれている。

防衛予算、むしろこれまでが少なすぎたと思う。

そんな防衛費が来年度予算では一気に急拡大。

過去最大となる6兆8000億円とする方針が固まった。

今年度予算からは1.2倍の規模。

北のカリアゲ将軍が景気よく日本海にむけてミサイルを連射してくれたおかげだ。

その影響で敵のミサイルから国土を守る防空ミサイルの限界に、やっと政治家が慌てだした。

現場の隊員さんや防衛相の偉い人たちは当然に守りの「盾」だけではダメなことは分かっていた。

今回の方針転換でやっと、相手をたたく「槍」も国家安全保障戦略に「反撃能力の保有」として明記される。

メディアと怠慢政治家によって、軽く50年は封印されてきた国家として当たり前の権利である反撃能力がついに動きだす。

それにしても急すぎる予算付けと防衛方針の転換。

ウクライナだけではなく実は台湾有事や北朝鮮の動向が、私たちが知らないだけで相当にヤバい緊張状態にまで来ているのではないか?

「増税」とメディアに出るだけで支持率の下がるNGワードたる増税論。

ナニも決められない、ナニも発信できない「検討使」こと岸田首相にしては大胆すぎる決断に映る。

昨日発表された貿易収支も原料高騰のあおりで、またしても大幅な輸入超過の貿易赤字。

今後5年間で43兆円の防衛予算が組まれるが、体力の落ちた今のニッポンにその重荷が耐えられるのか?

米国から吹っ掛けられた高値で兵器を買うだけではダメ。

高性能で安価な国産兵器を開発して生産。

クルマや家電に変わる新たな輸出品の柱に据えることこそ岸田首相の決断だと思う。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2022年12月14日 (水)

激しいトレーニングと過酷な減量をイメージする格闘技

画像引用 日刊スポーツより画像引用

Photo_20221214085601


管理人が学生の頃、今から35年以上も前にはボクシングのタイトル戦といえばWBAとWBCの2つだけだった。

それが今ではWBAスーパー、WBC、IBF、WBOの4大タイトル。

井上尚弥選手の快挙にも驚くが4大タイトル戦までに発展拡大したことに驚く。

昨日13日、有明アリーナでおこなわれたWBO世界同級王者ポール・バトラーとの4団体王座統一戦。

11回1分9秒、井上尚弥選手のKO勝ち。

この勝利で世界タイトルのベルト4本を統一する偉業。

ボクシングといえば激しいトレーニングと過酷な減量をイメージする格闘技。

そんな格闘技のチャンピオンベルトを4本も腰に巻く井上選手。

ボクシング素人の自分には単純にスゴイ人の感想しか浮かばない。

階級変更の話しも出てるみたいだけど、どの階級に進んでも井上選手の強さには変わりない。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧