経済・政治・国際

2023年12月20日 (水)

登録政治資金監査人のひとりとして

画像引用 総務省ホームページより引用

Photo_20231220093201



「入るぞ入るぞ」と捜索前からナゼか検察情報がメディアで大きく報道されていた、自民党派閥の政治資金パーティーを巡る政治資金規正法違反のスキャンダル。

ついに東京地検特捜部が捜索開始でスキャンダルから事件の流れへ。

昨日19日、政治資金規正法違反(不記載、虚偽記入)容疑で、安倍派の「清和政策研究会」二階派の「志帥(しすい)会」の事務所に捜索がなされた。

くり返される政治とカネの問題。

かれこれ15年近く前、国会議員の政治資金をめぐる不祥事が続いたことをきっかけに、平成19年12月政治資金規正法改正により登録政治資金監査人制度がつくられた経緯。

資格を持つのは全国で5000人弱。

管理人もその中のひとり

国会議員のお金の監査という性質上、監査人になれるのは税理士、弁護士、会計士の国家資格を有する者に絞られている。

その中から5000人弱と極めて限られた職域のお仕事。

具体的には国会議員の政治団体の支出先から出た領収書と同団体の会計帳簿を調べて、最終的には総務省に提出する政治資金監査報告書を作成するお仕事。

あくまでも支出に限った業務に法律も限られていて、問題となっている「入り」については口出しNG。

また、登録政治資金監査人の業務は現職の国会議員だけじゃなく、候補者にも準用されるので意外とクライアントの範囲は広い。

それにも関わらず人気の仕事にはなっていないのも確か。

責任の大きさに比べて仕事の報酬は低い。

不人気の理由はそこに尽きると思う。

管理人、昨年も候補者からの依頼があったが能力不足を理由に丁寧にお断りしたところ。

くり返される「政治とカネ」の問題。今回の強制捜査で会計責任者の不幸な死が出ないを願いたい。

*なお、派閥は登録政治資金監査人の監査は必要ではありません。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 

| | コメント (2)

2023年11月29日 (水)

メロリンQの方がよほど政治家らしい

画像引用 日刊スポーツより画像引用

Photo_20231129091201


昨日の国会中継を見ていて率直に感じたこと。

岸田首相とメロリンQこと「れいわ新選組」の山本太郎議員とのやりとり。

官僚の作った答弁書に沿ってダラダラと話しが長いだけで、まったく国民に真意が伝わってこない岸田首相。

それに対してテンポよく分かりやすい言葉とフリップで、矢継ぎ早に質問を続ける山本太郎議員。

山本太郎といえば30年以上も前、テレビ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ダンス甲子園」

海パン一丁で出ていた頃ののイメージが強かったが、昨日の中継を見たかぎりモノ凄く深く社会の問題を調べて、それを上手く伝えていた。

過激な言葉やデモを煽る単なるパフォーマンスの政治家だと思っていたが大きく印象が変わった。

原発政策や国家観。

弱者偏重の福祉対策など相当に偏ったサヨク思想にもみえるが、没個性の単なる世襲の岸田首相よりも格段に国民に向けては熱い男に映つる。

れいわ新選組の政策には共感しないが山本太郎個人には大きなチカラを感じるところ。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 

| | コメント (0)

2022年12月16日 (金)

クルマや家電に変わる新たな輸出品の柱に据えること

画像引用 TBSより画像引用

Photo_20221216092801


ウクライナの惨状にくわえ周囲をぐるっと反日のヤバい国に囲まれているわが国ニッポン。

北のカリアゲに目つきがヤバいプーチン、言論なんて知るものかの習近平に対馬を挟んでイチャモンつけが国技の韓国。

ざっと見渡すだけでも常識がつうじないアブナイ国に囲まれている。

防衛予算、むしろこれまでが少なすぎたと思う。

そんな防衛費が来年度予算では一気に急拡大。

過去最大となる6兆8000億円とする方針が固まった。

今年度予算からは1.2倍の規模。

北のカリアゲ将軍が景気よく日本海にむけてミサイルを連射してくれたおかげだ。

その影響で敵のミサイルから国土を守る防空ミサイルの限界に、やっと政治家が慌てだした。

現場の隊員さんや防衛相の偉い人たちは当然に守りの「盾」だけではダメなことは分かっていた。

今回の方針転換でやっと、相手をたたく「槍」も国家安全保障戦略に「反撃能力の保有」として明記される。

メディアと怠慢政治家によって、軽く50年は封印されてきた国家として当たり前の権利である反撃能力がついに動きだす。

それにしても急すぎる予算付けと防衛方針の転換。

ウクライナだけではなく実は台湾有事や北朝鮮の動向が、私たちが知らないだけで相当にヤバい緊張状態にまで来ているのではないか?

「増税」とメディアに出るだけで支持率の下がるNGワードたる増税論。

ナニも決められない、ナニも発信できない「検討使」こと岸田首相にしては大胆すぎる決断に映る。

昨日発表された貿易収支も原料高騰のあおりで、またしても大幅な輸入超過の貿易赤字。

今後5年間で43兆円の防衛予算が組まれるが、体力の落ちた今のニッポンにその重荷が耐えられるのか?

米国から吹っ掛けられた高値で兵器を買うだけではダメ。

高性能で安価な国産兵器を開発して生産。

クルマや家電に変わる新たな輸出品の柱に据えることこそ岸田首相の決断だと思う。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2022年10月 6日 (木)

予想外にタフな韓国経済

画像引用 ブルームバーグより画像引用

Photo_20221006093801



相当に頑張ってるなが率直な感想。

心理的な為替ラインである1200を超えても表向きな問題ナシの韓国経済。

今では1ドル1400ウォンを突破している。

1000年経っても仲良くなれないお隣韓国で、急速な韓国通貨であるウォン安ドル高が進んでいる。

現在の為替レートは1ドル1,400ウォン台。

日本の円安とおなじく急激なウォン安の状態。

新型コロナウイルスが世界的な拡大で下落が始まり、2020年5月には1ドル1,200ウォン台に。

過去2度の通貨基金を体験した韓国では、1ドル1,200ウォンが売り買いの大きな境目。

2020年の5月以降は反転してウォン高の流れになっていた。

それが2021年に入ると再びウォン安の流れに変化。

今年、2022年にはいると心理的な1,200ウォン台を突破。

その流れは止まらず、ついに1ドル1,400ウォンを超える為替水準にまでなってきた。

同様に自国通貨の下落のすすむ日本だが、違うのは通貨政策。

日本のとる頑なまでのゼロ金利政策とは違って、韓国では欧米各国とおなじく利上げを段階的に進めている。

日韓両国でそこは大きく違う。

韓国での通貨安といえば思いだすのは2度の通貨危機。

1997年のアジア通貨危機と2008年のリーマン発端の世界通貨危機。

今の韓国ウォン安は先の2度のラインよりも厳しい水準。

1400でも踏ん張っているので1500超えてもまだまだ大丈夫か?

ニッポンと同様、自国通貨の下落で輸入物価は上昇の一途。

未知のライン1ドル1600ウォンで持ち越えたら韓国は立派だ。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2022年8月10日 (水)

胸ポケからヘンな角度でスマホをだす男

画像引用 戦後体制の超克三より引用

Photo_20220810094801


今ひとつパッとしないトップリーダーといえば岸田さん。

そんな岸田総理大臣が本日10日、内閣改造と自民党の役員人事を行う。

本来なら今日が発表にもかかわらず、事前に内閣も党人事もメディアにリークしての改造人事。

驚きも期待のひとつも出てこない。

初入閣は9人。

重要閣僚となる厚生労働大臣や防衛大臣には、経験者を再任させる形。

管理人的には今回の改造人事で気になっていたのは外務大臣。

やっぱり、林芳正大臣が留任するらしい。

ここ数日前からWEBで賑わいをみせるワードの中に「林芳正 スパイ」とか、「林芳正 スマホ」がある。

ためしにググってみたら「コレは?」と思える画像や記事が色々と。

林大臣については前々から、右より派からは真偽不明の中国や韓国へのスパイ要員説が流されていた。

管理人はスパイ疑惑以前のレベルで、この林芳正という男が醸しだす風貌がとにかく嫌い。

会ったことは一度もないが、画像をみるだけで感じるオラオラ感。

キライだなこういうタイプの人。

ニッポンの国益に直結する外務大臣の職責。

胸ポケからヘンな角度でスマホをだすような男で、大丈夫なのか心配になる。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2022年7月 8日 (金)

コロナが終わったら行こうと予定している英国

画像引用 BBCニュースより引用

Photo_20220708091101


コロナが終わったら行こうと予定している英国。

その英国で議会に大激震。

なにかと叩かれていたジョンソン首相だけど、個人的には好きな政治家だった。

とまらない閣僚の講義辞任が決定打になった模様。

イギリスのボリス・ジョンソン首相は7日、与党・保守党の党首を辞任することを表明。

次の党首が就任する秋までは首相を続けるらしい。

バサバサの金髪ヘアにダボッとしたシャツ姿。

新聞テレビで伝えられる批判記事とは反対に、個人的には人の良い面白そうな政治リーダーにみえていた。

実際、コロナ対応やウクライナ対応では強いリーダーシップを発揮している。

わたしたちニッポンにとっても日米一辺倒の外交防衛政策から、日英での次期航空自衛隊戦闘機の共同開発にまで両国関係を深めた功績も大きい。

まさか、プーチン大統領よりもジョンソン首相が早く辞めるとは予想外。

それにしても今回のニュースで驚いたのは、英国の政治家および議会民主主義の成熟度だ。

相手が首相や党首であっても「ダメなものはダメ」を伝える姿勢。

ジョンソン首相の政権をめぐり、財務相と保健相、ウェールズ担当相らが首相を信頼できなくなったと辞任。

大役の閣僚職を自ら捨てている。

片やニッポンの大臣さん達といえば、インチキや嘘、不正がバレバレでもギリギリまで辞めない大臣がほとんど。

パッと身をひく英国の大臣と、肩書にしがみ付くニッポンの大臣との大きな違い。

やっぱり、英国は民主主義の進んだ国なんだと実感させられる。

ますます英国に行きたくなってきた。コロナはやく終わんないかな。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

 

 

| | コメント (0)

2022年6月 2日 (木)

どうせ言うなら米国の犬だろう

画像引用 産経新聞社より画像引用

 

Photo_20220602091501

 

4月から事務所でのBGMを、地元民放のZIP-FMからNHKラジオ第一にチェンジ。

CMとウザイ通販番組がないのでチェンジして正解だった。

昨日も国会中継を聞いていたら、れいわ新選組の大石晃子議員が岸田首相を相手に「犬」発言。

まあ、岸田さんもれいわの議員も共にキライなので反発はしない。

ただ「犬」の響きだけが妙に耳に残った。

れいわ新選組の大石議員といえば、アノ女性だ。

議員になる前の大阪府職員時代に、当時、大阪府知事だった橋下さんと犬猿の仲だった人物。

普通の人なら常識的に使わない「犬への例え」

それも国会での発言。

大石議員のお里が知れるというものだ。

大石とかいう議員も犬の例えを持ちだすのなら、岸田首相は資本家の犬、財務省の犬ではなくて、米国の犬ぐらい言えば少しは評価したのに。

彼女が一番NGだったのは、岸田首相の回答はもとめず、一方的に好き勝手をキャンキャン吠えただけ。

ラジオ中継なので彼女の表情は確認できないが、中継を聞いての感想は大石議員はやっぱり痛い人の思いだ。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2022年3月 2日 (水)

プーチンさんもサクラを見にきたらいいよ

Img_20220218_124318

 

早咲きのソメイヨシ。

地元ナゴヤで有名な、東区泉の早咲きのオオカンザクラとは違う場所。

こちらは毎年2月半ばに咲き始めるソメイヨシノ。

ここが開花すると「もうすぐ春」です。

サクラはいいよね。見るだけでウキウキする。

西の空ではウクライナが自由のために戦っている。

ロシアの兵隊さんだって、大義のない戦いなら「やりたくない」だろうに。

性善説に基づいたお花畑の平和論は大キライ。

だけど、春のサクラは大好きな自分。

即時停戦して兵もロシアへ帰ろう。

プーチンさんも怖い顔してないで、ウォッカ片手にサクラを見にきたらいいよ。

花見の方が楽しいからさ。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2021年11月12日 (金)

すでに潔くはないが、今ならまだ間に合う。辞職すべき

Photo_20211112093301

 

都議会からの2度の召喚状も無視して、シカトを決め込んでいた都議会議員である木下富美子議員

まあ、木下都議というよりも、あて逃げして議会にも出てこない「鉄メンタル」な木下議員と書いた方が伝わりやすい。

都議会からの3度目の召喚に応じて、やっと表に出てきた。

今年夏の選挙再選まで、東京で頑張っている仲のいい友人であった。

が「当て逃げ」発覚後は、まったく音信不通。

2度も議会からの呼び出しも無視しておいて、予想どおり議員は続けるらしい。

木下議員をよく知る友人間では、継続は予想していた。

まあ、彼女らしいといえば彼女らしい。

久しぶりに出てきた反省と説明の場。

赤で、前の大きく開いたあの勝負服は非難されても仕方がない。

ましてや、「辞める」ではなく「続ける」の意志会見だし。

ただ、新聞やテレビでのコメンティターが口々に非難していた、高級時計やデカい指輪の指摘はコメントが軽すぎる。

議員に当選する前も当選した後も、彼女のセンスに大きな変化はない。

画像の1枚は1回目の議員当選になる半年前。

忘年会の2次会で撮った彼女。

その時でも、議員になった後でもデカい指輪と高級時計は木下議員のマストアイテム

彼女の当て逃げおよび説明不足、また、議員継続の姿勢には友人としても全否定だ。

しかし、1点だけメディア報道が間違っているとすれば、それは会見のTPOに反しているのではなく、正しくは彼女の身の丈が、身に着けている時計や指輪に見合っていないという事。それが正しい伝え方だと思う。

すでに潔くはないが、今ならまだ間に合う。木下富美子議員、辞職すべき。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

2021年10月15日 (金)

自民党は支持しないが共産党はもっとイヤだ

画像引用 読売新聞社より引用

Photo_20211015091501

バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!」の万歳三唱。

昨日14日、発足直後の岸田政権たる衆議院が解散された。

選挙日程は19日公示の31日投開票。

今月末には新しいニッポンの政治情勢がきまる。

自民党、公明党による連立政権と、立憲民主党、共産党ら左寄り野党勢力による重要な政権選択につながる選挙。

昨夜のテレ朝「報道ステーション」に各党代表がでるという事で、早速、番組をチェックした。

10月にNHKから民法にトラバーユした、キャスター大越健介の仕切りもいい流れ。

まあ、各党を代表する出演者の面々だけに、ひと通り無難に主張はしていた感じ。

あえて落第点をつけるとすれば、社民党の福島瑞穂党首ひとりだけ。

社民党自体が「消えてなくなりそうな政党」だけに、党首の質も似たり寄ったり。

昨夜の主張をみた限りでは、自民党にも入れたくないが、共産党と連携する立憲民主党には入れられる筈もない。

今回の選挙、管理人とおなじような思いの有権者も多い気がする。

そうなると、自民党には入れたくないけど、立憲共産党はもっと「いやだ」の票がふえる。

その意味でも日本維新の会、国民民主党の両党には期待したいと思う。

最新の人気ブログランキングはこちらから→人気ブログランキング

お手数ですが下のヤツもお願いします。こっちは、にほんブログ村。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧